オススメアンテナサイト

東スポ

3: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)00:49:56 ID:XXL
セ・リーグ3位のDeNAが6日のヤクルト戦(横浜)にサヨナラ勝ち。0―0の延長11回、宮崎敏郎内野手(28)のサヨナラ12号ソロで3連勝を決めた。
これで2位阪神とは3・5差、4位巨人とは2・5差と激しいクライマックスシリーズ(CS)進出争いが繰り広げられているが、
そんな中、アレックス・ラミレス監督(42)に、現時点でフロントからの続投要請がないことが分かった。
チーム内ではフロントへの不満が飛び出すなど、不穏な空気が漂っている。

劇的な勝利とあって、試合後のラミレス監督は「投手陣が素晴らしい仕事をした。この3日間はハッピー」と3戦連続無失点の投手陣をたたえ、笑顔を見せた。

これで2位阪神とは8試合の直接対決を残し、3・5ゲーム差。
逆転2位でのCS本拠地開催も現実味を帯びてきた。

だが、2年連続のCS進出へチームが一丸となっているかといえば、必ずしもそうではない。
ある球団関係者は「ラミレス監督にまだ内々でも続投のオファーが出ていない。
ここからもしも4位になったらクビにするつもりなのか?」と、フロントに対する不満を漏らしつつ、2年契約最終年を迎えている指揮官を心配する。

実際、高田繁GM(72)は「ラミレス監督への続投要請? まだ何も決まっていない」と“白紙”を強調。 
別のフロントに至っては「巨人の高橋監督もまだ続投とは出ていない。 
ウチよりもそっちの方が話題性が高いでしょ」と、今季は球団ワーストの大型連敗を記録するなど苦戦した 
巨人を引き合いに出しながら、続投要請をしないのが当然とばかりに開き直っている。 

これまでもDeNAは続投要請をめぐり、ドタバタ劇を繰り返してきた。 
中畑清前監督の2年契約が満了となった13年は、10月に本人の辞意表明を翻意させ、1年契約を結んだ。 
14年は続投要請のないまま最終戦を迎えたが、10月2日にようやく続投を要請。 
15年は首位ターンした7月の球宴期間中に異例の続投要請をしたが、大失速から中畑前監督が辞任する結果となった。 
とにかくタイミングが悪いのだ。 

別の球団関係者は「監督の続投が早めに決まっていれば、若手にシーズン終盤のギリギリの戦いを経験させるなど来年を見据えた起用ができる。 
今のままだと目先の一戦にしか目を向けられない」と、指揮にも影響すると指摘する。
1


6: 名無しさん@おーぷん 2017/09/08(金)00:51:15 ID:RSm
安心と信頼の東スポ

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/18(火)22:43:44 ID:D8v
山口俊の古巣DeNAの投手の一人は「山口さんは酒グセが悪かった。自分も飲むけど人にも酒を飲ませる。11日は山口さんの誕生日だったし飲み過ぎたのでは」と分析。

 また別のDeNAナインは「球団に(トラブルを)報告をしてなかったみたいだけど、隠そうとしてもいつかバレる。先に自分から報告した方がよかったと思う。時間は戻せないしウチを離れた選手。自分たちがどうこうできる話ではない」と話した。 
1

※全文は下記リンク先より


ソースは東スポ

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/14(火)21:15:15 ID:mWR
中田のカンチョーに筒香が悶絶
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170314-00000053-tospoweb-base

筒香嘉智外野手(25=DeNA)が中田翔内野手(27=日本ハム)にカンチョーをブスリと決められて悶絶する場面も…。

うまい具合に尻の力が抜けたのか、おなかがスッキリしたのか、筒香は試合でも同点タイムリーを放つなど、効果が出たようだった。
no title
 

3: 名無しさん@おーぷん 2017/03/14(火)21:15:56 ID:RnI
い つ も の

2: 名無しさん@おーぷん 2017/03/14(火)21:15:36 ID:DH2
日本の四番パワー注入

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 16:58:19.19 ID:+qBc9yUE0
DeNAは13日、FAで巨人に移籍した山口俊投手(29)の補償について、巨人がプロテクトした28選手以外で獲得が可能な選手の名簿を12日に受け取ったことを明らかにした。今後はDeNAサイドがどの選手を獲得するのか慎重に精査していくことになるが、巨人がプロテクトした28選手の中には、宇佐見真吾捕手(23)と松崎啄也捕手(24)の若手捕手2人が含まれている模様で、ある球界関係者は「宇佐見と松崎の2人はプロテクトしたと聞いている」と注目発言を放った。

 2人は昨秋のドラフトで巨人に入団し、ともに今季は一軍の出場機会はなかった。しかし、風向きが変わったのは先の宮崎秋季キャンプ。宇佐見は強肩と打撃センスを買われて一躍正捕手候補の小林を脅かす存在となり、松崎は練習試合で特大弾を放って存在感を示すなど、一軍首脳陣の評価が急上昇していた。

 その後、オフに入っても巨人の現場では特に“宇佐見推し”が少なくなく「プロテクトするのであればレギュラー陣と、今は軸でなくとも一軍で活躍できる有望な選手。岡本は別格としても、若手一番のホープは宇佐見だろう。DeNAには戸柱や嶺井がいるから捕手は必要ないかもしれないが、過去には一岡(現広島)、奥村(現ヤクルト)と人的補償で有望株を持っていかれた例もある。そういった意味でも、宇佐見はリストから外してほしくないところ」(あるスタッフ)と絶賛されていた。

 巨人は宇佐見と松崎のプロテクトは将来性を見込んで念には念を入れて…ということなのだろうが、一方ではその若手捕手の2人分はDeNAサイドが狙うと見られる投手と内野手がリストから漏れた可能性がある。果たしてどうなるか。
news

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161214-00000037-tospoweb-base

なおDeNAは捕手は必要なく、投手と内野手を狙っている模様

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 17:00:42.26 ID:N2AEjobYd
DeNAからしたら無駄に捕手プロテクトしてくれて有り難うってかんじやろ

63: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/12/14(水) 17:07:03.14 ID:WRPlBvJW0
東スポじゃねーか

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/03(木) 17:21:42.35 ID:C0siJJqJ0
巨人・大田泰示外野手(26)、公文克彦投手(24)と、日本ハム・吉川光夫投手(28)、石川慎吾外野手(23)2対2のトレードが成立し、2日、両球団が発表した。
かつて「55」を背負って“ゴジラ2世”と期待された大田は大成することなく新天地へ渡ることになった。実は3年前、今回よりはるかに衝撃的な相手との幻の大型トレードが成立寸前までいったことがあった――。

球団として大田の放出を現実的に検討し始めたきっかけは背番号「44」へ変更となった13年オフ。
幻のトレード相手は、まだ開花前のDeNA・筒香嘉智外野手(24)だった。今や絶対的なハマの4番に君臨する大砲も、その年のシーズンは23試合出場にとどまり、秋季キャンプのメンバーからも外されるなどくすぶっていた。
一時はDeNA側も乗り気で話はまとまりかけたが、結局は消滅。以降はトレード話がささやかれるたび、大田の名前が浮かぶようになった。

bandicam 2016-11-03 17-50-44-547
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161103-00000032-tospoweb-base

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/03(木) 17:22:27.69 ID:X3dhcmU60
えぇ

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/03(木) 17:22:58.28 ID:3CkZuit/0
東スポ

11: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/03(木) 17:23:38.16 ID:sEF5x4uR0
なんだ東スポか
続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 16:44:06.61 0
巨人が、今季フリーエージェント(FA)権を取得したDeNA・山口俊投手(29)の本格調査を開始した。本人は10月30日の全体ミーティングを欠席しており、間もなくFA宣言に踏み切る可能性が高い。そんななか、悩める右腕が旧知のGナインに相談を持ちかけていたことが判明。争奪戦の行方にどう影響するかが注目されている。 

 2年連続で優勝を逃した巨人にとって、最大のウイークポイントが、先発陣の駒不足だった。来季のV奪回へ先発投手の補強は不可欠で、FA権を持つ選手の中から山口に絞り込んで動向を注視。右腕が宣言を決断し、交渉が解禁となれば、獲得に乗り出すことは確実。他球団との争奪戦も辞さない構えでいる。 

 一方、山口自身はDeNAナインの集合日だった30日、横須賀・ベイスターズ球場に姿を現さなかった。27日には「チームへの愛着はある。残留が一番望む道」と語った一方、「自分の野球人生なので」と複雑な胸中を明かしていたが、異例の全体ミーティング欠席は覚悟の表れともとれる。 

 DeNA・高田GMも「彼(山口)自身に考えがあるんじゃない? 来季の体制発表という日だから。FA(宣言)するんじゃないの?」と発言するなど、宣言待ったなしの状況となってきた。 

 その後、FA手続きが解禁された31日になっても山口の足取りはつかめず、本人の現在の心境や状況は不明。それでも、ここにきて気になる情報が飛び込んできた。実は最近、山口自身が複数の巨人ナインに連絡を取り、環境などについて“逆調査”を行っていたという。 

 事情を知る関係者によれば、山口がまず漏らしていたのは、DeNA側への不信感。球団からは複数年契約を提示されたとみられるが「最終的には『出て行くならどうぞ』という感じだったとか。気持ちの面でショックを受けている様子だったそうです」という。 

 その上で右腕は、巨人を含めた他球団の練習環境や、人間関係について知りたがっていたという。「僕らが誘うわけにはいきませんけど、相談に乗った選手の話を聞く限り、彼(山口)自身はだいぶ移籍に気持ちが傾いているようですね」 


 FA宣言の手続きは9日に締め切られ、翌日に公示、11日から交渉解禁となる。沈黙を守っている山口が、どんな決断を下すのか。右腕の動向に視線が集まっている。
bandicam 2016-11-01 18-36-39-352
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161101-00000026-tospoweb-base

29: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/11/01(火) 16:47:55.76 0
東スポやん

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/22(金)16:09:15 ID:rB3
DeNAが中畑清前監督(62)のキャンプ地訪問に戦々恐々としている。アレックス・ラミレス新監督(41)の下、2月1日から沖縄・宜野湾で春季キャンプが始まる。キャンプインを目前にコーチ陣や関係者の間で話題となっているのが中畑前監督の来訪日だ。 

 4年間の監督生活を終えた中畑前監督は評論家としてキャンプ地を訪問する。古巣である巨人の宮崎キャンプも当然、スケジュールに入っているが、現状では初日に宜野湾を訪れる予定だという。 

 DeNA関係者は「初日ですか…」としばし絶句。球団では5年目に向け「5周年企画」を立ち上げ神奈川県内の小学生に72万個のベースボールキャップを配るなど“新生”を打ち出し積極的に動いている。 

「中畑さんが動けばファンも報道陣も動く。キャンプ初日の話題を中畑さんに奪われてしまわないか」(前出の関係者)と人気者の来訪に心配は尽きないという。 

 またコーチ陣の中からも「ラミレス監督が気にしなければいいけど」と心配の声が。選手たちも前監督が来れば当然、あいさつに向かう。中畑前監督と選手が談笑する姿を見て新指揮官が平静でいられるかどうかは疑問だ。 

 もちろん中畑前監督からすれば他意はなく、4年間の監督生活を過ごした古巣を激励したいとの思いが強い。ファンに惜しまれながら退任した中畑前監督ならではの悩みと言えそうだ。
news
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000035-tospoweb-base

続きを読む

tosupo


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 12:52:18.37 ID:zbzYLwey0.net
東スポ1面
no title
http://www.tokyo-sports.co.jp/newspaper/10月5日(月)/

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 12:52:58.85 ID:WBocMnFp0.net
>>1
ソースは東スポ

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/05(月) 12:55:12.08 ID:YkBtlb1Y0.net
中畑が入閣させたかったのか
それとも中畑は拒否した側なのか

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 06:35:41.74 ID:fWTemJLK0.net
オリックスがラミレス氏との契約解除「監督への強いこだわり」がネックに
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/453219/

 オリックスが、巡回アドバイザーを務めるアレックス・ラミレス氏(40)との契約を更新しない方向となっていることがわかった。
フロント関係者は、ラミレス氏に入閣オファーを出していることを認めたうえで「監督へのこだわりがものすごく強い。コーチとして経験を積んでもいいと思うんだけど…。
もう望みは薄い。残念だけど、縁がなかったということ。また、経験を積んで戻ってきてくれればいい」と話した。

 BCリーグ・群馬のシニアディレクター(SD)のラミレス氏は7月から3か月の契約を結び、一、二軍にかかわらず、月に5~7日間、球場を訪れて選手に打撃指導。
T―岡田は「今まで考えていなかったことに気づかせてくれた。日本語も上手だし、わかりやすい」と感謝するなどナインの評判も上々で、
フロント幹部も「データに基づいた頭脳的な理論にも優れている。技術だけでなく、学ぶところは多い」と手腕を高く評価。球団との契約延長は当然と見られていた。

 しかし、ラミレス氏の監督へのこだわりがネックだった。オリックスは新監督に福良監督代行を昇格させ、二軍監督に田口壮氏(46=評論家)の就任を決定。
そのため、打撃コーチとしてラミレス氏にオファーを出していたが、DeNAの監督問題の推移を見守っているのか、現時点で返事はないという。
news

12: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 06:39:53.71 ID:t6WzY+gzM.net
東スポですね

24: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 06:43:14.04 ID:H/5ydyS70.net
まあ監督のオファーには食いつくだろうな
古田と違ってコーチ人事もフロント任せでいいだろうし
まさかのラミレスJr入閣はあるかもしれんがw

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/10/03(土) 06:38:13.85 ID:Qt4gVeSZ0.net
ラミレスの笑顔が曇るのみたくないわ

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 17:43:05.07 ID:ZdDMceca0.net
だが、意外にもナインの表情は厳しいまま。
主力の一人は
「12連敗中(6月23日)の巨人戦前の選手ミーティングで
“貯金1で球宴を迎える”とみんなで目標を立てた。1勝足りなかったことが悔しい」。
一時は貯金11で首位を独走したこともあり、ナインはいわゆる“意識高い系”と化しており、
5割での首位には誰も満足していなかったのだ。
news
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150716-00000025-tospoweb-base

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 17:43:44.39 ID:GuY5ynUGp.net
プロ選手だからな

7: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2015/07/16(木) 17:45:50.65 ID:9hCKal/o0.net
いいゾ~これ
今までのベイは意識低すぎたからな

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング