オススメアンテナサイト

里崎智也

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2024-02-12 17-35-40-494


420: 名無しさん 24/02/12(月) 16:07:58 ID:Kt.9j.L24
里崎がポジポジしてるぞ!!



 練習試合の1番から3番まではルーキーで固めた。1番右翼が度会隆輝(21=ENEOS)、2番セカンドが石上泰輝(22=東洋大)、3番サード井上絢登(23=四国IL・徳島)というラインアップだった。

 初回裏の攻撃ではヒットは出なかったが、いずれのバッターもしっかりタイミングは取れており、スイングも強かった。私の印象としては振れているなという感じがした。

 そして2回裏、6年目の知野が代走で出てカウント1-2からの4球目の変化球で盗塁。変化球が低投となり捕手は二塁に投げられない。さらに1死二塁から次打者のセンター定位置よりも、やや前めの飛球でタッチアップ。際どいタイミングだったが、積極的な走塁で三塁を陥れた。

 また、ショートの2年目林は3回裏にショートへの内野安打を足で稼ぐと、カウント0-1からの2球目変化球で盗塁を決めた。こうした足でチャンスをつくり、広げていくプレーが、今までのDeNAとはひと味違う攻撃の幅になる。

 セカンドには牧、サードには宮崎がレギュラーを張っている。現状ではショートをどうするのか。球団はドラフト1位で森(5年目)を指名し、FAで大和を、トレードでは京田を獲得してきた。それは球団としていまだに、不動のショートが育っていないと感じ、もしくは2番手の若手の伸び代に満足できなかったからだろう。

 タイトルホルダーが並ぶ内野陣であっても、いずれ訪れる若手への切り替えを考えた時、この日スタメン出場したルーキーたちのように、どんどん新しい力が必要になってくる。

 与えられたチャンスをつかまなければ、次々と若手が出てくる。それはプロ野球では絶対に避けられない競争原理だ。

 この日、スタンドでは明大野球部の指導者が熱心に試合を視察していた。このことが示すことも、グラウンドの選手にとってはシビアな現実だ。今オフのドラフトではスーパールーキー宗山(明大)をどの球団が指名するかが今から話題になっている。

 息つく暇もなく、新しい素材は出てくる。まだオープン戦も始まっていないが、目の前で繰り広げられるチャンスをつかむ戦いに、夏を思わせる日差しを浴びつつ、プロ野球の厳しさを改めて思う。

 そんなリアルな厳しさを考えて見ていると、3回表2死一、二塁で右前打に右翼度会のプレーが目に飛び込んできた。二塁走者が三塁を回ったところで、冷静に判断して中継に送球。それも、日刊スポーツ評論家の谷繁さんが指摘したように、低い弾道でカットマンに正確に投げていた。

 右→一塁→三塁と渡るも、一塁走者の三進は刺せなかったが、谷繁さんの指摘をしっかり修正していた。見ていて、思わず笑顔になってしまった。谷繁さんの指摘を受けてしっかり修正したと私は思いたいし、そういうスタンスで必死に試合に取り組む度会の姿勢に好感が持てた。

 私の2024年キャンプ取材最終日に、いいシーンを見ることができた。私の評論が少しでも現場の選手の参考になれば、これに勝ることはないなと、ここまで12日間取材で回った各球団の健闘を祈る気持ちになった。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title


585: 名無しさん 23/11/10(金) 19:41:26 ID:wt.ef.L19
今年のドラフト里崎にS評価貰ったで!


586: 名無しさん 23/11/10(金) 19:41:43 ID:sw.ne.L5
おお

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2023-05-22 09-07-22-674


1: それでも動く名無し 2023/05/22(月) 05:00:01.20 ID:5FEJ0kKxd
里崎もまさか関根がここまでやるとは思ってなかったらしい



2: それでも動く名無し 2023/05/22(月) 05:00:12.02 ID:5FEJ0kKxd
Deファンもそうだよな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2023-03-19 06-49-28-514



1: 風吹けば名無し 2023/03/18(土) 17:40:54.99 ID:+iqJm3W90


ワールド・ベースボール・クラシック(WBC)の解説のため米国・マイアミに向かっている里崎智也氏が18日、自身のツイッターを更新。入国審査に時間がかかり、乗り継ぎ地であるシカゴで“置き去り”になっていることを明かしている。

 里崎氏は「トランジットで、シカゴ空港 飛行機も定刻より到着遅れて、飛行機降りてから、入国審査、税関抜けるのに、なんと!2時間かかりました」と報告。

 さらに悲劇は続く。「そしてもちろん、マイアミ行きの飛行機は飛び立って(笑)
シカゴ置き去りで、シカゴステイ、明日朝マイアミ行きになりました! シカゴ気温2℃! 服ないよ」とつづり、大混雑の空港の様子をアップしている。

 この投稿にユーザーからは「翌日のフライトも、悪天候でキャンセルなんてこともありえまっせ」「審査で余計なこと言ったんだろうな」「チャーター機のありがたみ」「これはしんどい」「わたしもトラウマあり」「外国人の入国審査と税関ほんっとに時間かかるんだよな」「このパターンあるのか」「トランジット先の気温も見とかなきゃ」などの声が寄せられている。




続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1


1: 風吹けば名無し 21/04/30(金)13:54:39 ID:CzCq


里崎氏は「交流戦が勝負」と話す。「大げさに言うと、交流戦は18勝0敗、0勝18敗になることが可能ですよね。極論ですけど、18ゲームをひっくり返せる可能性がある」と分析する。
「一昨年のDeNAは交流戦前まで調子が悪かったのに、交流戦で4位、セ・リーグ2位に入って一気にAクラスに入った。2007年には日本ハムが交流戦入る前までBクラスだったのに、交流戦で12連勝して一気にリーグ優勝したケースもある」

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
11993_detail


1: 風吹けば名無し 20/09/13(日)12:53:21 ID:P1m
https://news.yahoo.co.jp/articles/72180c919d82a43c3602d30404e515b311be69ef

私が強く感じたことがあります。4番佐野、山崎の中継ぎ起用など、ラミレス監督の考え方は固定観念に縛られていないということです。戦力面でのマイナス要素を抱えながら、巨人に大差をつけられてはいますが、Aクラスで何とか食らいつこうとしています。
これは現状打開力と言うべきラミレス監督のアイデアに起因し、そこにチームがシンクロしているからで、それゆえの成績と言えます。

プロ野球の常識にとらわれないラミレス監督の考え方に学ぶところを感じています。だからこそ、余計に攻撃面の課題にもっと正面から取り組んでもらいたいです。
機動力不足という分析はできても、だからといって一朝一夕に機動力は身につきません。ならば、犠打の効果的な活用、好機をつぶす併殺打をなくすためのチーム内の規律徹底など、できることはたくさんあるはずです。

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2019-10-16 09-01-14-688


1: 風吹けば名無し 2019/10/15(火) 23:31:46.71 ID:4oLioupP0
ロペスが不安やしええな



12: 風吹けば名無し 2019/10/15(火) 23:35:23.83 ID:fyEAqpF9M
大地ならほしい

7: 風吹けば名無し 2019/10/15(火) 23:33:42.90 ID:BF5X01XU0
そもそも出ないで終わりやろどうせ

8: 風吹けば名無し 2019/10/15(火) 23:34:01.07 ID:tZe2LJbC0
情報って誰から仕入れとるんや里崎

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1

1: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 13:34:29.95 ID:sYNOL8Aw0
広島 ソフトバンク
横浜 楽天
阪神 オリックス
東京 西武
読売 ハム
中日 ロッテ
no title

2: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 13:34:54.07 ID:sYNOL8Aw0


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/13(月) 23:31:32.11 ID:e4UKhzc90
 10日放送の『今夜もオトパラ!』(ニッポン放送)で、金曜日のパーソナリティーで06年に開催された『第1回ワールドベースボールクラシック』(WBC)
の日本代表として世界一に大きく貢献した里崎智也氏が、WBC日本代表の筒香嘉智(DeNA)と山田哲人(ヤクルト)について語った。

 DeNAのキャンプを視察した里崎氏は筒香の打撃について「バッティング見ましたけど、あれはヤバい!完成している。
今試合があってもいけそうな感じ。本当に期待ができる」と太鼓判を押した。


 続けて「バッティングがえげつなくなっている。本当に三冠王があるんじゃないのという成長を感じますね。
元ヤンキースの松井秀喜さんを超えちゃうぐらいの期待感がある」
と興奮気味に話した。

 また、昨季日本球界史上初となる2年連続トリプルスリー達成した山田に対しては「今年は日本人が誰も達成したことがない40-40(40本塁打、40盗塁)を、期待して見守りたい」と期待を寄せる。

 WBCでは、日本代表の打線の軸として期待がかかる筒香と山田。本大会では日本の野球ファンだけでなく、世界のファンを驚かす打撃を披露して欲しいところだ。
1
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170213-00103614-baseballk-base

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング