bandicam 2024-04-02 14-54-36-009


919: 名無しさん 24/04/02(火) 12:38:19


要約:
- 横浜DeNAの走塁アナリストである佐竹学氏が、チームの走塁改革について語った。
- 走塁には打撃よりも重要性があり、オープン戦では盗塁数が増加した。
- パ・リーグとセ・リーグの違いについてはまだ勉強中であり、走塁に正しいルートが必要だと強調した。
- 選手たちの走塁意識はまだ不十分であり、昔の癖を直すためには相当な練習が必要。
- 映像を使って走塁の修正を行い、トライアンドエラーを通じて選手たちの成功を支援している。
※全インタビュー文はこちらより(おすすめ)

925: 名無しさん 24/04/02(火) 12:48:45
>>919
 野球は打つだけじゃない。打ってからのほうが大事。得点するためには、塁に出てからの作業のほうが多いので。いくら打っても走塁がしっかりしなくては点は取れない(抜粋)

ぐう正論

続きを読む