オススメアンテナサイト

筒香嘉智

1: 風吹けば名無し 2019/02/19(火) 12:45:57.40 ID:t0p2GCKl0
1

飛びすぎる金属バットの弊害


そんな折、渦中の筒香がジャーナリスト・鷲田康氏のインタビューに応え、あらためて野球界への提言をおこなった。そのなかでは、高校生が金属バットを使うことの問題点にも踏み込んで語っている。

「高校野球を見ていて、ずっと選手にとってマイナスではないかと思うことがあります。それは飛びすぎる金属バットの弊害です」

 実は、世界的には高校野球で金属バットを使用する国は日本くらいなのだという。アメリカでは同じ金属バットでも、木製に近い低反発のバットが使われている。

スポーツでなくなってしまっている

「子供たちの野球が勝つことばかりを目的とした『勝負』になって、スポーツでなくなってしまっている。そこが一番の心配なところなのです」

 子供たちが本当に成長できる野球界を作りたい――。

 こう真摯な思いを吐露した筒香のインタビュー「金属バットと勝利至上主義が野球少年を潰す」の全文は、 「文芸春秋」3月号 に掲載されている。

※全文は下記リンク元より

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190219-00010768-bunshun-spo


続きを読む

index

1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日)12:12:45 ID:L8D
<お題に答えます>◇9日

キャンプ中の12球団選手、監督、コーチらが日替わりの「お題」に答えます。9日のお題は「【漫画の日】人生に影響を受けた作品は?」です。

【写真】今永のズボンを必要以上にあげるDeNA筒香

▼DeNA筒香 スラムダンク。安西先生が好きだった。優しい目で見守る感じ。いい指導者ですよね(ホッホッホッと言う指導者に会ってみたいです)


何気ない質問にも最近の会見内容を絡ませてきたな

続きを読む

20190209-00000151-sph-000-3-view

1: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)18:52:18 ID:mF4


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 10:39:02.41 ID:bcA3L8u+0
20190205-00010000-wordleafs-000-1-view
 横浜DeNAの主砲、筒香嘉智(27)が今キャンプから新打法に取り組んでいる。グリップを下げ重心を落とした、ややクラウチングのノーステップ打法。ポスティングによるメジャー移籍希望を明らかにしているが、4日は、沖縄・宜野湾キャンプにフィリーズの大慈弥功・環太平洋担当部長が視察に訪れ、新打法を「動くボールにも対応できるメジャー仕様に見える。間違いなくこれなら打率がアップする」と絶賛した。

 メジャーでは複数ポジションを守れる大砲が求められており、外野、一塁を守れる筒香にはメジャーからのオファーが殺到する、との見解も示した。ここ2年タイトルから遠ざかっている筒香が、新打法で、もう一皮むければチームの大きな追い風になる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00010000-wordleafs-base

2: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 10:40:01.02 ID:QWnRKAdQ0
一塁筒香ってここ数年やってないぞ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/26(土) 18:38:58.98 ID:ocl3zWO4M
20190126-00000024-nkgendai-000-2-view
「聖域」にも斬り込んだ。

 25日、DeNAの筒香嘉智(27)が日本外国特派員協会で会見を開いた。以前から言及してきた、勝利至上主義によるアマチュア野球指導者の選手酷使や暴言・暴力について改めて問題提起。この日も「大人が守らないと子供の将来は潰れる」と警鐘を鳴らし、少年野球や高校野球でのリーグ戦導入や球数制限ルールの適用について訴えた。

「プロ野球選手の(ように)体ができた大人ですらリーグ戦でやっているのに、体のできていない小さい子供たちがトーナメントをしている。将来がある子供たちを守るには一発勝負のトーナメント制をやめ、リーグ制を導入したり、ルールで球数制限や練習時間を決める必要があると思う」

■高校野球の「悪」を伝え切れていない

 昨夏、金足農の吉田輝星(18=現日本ハム)は、秋田県大会から甲子園の準決勝まで10試合連続完投勝利。11試合目となる決勝で12失点を喫し、計881球で途中降板した。 過去にも、早実の斎藤佑樹(30=現日本ハム)は甲子園だけで948球、1998年、横浜の松坂大輔(38=現中日)も782球を投じている。

 高校野球はエースがマウンドに立ち続けることが美学とされ、抑えれば「怪物」、打たれれば「悲運」。 メディアはこぞって感動的な物語に仕立て上げ、高校野球人気を煽っている。筒香はそういったマスコミにも矛先を向けた。

「高校生が甲子園に出てやっていることは、あれは部活動です。高校の部活に大きなお金が動いたり、教育の場と言いながらドラマのようなことをつくることもある。 新聞社が高校野球を主催していますので、子供にとって良くないと思っている方はたくさんいると思いますが、(メディアは)高校野球の『悪』というか、子供たちのためになっていないという思いをなかなか伝え切れていないのが現状かなと思います」

 会場で聞いていた甲子園大会を主催する「新聞社」は耳が痛かったに違いない。主催の新聞社にとって高校野球はドル箱事業。 朝日新聞は中高生の部活動に対する熱中症の記事を掲載しながら、昨夏の大会で熱中症患者が続出したことへの問題提起は皆無だった。

 この会見後、春のセンバツ出場校が発表され、筒香の母校である横浜高は5年ぶり16回目の出場が決定。使命感に燃える野球の伝道師は、球界とメディアの間にはびこる悪しき文化も変えるか。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190126-00000024-nkgendai-base

2: 風吹けば名無し 2019/01/26(土) 18:39:22.06 ID:7+Kb9PY10
これは球界のご意見番

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 12:02:05.02 ID:6UjofFuar
1

 冒頭、筒香は「僕自身が感じているスポーツ界、野球界が、もっとよくなるためにどうしたらいいのかという思いを皆さんにお伝えできれば」とあいさつ。続けて「昨年はスポーツ界で選手と指導者の問題が取り上げられました」と言及し、「(スポーツ界に)これでいいのかという問題がたくさんある。なぜそういう問題が起きるのか、深く掘り下げないとまた同じ問題が起きる」と指摘した。


 野球界に関しては「将来的な活躍よりも今を勝つ、勝利至上主義が問題があると思ってます」と明言。一例として「骨骼(こっかく)が、できていない子供たちの大会がほとんどトーナメント制で行われています」と挙げた。勝負の世界に身を置く立場から、「僕自身も勝つことを否定しているわけではありません。勝つ喜び、負けて悔しがる思いは必要。子供が優先にならないといけない。大人が中心になってやっていると思います」と持論を展開した。

 子供が故障し、肘や肩を手術するケースも把握し「アメリカでは球数制限が導入されていますが、日本ではまだ導入されていません。子供たちを守るには各連盟の方がルールを決めて守ってあげないと。同じ繰り返しになる」と危惧した。そして指導者が罵声、暴言を浴びせ、子供たちが、できないことにいらだち怒っている現状を目撃したとした上で、指導者が子供たちと同じ目線で歩み寄り、リスペクトすることが大事だと力説した。

※全文は下記リンク元より
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190125-00000052-dal-base

13: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 12:07:43.05 ID:sRgs4Dto0
サンキューヨッシ―

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 18:57:13.67 ID:LWyE227/0
WBCのホームラン未遂
※GIF
no title

2: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 18:57:34.03 ID:6Mf3uCMl0
泥んこのやつ

3: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 18:57:35.89 ID:4zsK3NZR0
ベンチで暴れてるやつとモノマネやろなぁ

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/01/22(火) 10:46:04.10 ID:9U26l9c00
DeNA・筒香嘉智外野手が1月14日、スーパーバイザーを務める少年野球チーム「堺ビッグボーイズ」の小学生部「チーム・アグレシーボ」の体験会に参加。
改めて勝利至上主義から脱却して、本当に子供たちの将来に結びつく指導の必要性、野球界のあり方を訴えた。

 その体験会後の取材の最後に筒香が「子供たちを守るために必要」とエールを送ったのが、昨年末に新潟県高校野球連盟(高野連)が発表した春季大会での球数制限の導入だった。

 昨年12月の「NIIGATA野球サミット2018」で同高野連が、今春の「春の大会」で試験的に1試合あたり1人の投手の球数を「100球」に制限するルールの導入を決めたことを発表。
全国的に大きな波紋を広げることになった。筒香の取材の最後に、報道陣からこの決定について質問が飛んだのである。

 高校野球などで球数が130球、140球を越えて1人の投手が投げ切る姿を見てどう感じるかと聞かれた筒香は「一番、印象的なのは、外国人選手の反応です」とこう話した。

 「ベイスターズのロッカーでも甲子園のテレビが流れていることがありますが、外国人選手は『こいつら潰れてしまうぞ、クレージーだ』と驚いています」

2: 風吹けば名無し 2019/01/22(火) 10:46:30.41 ID:xZC0c9Hp0
サンキューヨッシ

7: 風吹けば名無し 2019/01/22(火) 10:47:36.39 ID:SshVx8/zd
これは子供たちの味方筒香

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング