オススメアンテナサイト

お引越ししていたので、試合に勝った日以外の更新滞っておりました。申し訳ありませんm(__)m

横浜ベイスターズ

1: 風吹けば名無し 2018/08/02(木) 09:33:41.94
no title


 西区の藤棚商店街から一本入った路地裏。もともと町工場だった一軒家の戸を開けると、眼前に広がるのは野球のマウンドと人工芝―。

 ここは、元プロ野球選手の戸叶(とかの)尚さん(43)が塾長を務める「野球塾」。縦に長い約100坪の空間には、横浜スタジアムと同じ会社の人工芝が敷き詰められている。

 元横浜ベイスターズの戸叶さんは、投手として1998年の日本一などを経験した経歴の持ち主。引退後は瀬谷区などで少年野球の指導をしていたが、このほど藤棚に開校した「みんなの野球塾」の塾長に就任した。

 訪れたこの日は、瀬谷時代から教えている藪崎結斗君(小3)をマンツーマン指導。
投球練習では戸叶さんがアドバイスを送ると、ミットに収まる音が即座に変わった。両親も「普段公園で投げているのと様子が全く違う」と目を丸くする。

 「皆の秘密の特訓場になって、いずれプロが出てくれば。商店街も近いので地域貢献もしたい」と戸叶さん。路地裏の養成所から、横浜を沸かせる逸材が誕生するか。

6: 風吹けば名無し 2018/08/02(木) 09:35:56.42
戸叶懐かしいわ

続きを読む

1

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/21(土)07:19:58 
 【広島6―2横浜】左打席から放たれた打球は楽々右翼手の頭上を越えた。二塁に滑り込まず、悠々セーフのスタンディングダブル。ベースの上で十字を切り、いつものように神への感謝を忘れなかった。
 横浜のボイ・ロドリゲス右翼手は函館での広島15回戦で4打数4安打を記録、プロ野球52人目(56度目)のサイクル安打を達成した。
「記録のことは知っていた。神に祈りながら打ったことが良かったのだろう。だけど、チームが負けてしまっては意味があまりない。それにホルトのことを考えると素直に喜べないな」。
https://www.sponichi.co.jp/baseball/yomimono/professional_bbd0807/kiji/K20100701Z00003380.html

ぐう聖

続きを読む

furuki

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/26(土)21:44:46 ID:LZe
1(遊)2006年、チームの大先輩である石井琢朗への年賀状で宛名を石井豚朗(そもそも石井の本名は石井忠徳)と書き間違える

2(左)2000年6月6日の2軍戦、9回裏一死満塁のピンチで古木の守るレフト側ファールゾーンに打球が飛ぶ。この場合三塁走者のタッチアップを防ぐため取らないのが定石だが、古木は見事背面キャッチ。犠牲フライとなって三塁走者が生還し湘南シーレックス(当時)はサヨナラ負けを喫した

3(二)1998年に松坂の外れ1位で入団した古木だが、小学校の卒業文集では「将来の夢は野球選手だが絶対に行きたくない球団はロッテと大洋」と書いていた

4(三)2003年7月5日の本拠地で迎えた広島戦、三塁守備についていた古木はサードゴロを捌こうとして転倒。実況の清原アナの「古木あーーっと!」という叫び声と解説斉藤明雄の「自分のお庭ですよ」という言葉を含めて現在でも珍プレーの代名詞として有名

5(指)05年オフ、小池、金城、多村の外野スタメン固定により出場機会を失った古木はトレードを直訴。しかし行きつけのガソリンスタンドの店員から「他球団に行かないで」と声をかけられた古木は「残りますよ」と答えて横浜に残留することを決意した

6(一)三塁や左翼で迷守備を連発した古木だが、一塁守備は群を抜いて下手らしく、ワンバウンドの送球を捕球しただけで遊撃手の石井琢朗を始めとするナインから「ナイスファースト!」と声を掛けられた

7(右)2004年5月4日、巨人上原から決勝のソロホームランを放った古木はお立ち台で「こどもの日に打てたのが嬉しいです」と笑顔で語り、インタビュアーに「今日がこどもの日と勘違いしてしまうくらい盛り上がっていますか」と突っ込まれてしまった

8(捕)入団してから2年間背番号3を背負っていた古木だったが、2000年の契約更改の席で「来年1軍でヒットを打てなければ背番号が剥奪される」と明かす。翌2001年は代打を中心に5打席に立つがノーヒットに終わり背番号が33に変更された

9(中)守備に関するエピソードにはことかかないが、本人曰く「一番得意なのはセンター」

P:2003年の古木は前半は三塁手、後半は外野手として多くの出場機会を得て自己最多の22本塁打を放ったが打率.208に対して得点圏打率.121と村田修一も真っ青な勝負弱さを見せ、打点は37。規定未到達にもかかわらずリーグ2位の132三振を喫する衝撃的な成績を残した

続きを読む

bandicam 2018-06-09 20-28-25-057

1: 風吹けば名無し 2018/06/09(土) 18:18:38.41 ID:BcE8uvGT0
https://www.j-cast.com/trend/2017/08/18306223.html?p=all
トレンド欄に踊る「横浜優勝」

例えば、ヤクルトスワローズであれば「すわほー」、阪神タイガースであれば「とらほー」といった具台だ。

だが、一球団だけ例外がある。それが、横浜DeNAベイスターズの「横浜優勝」だ。由来は「横浜が優れているから勝利した」を略したとするなど諸説ある。

ファン数の増加と今季の好調ぶり(17日時点で54勝48敗の3位)もあわさり、ツイッターの「トレンド」欄には高い頻度で「横浜優勝」が並ぶ。

一方で、他球団のファンからは苦言も出ている。

「横浜優勝しつこいうざい」
「毎日毎日 横浜優勝 ってトレンドに入ってるけど、横浜何回優勝してんだよ」
「トレンドに横浜優勝の文字が目に入り今日の結果をテロされる」

※全文は上記リンクより

5: 風吹けば名無し 2018/06/09(土) 18:20:19.50 ID:L+7Dt346d
>>由来は「横浜が優れているから勝利した」を略したとするなど諸説ある。

絶対違うわ

2: 風吹けば名無し 2018/06/09(土) 18:19:27.24 ID:1xcr+KLcr
由来調べる気ゼロで草

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/16(水)00:22:32 ID:xB4
屋敷
佐伯
石井
内川
相川
谷繁
と和解し、イベントや企画に参加したり
顔出しをしている
あとはノリさんとグリエルぐらいやな

2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/16(水)00:29:32 ID:xB4
有名な横浜コピペで苦言を言った方々の今

工藤→日本シリーズで対決
寺原→不明
古木→OBでたまにみる
相川→ハマスタのビデオに登場
多村→OB枠で解説
門倉→何とOB枠で横浜を褒める立場に
鶴岡→コーチなので不明
野口→同上
橋本→不明
バルサン→韓国に行ったきり不明
佐伯→OB枠で解説
種田→金銭問題でそれどころではない
仁志→横浜寄りの解説多し
石井→ずっと不仲だったがハマスタのビデオに登場
藤田→ノーコメント

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)18:46:46 ID:QGE
今から1年半前におんJでこんなスレを立てた者やがhttp://hayabusa.open2ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1472648200/1-

あれから1年半
DeNAは初のCS出場、日本シリーズ進出等話題が増え、新規ファンも増えた。その中で「ベイスターズファン」と公言してきたりする方々もいるなど2011年頃とは情勢が変化。
地元メディアもテレビ神奈川が2018年からサブチャンルをフル活用したうえで中継試合数微増。開幕前特番の放送
数日前にスレを立てたがサッカーとバスケの話題がメインだったFM Yokohamaが7時間生放送特番を放送と地元メディアのやる気が増してきた今だからこそ立てました。
前回スレでまとめたメンバーに追加して改めてベイスターズファンの有名人を解る範囲でまとめてみました。

前回は打線を組みましたが今回は打線は組まず前回から追加があった部分をメインに一人一人解説していこうと思います。
またカテゴリーを複数に作り書いていこうと思います。

※関連記事:DeNAファン歴19年のワイがベイスターズファンの有名人で打線組んでみた


2: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)18:47:11 ID:QGE
◎U字工事 福田
石井琢朗と同郷の栃木出身だったことから石井琢朗ファンからベイスターズファンになったオンバトOB芸人

以前のスレで記載したが中畑前監督とは親交があるがベイスターズファンということは意外と知られていない。
fukuda3
 http://m.sponichi.co.jp/baseball/news/2014/03/15/kiji/K20140315007780360.html

3: 名無しさん@おーぷん 2018/03/11(日)18:47:47 ID:QGE
書き忘れたがここは知名度がかなり高いメンバーのカテゴリー

続きを読む

※ちょっと長めのスレです

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/15(日)20:02:47 ID:9na
連勝は2001年7月15日ヤクルト戦から始まるのだが
このカードは当時あった夏の北海道遠征シリーズで、
その前日の引き分けがなかなか濃い試合なのでそこからw
no title

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング