オススメアンテナサイト

梶谷隆幸

1: 風吹けば名無し 2019/03/22(金) 16:25:41.55 ID:4w+fEOl/0
no title


カジが....泣くぞ

4: 風吹けば名無し 2019/03/22(金) 16:27:26.80 ID:RShUZKcv0
ええやん

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/25(月)18:44:13 ID:JtE
20190225-02250770-nksports-000-7-view
DeNA主力の井納&梶谷が実戦復帰 1軍へ着々

主力の2人が、戻ってきた。DeNA井納翔一投手(32)が25日、2軍練習試合の中日戦(読谷)に先発登板した。

昨年10月に右肘クリーニング手術を受け、2軍キャンプスタート。術後初の実戦は2回28球を投げ、1安打無失点だった。ラミレス監督が視察する中での登板を「良かったとは思います。でもまだ2イニングなので」と振り返った。ラミレス監督は「145キロくらい出ていた。当然1軍レベル。(問題なければ)ローテには入ってくる」と順調な経過に満足していた。

梶谷隆幸外野手(30)も、昨年8月1日巨人戦以来の実戦復帰を果たした。同20日に右肩クリーニング手術を受けた影響で守備にはつかず「3番・DH」でスタメン出場。3打数無安打だったが、第3打席では中堅へ強烈なライナー性の打球を飛ばした。「自分としては3月の中旬くらいに守備が出来るようにしたい」と見通しを語った。

投打の軸が1軍復帰に向けて、着実にステップを踏んでいる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190225-02250770-nksports-base

3: 名無しさん@おーぷん 2019/02/25(月)18:45:35 ID:AJc
去年の分までイニング稼いでもらわんと

続きを読む

700027_detail

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)17:42:34 ID:59Y
 DeNAの2軍が22日に予定していたハンファ・イーグルスとの練習試合(宜野湾)は雨のために中止となった。

 昨年8月の巨人戦での死球で右手首を骨折し、離脱中に右肩のクリーニング手術を受けていた梶谷は、DHとして約6カ月ぶりの実戦復帰を果たす予定だったが、それもおあずけとなった。

 「天気は自分じゃどうしようもできないですからね。6カ月試合にでていないので、投手の生きた球を見て試合感覚を取り戻したいですね」

 この日はキャッチボールや筋力トレーニングなどで汗を流した。右肩の状態は100%には戻っていない。少しずつよくなっている感触はあるが、「けがが治ったからOKという立場ではない」と表情を引き締める。

 早めに守備にもつき、1軍の首脳陣に元気にプレーしている姿をみせておきたいところだ。「この時期に守備につきたいというのはあるが、それは自分が決めることではない。あまりに守っていないと開幕スタメンには間に合わない。そこは多少無理してでも頑張りたい。あと2年で終わるか、5年やれるか今年にかかっていると思う」

 走攻守のそろった梶谷が、今季への強い決意を語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190222-00000538-sanspo-base

2: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)17:44:36 ID:yTV
なんだかだいぶ追いつめられてないか?

続きを読む

kaji

1: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 15:57:00.52 ID:U+iEaGsc0

3: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 15:57:37.03 ID:mot+9Xgi0
お?

4: 風吹けば名無し 2019/02/18(月) 15:57:56.78 ID:gBWxReIF0
DHか

続きを読む

554: 風吹けば名無し 2019/02/09(土)22:22:06 ID:mF4
AS20190207002306_comm
 春季キャンプ真っ盛り。激しいレギュラー争いが繰り広げられる1軍キャンプに比べると、2軍はやや趣が違う。数年後にチームを背負うかもしれない若手の中に、けがからの復活を期す選手が交じる。昨年8月に右肩を手術した梶谷隆幸(30)も、バットを振り込んでいた。

 右肩は2016年の途中から、痛み出した。チームが初めてクライマックスシリーズ(CS)に進出したこの年。3位以内を争う連戦の中、右翼のレギュラーだった梶谷が先発を外れることは少なかった。不運は重なり、CS第1ステージの巨人戦では死球を受け、左薬指を骨折。それでも試合に出続けた。

 「一番痛かった」と振り返るのが、翌年だ。キャッチボールで5~10メートルを投げるのが、やっとの状態。痛い日と、痛みが和らぐ日があったが、「極力、肩を使わないようにしていた」。レギュラーシーズン出場137試合、CS8試合、日本シリーズ6試合の中で、試合前のシートノックで守備位置についたのは、3回だけだったという。

 昨年8月、死球を受けて出場選手登録を抹消され、もともと痛めていた右肩にメスを入れることを決めた。「手術をしなかったら、先が見えない。少なくとも、肩がよくなることはない」。リハビリを経て今、若手と汗を流す。
(続きはリンク先)

梶谷の記事
現状外野からの返球は内野手に返せる程度だって
開幕に間に合わせるつもりらしいがどうなる

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/01/22(火) 04:27:03.19 ID:LH2vNJRv0
ラミレス監督、梶谷をキーマンに指名「恐怖の存在になる」

DeNAのラミレス監督が21日、新潟市内で行われたトークショーで今季のキーマンに右肩手術からリハビリ中の梶谷を挙げた。
2017年には同一シーズン20本塁打、20盗塁を達成した強打者を1番に据える構想で「四球が増え、三振が減った。いい状態が続けば相手チームに恐怖の存在になる」と復活に期待した。
1


続きを読む

kaji

1: 風吹けば名無し 2019/01/21(月) 06:00:23.20 ID:TqnozXaP0
昨年8月に右肩のクリーニング手術を受けたDeNA・梶谷が、3月上旬の実戦復帰に照準を合わせた。横須賀市内の2軍施設で約60メートルのキャッチボールを行い、「硬さや痛みはない」と明るい表情。「3月の初めから(試合に)出られるようにしたい」と見通しを語った。

 今オフには結婚し、責任感も増したという30歳。「キャリアハイを目指したいし、トリプルスリーもやりたい。周りに笑われても掲げていきたい」とプロ13年目に懸ける強い意気込みを示した。

続きを読む

1


1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 20:15:47.61 ID:BkdxlBPV0
DeNAラミレス監督が、次期主将候補に宮崎と梶谷を指名した。来季5年目の主将を務める筒香が、早ければ来オフにもポスティングでメジャー挑戦する可能性が出てきた。

同監督は筒香を応援する一方で「4番を失うだけでなく、チームのキャプテンを失う。育てなければいけない。今、考えられるのは宮崎と梶谷」と、具体的に後継者の名前を挙げた。
2人には、これまでもリーダーシップを促していた。今春には宮崎をキャンプ主将に指名。昨季はWBC出場で不在の筒香に代わって、梶谷を主将代行に任命したことがある。
「彼らの行動に対して多くの選手がリスペクトしている。彼らも素晴らしい主将になれるチャンスがある」と期待は高い。来年2月の春季キャンプでも2人に期間限定で“主将”の肩書を与える可能性は高い。
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812300000046.html

2: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 20:17:42.48 ID:6XZP5bNnd
そらそうよ

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/12/28(金)05:19:52 ID:goF
1

DeNA・梶谷隆幸外野手(30)が、年下の女性と結婚したことが27日、分かった。

12月中に東京都内で婚姻届を提出し、すでに新婚生活をスタートさせている。
2014年に39盗塁で初タイトルを獲得した俊足外野手だが、今季は度重なるけがや、8月に受けた右肩のクリーニング手術などの影響で41試合の出場に終わった。人生の伴侶を得て、心身ともに万全な状態でプロ13年目の開幕を迎える。

※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181228-00000505-sanspo-base

よかおめ

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング