オススメアンテナサイト

益子京右

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2024-03-21 13-51-46-595


679: 名無しさん 24/03/21(木) 13:21:44 ID:85.6p.L59
入ったあああああああああああ
Honeycam 2024-03-21 13-52-58


681: 名無しさん 24/03/21(木) 13:21:47 ID:oq.ah.L64
入った!?

682: 名無しさん 24/03/21(木) 13:21:49 ID:C5.0e.L49
えええええ

689: 名無しさん 24/03/21(木) 13:21:58 ID:fJ.8m.L57
(*^○^*)キャンベラの四番!
bandicam 2023-12-06 23-08-04-074


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1


190: 名無しさん 24/03/07(木) 19:41:45 ID:vm.f8.L20


ケンティ益子(*^◯^*)

192: 名無しさん 24/03/07(木) 19:42:05 ID:gn.ty.L25
>>190
おおおお二軍行く前もあたってたしな楽しみや

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2024-01-20 21-20-19-027


404: 名無しさん 24/01/19(金) 21:13:14 ID:wb.8b.L23
!?!?!?

>「100キロで鹿児島に入ってきているので、2、3キロは最低落として、キャンプに入りたい」



 DeNA益子京右捕手(23)が、打撃で猛アピールを誓った。19日、大和内野手(36)、牧秀悟内野手(25)、阪神井上広大外野手(22)とともに鹿児島・鹿屋市内で自主トレを公開。2年連続で鹿屋組に参加して、ハードなトレーニングに励む。「第1クール、第2クールは体が結構しんどかったんですけど、段々慣れてきて、いい調整に入ってこられているんじゃないかと思います」と振り返った。

 今季、1軍では1試合の出場にとどまった。捕手は伊藤光や戸柱、昨季ブレークした山本、若い松尾、東妻、上甲らがひしめく。「守れるのは大事ですけど、何でインパクトをということになるとやっぱりバッティングかなと思う。守れて当たり前の段階には入っているので、1つ何か抜けるためにはバッティングを(頑張りたい)」とテーマに掲げた。

 大和、牧、井上と同じ右打者からアドバイスも受ける。「どうしても大振りというか体を大きく使ってしまうので、体の中と手の1つ1つの動き、細かさを教えていただいてます」とフォームを修正。さらに牧とともに師匠・大和の徹底管理のもと、食事制限にも取り組む。「100キロで鹿児島に入ってきているので、2、3キロは最低落として、キャンプに入りたい」とスリムな体でキャンプからアピールする。

405: 名無しさん 24/01/19(金) 21:14:47 ID:l1.yx.L29
益子くんって結構ガッチリしてるのよ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2024-01-05 10-50-27-319


474: 名無しさん 24/01/05(金) 05:13:23 ID:xk.z4.L22
(*^◯^*)大和パパ……



 DeNAの大和内野手(36)が4日、自主トレメンバーに対して危機感を明かした。昨年に続き、今年も鹿児島・鹿屋で行う自主トレには牧、益子が参戦する予定だが、新たな取り組みを問われると、「僕じゃないんですけど」と前置きした上で言葉を続けた。

 「例年、自主トレで牧、益子がちょっと体重増えすぎているので、食事を調整しようかなと思っています」

 心を鬼にした減量指令だ。打ち込みや守備練習、木刀やサンドバッグを使用する珍トレーニングなど、午前から午後までみっちり練習を行っているものの、なぜか後輩らは増量。大和は「若いからあれだけの体重があっても動けますけど、年々腰や膝に来そうなタイプの人間なので」と未来を危惧した。

 自主トレチームの長としての責務がある。「僕がしっかりと(管理を)やらせてもらいます」。牧&益子の食生活管理を宣言し、鹿屋で過ごす1カ月をより有意義な時間にしていく。

475: 名無しさん 24/01/05(金) 05:14:06 ID:xk.z4.L22


大和は「(食事は)自分が全部決めます。今オフの間に自分で試して体重が落ちた食事があるので鹿児島で作ってくれる方と相談したい。体重を増やさないで機能を落とさない」と自身で行った実験データを踏まえる。
 「牧は甘いものも好きですし、飲み物から変えないと。味のついたものを飲ませない!」。



続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

bandicam 2023-12-12 15-11-01-179

532: 名無しさん 23/12/11(月) 22:23:22 ID:yB.0q.L33


新コンビ誕生

537: 名無しさん 23/12/11(月) 22:30:01 ID:5J.e0.L44
>>532
ヨコハマボンバーかな?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1


99: 名無しさん 23/11/11(土) 12:12:47 ID:uT.tb.L8

一方スカスタ

100: 名無しさん 23/11/11(土) 12:13:08 ID:g2.bs.L17

101: 名無しさん 23/11/11(土) 12:13:16 ID:Gz.rc.L51
ソロトレーニング草

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
De


159: 名無しさん 23/11/04(土) 13:10:59 ID:bg.lo.L17
(*^◯^*)松尾くん!


160: 名無しさん 23/11/04(土) 13:12:59 ID:vZ.ue.L2
たまらんぜ(*^◯^*)

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2023-04-16 18-04-16-225

187: 名無しさん@おーぷん 23/04/16(日) 17:10:51 ID:0u.zq.L20
DeNAの新外国人トレバー・バウアー投手が16日、神奈川・横須賀市の横須賀スタジアムでのイースタン・リーグ西武戦に先発し、4回を投げて4安打6奪三振で無失点と好投した。2020年サイ・ヤング賞右腕の投球に、ボールを受けた益子京右捕手も衝撃を受けた様子で「レベルが違います。何を投げても多分打たれないですよ」と語った。

 バウアーはこの日、最速156キロの速球の他にツーシーム、カットボール、チェンジアップ(スプリットチェンジ)、カーブ、スライダーと全球種を投げた。3回には1死二、三塁のピンチを招くも連続三振斬り。「ピンチの場面でギア上げた時のストレートが一番良かった」と振り返りった。

 5年目22歳にとっても貴重な経験。「こんないいピッチャーを、これから受けることがあるかわからない。ストレートはホップ成分が多い」と驚きを口にした。そして「だいたい構えたところに投げてくれた。何を投げても多分打たれないですよ」とも述べた。

 メジャーで実績を残した右腕の投球は「レベルが違います」とも。「投球術は今永(昇太投手)さんと張ると思います」とチームのエースと比較しながら、その凄さを表現した。日本デビュー戦で捕手を驚かせたバウアー。今後の投球が注目される。
https://full-count.jp/2023/04/16/post1366440/

益子がコメントしてる

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1800047


650: 名無しさん@おーぷん 23/04/11(火) 22:58:33 ID:fP.yx.L32
 DeNA益子京右捕手(22)が11日、神宮で行われたヤクルト1回戦の試合前練習に練習参加した。フリー打撃、捕手練習などで汗を流し、1軍の雰囲気などを体感した。

 三浦大輔監督(49)は「練習参加です。1軍の雰囲気とか、コーチ陣の方からもいろいろ落とし込みもしてもらいながら。今日だけです。練習して、またファームの方で1軍目指してやってもらいます」と説明した。


https://news.yahoo.co.jp/articles/b68b81f55ff904ca23eb28826b692701d593e18d

そういえば益子が一軍練習に参加してた話が記事になってた

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1800047

61: 名無しさん@おーぷん 23/02/20(月) 08:09:13 ID:LS.uc.L1
プロ4年目の昨年2月、男は沖縄・宜野湾の一軍キャンプに参加していた。しかし、今年は奄美大島の二軍キャンプで泥にまみれている。

 「ドラフトで2人キャッチャーを獲ったということは、そういうことですからね」

 しかも一軍ではそのうちの1人、ドラフト1位入団の松尾汐恩が奮闘を見せ、連日紙面を賑わせている。

 プロ野球の光と影。「今年はやらないとやばいですから」。DeNAの22歳捕手・益子京右の鋭い眼光には悲壮感も漂っていた。

 青藍泰斗高から2018年のドラフト5位で入団。1年目と2年目はともにファームでの出場が30試合程度に留まっていたが、3年目は72試合に出場と経験を積み、シーズン終了間際には一軍デビューも果たす。

 それも東克樹を好リードで引っ張り、8回無失点の快投を演出。バットでも4回にプロ初安打をマークし、初めてのお立ち台では「ずっとここでプレーしていたい気持ち」と煌めいた。

 そんな流れのまま掴んだ昨年の一軍キャンプ。「素直に嬉しかったですね。一軍の選手と一緒に練習をすることで、一球の大切さを知り、向き合い方も変わりました」と充実の日々を過ごした。

 順調なスタートを切った4年目の春。開幕一軍入りはならなかったが、4月7日から約3週間は一軍に帯同。しかし、戸柱恭孝がコロナから復帰すると、入れ替わりでファームへ落とされた。

 その後も調子は上がらず、数字は3年目をすべて下回るなど悔しい一年に。自身も「4年間で一番最悪な年でした。できないことをやろうと取り組んでいたことが仇となってしまいました」と反省。

 具体的には、「打席でまっすぐに合わせながら変化球もヒットにしようとしていたら、自分のスイングができなくなってしまった」と言い、「結果的に打球は半端にフェアゾーンに飛んでしまい、もったいない凡打が多くなってしまいました」とメカニズムの狂いが修正できなかった。

 さらには「ネガティブに考えすぎてしまい、1球も振らずに三振してしまったり……」と振り返り、メンタル面でも泥沼にハマっていってしまったという。

 「このままではまずい。変えなくては」。危機感を感じ、オフから行動を開始した。

 打撃練習でマスクを被った際に、「これは見逃すなと思っていたら、すごく近い所まで引き付けてバットがすっと出てきた」と驚いた牧秀悟の打撃を問う意味もあり、大和と行っているの自主トレへの同行を志願。鹿児島に渡り、野球の基本から応用に取り組み、ときには格闘技の要素も取り入れるなど、ハードに自分を追い込んだ。

 その結果、「今までは同じキャッチャーの先輩方にアドバイスをいただくことが多かったのですが、キャリアのある大和さん、入団してすぐ結果を出しいている牧さん、2人の先輩からの視点でのアドバイスはとてもためになりました」と野球への視野が劇的に広がったという。

(全文はリンク先)
https://baseballking.jp/ns/column/355569
キャッチャーとはいえそろそろ1軍でみたいな

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング