オススメアンテナサイト

菊地和正

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/17(木)09:08:38 ID:oub
1

養豚家となった元プロ野球投手、培った「根気強さ」で続ける挑戦

現役引退後、全国制覇の経験がある母校・上武大や桐生第一でコーチとして野球を教えているのは知っていたが、新たな仕事にも挑戦するとの報告だった。

それが養豚だった。「お中元やお歳暮で豚肉を送ると、みんなからおいしいと言ってもらえた。それならば、自分で現場に入ってきちんと勉強して、商品化できたらと思ったんです」。
群馬県高崎市の山間にある「石曽根養豚」、叔父の石曽根勝五郎氏が経営する農場が新たな仕事場だ。

現在は養豚家としての修業を始めたばかり。菊地氏のユニホームは、つなぎの作業着に替わった。
「豚たちに餌をやることから、掃除、出荷の手伝いまでやっています。豚の種類や血統も勉強しているんですよ」と忙しい毎日を送っている。

※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190117-00000065-spnannex-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 06:31:02.87 ID:I2zRLZPz0.net
今季BCリーグ・群馬でコーチを兼任した菊地和正投手(33)が現役を引退することが11日、分かった。

 04年ドラフト6巡目で上武大から日本ハムに入団。09年には中継ぎで58試合に登板し、リーグ優勝に貢献。
DeNAに移籍した12年も63試合に登板してセットアッパーとして活躍した。
NPB通算成績は177試合で9勝7敗1セーブ、防御率3・54。
昨オフ、DeNAを戦力外となり、同年10月に右肩手術を受けて再起を図ったが、150キロ超の剛速球は戻らず、10日の12球団合同トライアウトを受けて区切りをつけた。

kikuchi
http://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2015/11/12/kiji/K20151112011492830.html

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/11/12(木) 06:31:38.65 ID:xlLRZUa40.net
そんな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
kikuchisan

1: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)09:17:31 ID:yRd
「優勝目指し力になりたい」野球の独立リーグ、ルートインBCリーグの群馬ダイヤモンドペガサスに、NPB(日本野球機構)の日本ハムなどで中継ぎとして活躍した右腕、菊地和正(32)=樹徳高、上武大出身=が、 選手兼投手コーチとして入団することが19日分かった。
昨年、DeNAを自由契約となっており、NPB復帰を目指して地元の独立リーグで再出発する。3月2日の合同自主トレからチームに合流する予定。
http://www.jomo-news.co.jp/ns/5514243613237176/news.html

2: 名無しさん@おーぷん 2015/02/20(金)09:18:05 ID:kac
群馬多いな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
kikuchisan


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:16:20.55 ID:kF11ydpa0.net
 日本ハムは9日、沖縄・名護キャンプで入団テストを実施していた前DeNA菊地和正投手(32)に不合格を通達したと発表した。
 第2クール初日の6日から参加。7日とこの日の2度、ブルペン投球を行っていた。
http://www.nikkansports.com/baseball/news/f-bb-tp0-20150209-1432372.html

そっとノリ

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:17:00.77 ID:zJ75BTJHM.net
そんな

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/02/09(月) 12:18:18.59 ID:wtsjUnwQ0.net
かなしいなぁ


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/26(金)10:31:26 ID:1jK
no title

2: 名無しさん@おーぷん 2014/12/26(金)10:52:06 ID:DS0
ええな

4: 名無しさん@おーぷん 2014/12/26(金)11:28:21 ID:PNa
よかおめ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)19:38:11 ID:0Kt
横須賀のベイスターズ球場。「今までと全然違う。楽に投げられるし、手応えは相当ある」。右肩の痛みから解放され、笑顔で40メートルの距離でキャッチボールする菊地の姿があった。

 今季は4月に2試合登板したのみ。10年の日本ハム時代に続き、2度目の戦力外通告もショックはない。
「引退は考えなかった」。10月2日に右肩の骨棘(こっきょく)を削るクリーニング手術を受けた。

 右肩の痛みはプロ6年目の10年から続いていた。DeNA創設元年の12年はチーム最多の63試合登板で防御率2・37。中畑監督は「あいつはピンチが大好き。マウンドで輝くんだよ」と絶賛した。
だが、ついに限界を迎えた。今年は直球も130キロ台前半。右肩の回旋運動の範囲が狭まり、制球も乱れた。
「この球では1軍で通用しない」とトライアウトは受けず、手術を選択した。


 今後もリハビリを続け、春季キャンプで他球団の入団テストを受けることを目指す。
「考える暇もない場面で放り出されて投げるのが救援のだいご味。野球をできる選択肢があるならやる」。ピンチを救う姿をもう一度見たい。
kikuchi

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141218-00000080-spnannex-base

2: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)19:41:25 ID:VJI
頑張ってほしい…

6: 名無しさん@おーぷん 2014/12/18(木)21:02:21 ID:ATy
大変やなあ

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング