オススメアンテナサイト

梶谷隆幸

1

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 23:43:30.59 ID:ojZdqtq8x
出塁率そこそこ
長打狙える
三振多いのでゲッツー少ない
足速い


二番適正ありすぎだろ・・・

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 23:44:16.81 ID:x5EjXi+0M
出塁率そこそこあるな

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/09(水) 23:44:40.40 ID:748z1zUIM
二番は外しても七番はねえわ

続きを読む

kaji

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 01:07:27.14 ID:w+6g8lwX0
ポテンシャルが高い 覚醒する と言われ続けてもう28歳

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 01:07:43.10 ID:dR/1OpHyH
これじゃない感

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 01:08:07.25 ID:w+6g8lwX0
長打力ありそう→ハマスタで18本が自己最高
打撃は良さそう→自己最高打率は.275 

雰囲気はありそうなのに数字は微妙

27: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/28(金) 01:11:09.17 ID:DIYCTf080
2013年はセの梶谷パの柳田になると思ってた

続きを読む

Honeycam 2017-06-28 20-05-12
※GIF

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)22:04:47 ID:AcR
5年連続2桁本塁打は一流

10: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)22:07:06 ID:5vK
去年思ったより打ってた

13: 名無しさん@おーぷん 2017/06/28(水)22:07:43 ID:AKf
今年念願の20本いきそうじゃーん

続きを読む

3

※試合後のラミレス監督インタビュー

316: 名無しさん@おーぷん 2017/06/13(火)21:44:56 ID:hgq
梶谷手首の違和感

317: 名無しさん@おーぷん 2017/06/13(火)21:45:36 ID:8hG
梶情報きたのか

続きを読む

3

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/10(水) 07:44:17.67 ID:WzPtE62f0
どう?

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/10(水) 07:45:34.79 ID:lrTaVC6uK
毎年打撃のスタイルリセットされるマン

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/10(水) 07:45:40.47 ID:pPeC6O/W0
ハマのダン

13: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/10(水) 07:49:06.28 ID:g2tKVn6qr
こんなコロコロタイプが変わる奴今まで見たことないわ

続きを読む


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/09(火) 09:22:07.44 ID:iaMs7OC70
 そんな梶谷から、ここ数年「勝ちたい」という言葉がよく聞こえてくる。最下位が続いていた以前から言わなかったわけではないが、その言葉は月日を追うごとにより切実に、現実味を帯びて聞かれるようになってきた。

 「本当に勝ちたいという欲がどんどん大きくなっているんです。最終的にチームを勝たせる選手がナンバーワンですよ。なんでもいい。
チームが勝つ方向に持っていける選手が一番すごい選手なんだろうなと思うんです。若いうちは一軍に残るのに必死でした。
極端にいえばチーム状況より、とにかく自分の結果が欲しかったんです。でも2年3年とレギュラーで使ってもらっているうちに、チームが勝たないと、自分の存在意義がないということに気がつくんです。
昔は自分のことしか考えてないから、ファンの声に本当に落ち込んだり腹が立ったりしていましたけど、今はもう何とも思わないですね。
若い選手がファンからの声に腹を立てていても、『いやいや、俺も昔はあったよ。結果を出せば何も言われなくなるよ』なんて言葉も出ますから(笑)。

 やっぱり勝てるようになってきたこと。お客さんが増えてきて、空席がほとんどなくなって……勝ちたいですよ。自分が打てばもの凄く盛り上がってくれるんですよ。
本当に応援は力になると実感したし、チームが勝てばどんどん大きくなってくる。そういう意味でも僕はかなりいろんな経験をさせてもらいました。
野球界でもなかなかいないんじゃないかってぐらい、結構”味わって”きましたからね。その分成長させてもらえたと思いますよ。腹決めてやればいいという風に思えていますから」


 昨年のCSファーストラウンド。梶谷は見たことがないほど青く染まった東京ドームに震えるほど感動した。死球で左手の薬指を骨折し交代を告げられた際に、プロに入って初めて涙が溢れてきた。
自分に克つために抑えてきた感情が抑えられなくなるほどの衝動を感じていた。

「CSの東京ドームは本当に衝撃でした。ああいう風景を見せられちゃったらね……。あ、頑張りたいなって思いますよ。僕、プロに入ってからずっと苦しくて、野球が楽しいと思えたことなんて一度もなかったんです。
小学校から高校まで楽しくてしょうがなかった野球が、どこか苦しいものになっていた。それがようやく去年、試合の中で自然と思えたんです。楽しいって。

 あのクライマックスを体験してしまったことで、その先にある優勝というものが、どれだけ良いものなんだろうって想像するようになりました。
ちょっと前の僕には絶対にわからなかった感情です。ベイスターズが低迷していた時代、僕は一軍のベンチにも入れない選手でした。
父親にも『チームの控えが遊んでる暇はないぞ』ってよく言われて。すごく嫌でしたよ。だからなのか、今は具体的な数字よりも、強いチーム、常勝チームの主力選手と呼ばれるようになりたいんです。ベイスターズ、すごくいいチームですから」


 梶谷にとって勝負の年となる2017年。スタートから打撃が好調の一方で、4月には右太腿の違和感で欠場するなど、危うさも露呈した。この先には魔の6月も待っている。振幅の大小はあれど、今年も山あり、谷ありの1年となるのだろう。
kaji

※全文は下記リンク先より(全文読むことおすすめです)
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170509-00010001-sportiva-base&p=4

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/05/09(火) 09:22:56.51 ID:XvSghCC7M
ええ記事やな

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング