オススメアンテナサイト

東京五輪

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1
1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/12/30(月) 09:56:49.06 ID:GZ3+a10m9


【2019年スポーツ界「忖度」で埋もれたアノ話】

来夏の東京五輪では野球・ソフトボールが2008年の北京大会以来、3大会ぶりに実施競技に復活する。金メダルが至上命令とされる野球のメイン会場は、DeNAが本拠地とする横浜スタジアムだが関係者たちが今も頭を抱える難問が浮上している。

五輪の競技施設にはIOC(国際オリンピック委員会)の五輪マーク、開催都市のシンボルマーク以外の商標や広告が認められていない。そのため、グラウンドの内外にあふれている企業の看板、広告はペンキで塗りつぶしたり、布で覆って隠さなくてはいけない。96年のアトランタ大会でブレーブス本拠地のフルトン・カウンティ・スタジアム(当時)もそうだった。

「それは当然のこととして、スタジアムや関係者が困っているのは、球場の外に乱立するビルに設置されている無数の看板広告に関しても同様の措置をとるよう、IOCや組織委から言われているからです。テレビ中継の際、ホームランやファウルをカメラが追った時に球場の外の看板が映り込む。それもNGだというのです。そんなものまで布で覆うとなれば大変な作業になるし、第一、球場の外のビルに看板を出している広告主にとっては、五輪もIOCもなにも関係ありませんからね。もうむちゃくちゃですよ」(球場関係者)

現実問題として、ビルの看板まで“消す”のは無理がある。東京五輪の野球中継は、高く上がった打球をカメラが追わない、おかしな放送になるかもしれない。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191230-00000009-nkgendai-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)07:39:25
1

東京オリンピックがある2020年のプロ野球のペナントレースは、オリンピックが開幕する6日前の7月18日までに前半戦を終え、オールスターゲームを2試合開催したあと、中断期間に入ることになりました。

NPB=日本野球機構は、11日、都内でプロ野球12球団の営業担当者やアマチュア野球の団体幹部を集めて会議を行い、東京オリンピックがある2年後の2020年のシーズンの日程などについて説明しました。

プロ野球はオリンピック開幕の2日前から中断する方針が決まっていますが、NPBによりますと、開幕6日前の7月18日までにレギュラーシーズンの前半戦を終え、19日と20日にオールスターゲームを開催して中断期間に入るということです。

また中断期間があることを踏まえて、2020年のシーズンはペナントレースの開幕を例年より1週間程度、前倒しし、日本シリーズの開催時期も10日から2週間程度遅くする方針で、NPBは対戦カードを含めたペナントレース全体の日程を年内に固めるとしています。

このほか大会の組織委員会からオリンピックの会場となっているプロ野球の本拠地の使用期間について、野球とソフトボールの会場となるDeNAの横浜スタジアムが6月9日から8月末まで、サッカーの会場になっている日本ハムの札幌ドームが6月15日から8月末までという、ともに2か月以上の具体的な案が示されているということです。

NPBなどでは球場が使えない期間をできるだけ短くするよう、要望していくということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180911/k10011624921000.html




続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
hamast

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 07:51:33.64 ID:nQswtrJF0
Yokohama Stadium confirmed for @Olympics Baseball, Softball @Tokyo2020 Games !!!
横浜スタジアムが2020年東京五輪の野球・ソフトボール会場の1つに決まりました!! #Tokyo2020
https://twitter.com/WBSC/status/806560252648943616/photo/1

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/08(木) 07:52:01.89 ID:5uFttgxY0
(*^○^*)

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング