line

1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/09(木)08:19:19 ID:87v
日本の誇る2人の大砲がアベックアーチだ。WBC日本代表は8日、東京Dで1次ラウンド(R)第2戦に臨み、オーストラリアを4-1で下して2連勝。
同点の7回、5番・中田が今大会初安打となる左越えソロで勝ち越し。8回には、4番・筒香が2戦連発となる2号2ランを右翼ポール際にたたき込み、突き放した。投手陣は5回途中1失点の菅野から5投手の継投で反撃を許さなかった。9日にも2次R進出が決まる。

筒香の2戦連発の陰には、ラミレス監督からの粋なエールがあった。WBC開幕を控えたある日、筒香のスマートフォンに「LINE」で激励のメッセージが届いた。

「がんばってね」


ひらがなで書かれた短いメッセージの送り主は、なんとラミレス監督だった。「彼はすごくビックリしたんじゃないかな。ひらがなが今の僕の秘密兵器になってるんだ」とラミ監督。「はい。がんばります」と返信があったという。
キューバ戦も、遠征先だった神戸市内のホテルの自室でテレビ観戦し、筒香の全5打席をくまなくチェック。師弟の絆が侍ジャパンに2連勝をもたらした。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170309-00000053-sph-base

続きを読む