オススメアンテナサイト

篠原貴行

1

1: 風吹けば名無し 2018/10/11(木) 10:17:30.58 ID:unBkptHX0
【DeNA】ハマの番長・三浦、1軍投手コーチで3年ぶり古巣へ 篠原コーチは退団

 篠原貴行1軍投手コーチ(42)が今季限りで退団することが分かった。13年にDeNAで引退した翌年から5年間1軍投手コーチを務めていた。コーチの退団は光山バッテリーコーチに続き2人目となる。
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181010-OHT1T50290.html



続きを読む

bandicam 2016-06-05 21-32-15-801

1: 名無しさん@おーぷん 2016/06/05(日)19:15:59 ID:Cgg
今年のDeNAは違う? コーチの献身と選手たちの気概が生み出す、強力な“ブルペンワーク”
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160605-00010001-baseballc-base

ほとんどの勝ち試合で最後にブルペンを出ていく山崎は、次のように語る。

「木塚コーチは、現役時代に長く(リリーフで)投げていた方ですし、僕らの内情をよく分かってくださっている。
だから一生懸命一人ひとりをケアしてくれるんです。
試合に入りやすい状況を作ってくれるのはもちろん、試合に入ってからも展開によっては『あるぞ、あるぞ』と先読みをして、
前の前の段階、いやその前の段階ぐらいからシチュエーションを予測し、指示をくれるのでいい準備をさせてもらっています。
僕には“気遣い上手”のように感じています。投手として、そして一人の人間として思います」
続き(一部抜粋)

木塚コーチに円滑なブルペンワークの妙を尋ねると「いや、後ろの2枚(山崎、三上)がしっかりしているからですよ」と、まず選手を讃えた。
そしてブルペン陣ひとり一人に対する細かいケアについて訊いてみると、チーム状況を鑑みて必要性があるからだという。

「言われている選手は『細かいな』と思うかもしれないけど、うちのチームは若いピッチャーが多く経験が足りません。
だからそこは本人たちが分かっていても、しつこく伝えていかなくてはと思っているんです。
これは春のキャンプからやってきたことなので、今後も続けていきたいですね」


続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング