オススメアンテナサイト

現役ドラフト

    このエントリーをはてなブックマークに追加
npb

1: 風吹けば名無し 2020/03/09(月) 23:33:59.93 ID:noGYygmEa
選手関係委員長の阪神谷本球団副社長は、12日に予定されていた選手救済策の「現役ドラフト」(仮称ブレークスルードラフト)導入に関する選手会との事務折衝について「(選手会とは)期限を設けず延期することになった」と語った。

すでに各球団の意見を集約して骨子を固めた矢先だったが「現時点での判断としてはやむを得ない」と先延ばしを余儀なくされた。今後は7月20日前後の同制度の導入にも影響を及ぼしそうだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200309-23090868-nksports-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
npb

1: 風吹けば名無し 2020/01/23(木) 08:54:23.62 ID:qhAurPYFa
 日本プロ野球選手会が出場機会に恵まれない選手の移籍を活性化させるため、日本野球機構(NPB)に早期導入を求めているブレークスルードラフト(現役ドラフト)の方式の有力案が22日、分かった。実施時期は7月20日前後で、各球団が指名対象となる選手を8人ずつ出し合う見込み。両者は今季からの実施を目指す方向性で一致しており、細部を詰めた上で、開幕前の合意を目指す。

 画期的なブレークスルードラフト(現役ドラフト)の実現に向け、また一歩前進した。NPBは選手会との事務折衝で、前日21日の実行委員会で取りまとめた案を提示。選手会との窓口になる選手関係委員会の谷本修委員長(阪神球団副社長兼球団本部長)は12球団の方針が大筋でまとまったことを認めた。

 「(事務折衝の)回を重ねるにつれて、互いの理解が深まっていると思う」

 球界関係者の話を総合すると、主なNPB案は3つある。

 (1)実施時期は7月20日前後 今季のプロ野球は東京五輪の開催に伴い、7月19日から8月13日まで中断する。7月19、20日はオールスター戦を実施する。

 (2)指名対象として各球団8人(支配下選手のみ)の名簿を提出 実施までにトレードを行った球団は、他球団へ移籍した人数を8人から差し引くが、3人以上のトレードが成立した場合でも最少人数は6人。

 (3)現役ドラフトでは各球団、最低1人を指名する 現役ドラフトは新人選択会議と異なり、対象となる選手のことを配慮して非公開で行われるもようだ。

 一方、選手会の森忠仁事務局長は「真摯(しんし)に受け止めていただいて、何とか今年中にという方向で議論をしていただいている。細部の問題はあっても、今年中に実現させたい」と手応えを口にした。2月のキャンプ中に各球団を回り、NPB案に対する選手の意見を集約する。

 選手会側の合意が得られれば、3月9日の実行委員会で今季導入が決まる可能性がある。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200123-00000031-sanspo-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
npb

1: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 14:43:36.21 ID:5uNHQH7M0
プロ野球で出場機会に恵まれない選手を、ほかの球団に移籍できるようにする「現役ドラフト」について、導入を求めているプロ野球選手会とNPB=日本野球機構が20日、都内で協議し、NPB側は早ければ来年から、遅くとも再来年には導入できるとする見通しを示しました。
「現役ドラフト」は、リストアップされた現役選手をほかの球団が指名することで移籍が可能となる制度で、出場機会に恵まれない選手に新たな活躍の場を提供できるとして選手会は、来年からの導入を要望しています。

そして20日、選手会は、会長を務める巨人の炭谷銀仁朗選手も出席してNPBと東京都内で事務折衝を行いました。

この中で、NPB側から12球団と検討を進めている制度の具体案について説明があり、炭谷会長は「ぜひ来年から導入してほしい」と選手会の要望を改めて伝えたということです。
(全文はリンク先)

2: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 14:43:54.66 ID:5uNHQH7M0
きたあああああ

5: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 14:44:21.57 ID:J2eD9KUD0
やったぜって思ってる選手いっぱいいそう

7: 風吹けば名無し 2019/11/22(金) 14:45:02.80 ID:3b4tgkXY0
DL枠作らんのか

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング