オススメアンテナサイト

週刊実話

1

1: 風吹けば名無し 2018/09/07(金) 19:44:26.33
8月21日の巨人戦に敗れ、最下位に転落した横浜DeNA。現在は中日と激しい最下位争いが続いており、
3年連続のクライマックスシリーズ進出が遠のく中、アレックス・ラミレス監督(43)の今オフの解任が決定的になってきた。

親会社のDeNAは水面下で、“大魔神”佐々木主浩、“番長”三浦大輔などの有力OBを中心に次期監督を検討してきたが、
最終的に絞り込んだのは「若大将」原辰徳氏(60)だという。


相模原市出身の原氏は横浜にもファンが多く、東海大学時代の本拠地は浜スタだ。
これまで3度目の巨人監督も視野に入れ、DeNAの要請に回答を保留していたが、「受諾」の方針を固めたというのだ。

「ミスタープロ野球と読売グループの総帥が相次いで入院したことで、巨人を取り巻く環境が一変したからです。
恩師・長嶋茂雄氏(82)が体調を崩して7月始めに入院。渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(92)も、8月中旬に頸椎の一部を骨折して入院中。
ともに重病説もあり、松井秀喜氏がニューヨークに戻らず日本に長期滞在していることは、今オフの巨人監督就任を代弁しているのです」(スポーツ紙デスク)

老川祥一前オーナーの後任として、渡辺主筆は「後継者」に同グループ本社社長の山口寿一氏(61)を就任させた。その山口オーナーはコンプライアンスを大事にする法務畑の人物。
女性問題の解決に元暴力団員に1億円支払った原氏の監督復帰は構想にない。

そんな折、原氏は7月末の「阿蘇・熊本シニアオープン」で国内男子シニアゴルフにデビュー。
「ファンケル・クラシック」にも主催者推薦で出場するなどゴルフ三昧の生活を送っていたが、この生活も封印する。

今後は野球界にしっかり眼を向けて、ゴルフ界は陰ながら応援します。僕が出ることは、もうない」と、今オフの“有事”を暗示する発言をした。

「松井巨人が発足すれば、コーチ陣ももれなく再編されます。その人たちの受け皿を用意する目的もあり、
巨人も原氏のDeNA監督転身を後押ししている。松井監督への環境作りです」(巨人OBの野球解説者)

ラミレス監督は「毎日2万8000人以上の人がハマスタに来てくれている。
彼らは1人も諦めていないので、我々も諦めるわけにはいかない」と続投に意欲をみせるが、退陣のシナリオはすでに完成済み?

http://dailynewsonline.jp/article/1517107/
2018.09.07 17:20 週刊実話

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 22:20:14.40 ID:A4cy9lV20
 横浜DeNAベイスターズの筒香嘉智(25)が、MLBへの移籍について「まずは(WBCで)優勝してから」と語ったが、このタイムリミットに“カトパン”こと加藤綾子(31)は焦った。
『スポーツLIFE HERO'S』(フジテレビ系)での単独取材では筒香を目の前にして顔を紅潮させていたほどで、「目がハートになっていた」との声がしきりだった。
 「カトパンというと、昨年のイベントで『カレ氏募集中』を宣言。狙いは日ハムの大谷翔平、そして筒香のどちらかというのが定説でした。しかし最近、どうも筒香に絞ったのではないかという見方に変わってきています」(スポーツ紙記者)

 その理由は、加藤がMCを務める『スポーツLIFE HERO'S』を見れば一目瞭然。同番組では、日曜日に局アナの宮澤智アナと共演しているが、
 「番組内で大谷を紹介するのは、いつも宮澤アナ。それをカトパンが怒った目付きで見ているんです。これは、テレビ画面でも明らかに伝わってきます」(同)

 宮澤アナは、大谷の高校時代から何度も取材し、面識がある。それに対して加藤は、同番組で1度、インタビューしただけというから致し方ない…というのは表向き。実は大谷サイドが、加藤との接触を制限するように触れ回っているという。
 「昨年、加藤はインタビュー中に、大谷に恋愛話を聞き出そうとして球団広報が、その行きすぎた取材に対して途中でカット。
以後、“悪い虫がついては困る”と、“女子アナ取材禁止令”を出したそうなのです。結局、女子アナ取材禁止は解除されましたが、カトパンだけは、いまだNGだとか」(日ハム担当記者)

 加藤がその仕打ちに憤慨したかは定かではないが、大谷には分が悪いと、最近は筒香に走っているともっぱらだ。
 「加藤は、もともと筒香に熱を上げていたんですよ。『スポーツLIFE HERO'S』で現役野球選手に取材したのは筒香が初めて。そのときの加藤の上ずった顔は、ネットでも話題になりましたからね。『カトパン、近すぎ』とか書かれました」(横浜DeNA担当記者)

 そうした中、筒香へ向けた求愛モードは、さらに拍車が掛かっている。
 「昨年後半の横浜戦で、加藤らしき女性が筒香を応援しているのを、たびたび目撃されています。さらに野球関係者から聞いた話では、筒香のスマホに、カトパンから
『WBCで優勝したらお祝いしましょうね』
と、“お誘いメール”があったと評判になっているんです。もはや加藤と筒香は、仕事を超えた間柄なのは確実。独身の大人の男女となれば当然、WBC優勝のご褒美は、エ○チしかないでしょう」(同)

 カトパン、筒香選手の“下の筒”の香りにゾッコンとなる日はすぐそこだ。
1
http://wjn.jp/sp/article/detail/0709942/

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 22:20:46.36 ID:TmpbK++7M
wjn

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 22:20:48.11 ID:yaQ3dNcc0
酷い酷い

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/02/14(火) 22:20:57.94 ID:kKkp56HH0
スレタイ実話余裕定期

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング