オススメアンテナサイト

田中健二朗

bandicam 2017-02-18 02-04-48-324

1: 名無しさん@おーぷん 2017/02/17(金)20:20:33 ID:maF

3: 名無しさん@おーぷん 2017/02/17(金)20:29:19 ID:ZuV
意外な組み合わせで草

続きを読む

news


1: 名無しさん@おーぷん 2016/12/19(月)07:56:36 ID:96i
62登板の須田はCSで魂の復帰登板、全直球勝負

DeNAの今季最多本塁打といえば筒香嘉智、今季最多勝利といえば山口俊。ここまでは熱心な野球ファンなら知っている。だが、DeNAの今季最多登板といえば、誰か。そうなると、すぐに名前は出てこないかもしれない。6年目の右腕・須田幸太である。

2015年までの5年間で計71登板の男が、今季は実に62試合に登板した。自己最多登板で、CS初進出を果たした陰の主役の一人と言っても過言ではないだろう。敗戦処理からスタートした今シーズン。
5月から勝ちパターンの一角を任されるようになると、主に7回を任され、三上朋也、山崎康晃とつなぐ「勝利の方程式」に欠かせない存在となった。

ブルペン陣を支えたのは須田だけではない。9年目の田中健二朗もその一人だ。

61登板の田中はCSで“神けん制”、契約更改でも高い評価

07年の高校生ドラフト1巡目の左腕は勝ちパターンに食い込み、相手に左打者が並ぶ試合を中心に7回を須田とともに担った。シーズンでは須田に次ぐ61試合登板。なかでも、強烈なインパクトを残したのが、巨人とのCS第1ステージ第3戦だ。

互いに勝てば最終ステージ進出の大一番、同点の9回無死一塁で代走で登場した「盗塁のスペシャリスト」鈴木尚を巧みなけん制で刺した。このビッグプレーで流れを呼んで延長戦を制し、広島行きを決めた。


以下全文(※おすすめ)
http://srd.yahoo.jp/new/hl?a=20161219-00010002-fullcount-base

須田とタナケンにスポット当たるの嬉しい

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 08:20:11.83 ID:mHX+ib4Xd
田中健 大幅アップでニコニコ「こんなに上がるのかと」 

球団初のクライマックスシリーズ(CS)進出に貢献した働きが評価された大幅増だった。印象度を上げたのは巨人とのCSファーストステージ第3戦で披露した「1球」。同点の9回無死一塁で塁にいた足のスペシャリスト・鈴木をけん制で刺し、ステージ突破の勝利を呼んだ。自身にとって「初めてだった」というビッグプレーを含むCSの評価で、推定100万円のボーナスが上乗せされたもようだ。
tanaken5

※以下、全文は下記リンク先より
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000053-spnannex-base
続きを読む

news

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 12:35:24.51 ID:epALcyrs0
田中健二朗投手が契約更改。2500万円アップの4300万円でサインです。
「評価していただきました。こんなに上がるとは…」とニッコリ。アップ分については「正直物欲がなくて…これを買おうとかない。トレーニングの道具とかにちょっとお金をかけるくらいですかね」
https://twitter.com/sanspo_baystars/status/806340832831807488

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/07(水) 12:36:35.67 ID:HHhJvU7e0
めっちゃ上がったわ

続きを読む

bandicam 2016-10-10 23-07-41-136



1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/10/10(月) 21:16:59.28 ID:Az25BKN1d1010

※GIF
Honeycam 2016-10-10 23-13-15


続きを読む

De

1: 名無しさん@おーぷん 2016/09/08(木)23:11:05 ID:Cz8
ラミレス監督「この展開で負け許されない」継投失敗

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160908-00000166-nksports-base

 DeNAが手痛い逆転負けを喫した。3点リードの7回から継投策に出たが、田中健二朗投手(26)が4連打を浴びて逆転を許した。

 アレックス・ラミレス監督(41)は「7回にリリーフ陣がリードを保てなかった。3連戦で2勝出来たことはプラスに捉えたいが、この展開で負けは許されない」と険しい表情で振り返った

勝ちパターンの一角を担う田中については「この3戦はいい投球が出来ていない。ボールがベース板に乗っている。今後の使い方を検討しなければいけない」と説明した。

 残り13試合でゲーム差3で迫る4位ヤクルトとの直接対決は4試合。球団史上初のクライマックスシリーズ(CS)進出へ、しびれる戦いは続く。

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング