1: 名無しさん@おーぷん 2016/01/11(月)09:00:16 ID:EYL
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160111-00000077-spnannex-base
DeNAのドラフト4位・戸柱恭孝捕手(25=NTT西日本)が結婚していたことが10日、分かった。お相手は京都府在住の一般女性(26)で約2年の交際期間を経て昨年11月中旬に婚姻届を提出。

 育成を含む新人10選手中、最年長の25歳は「今までの野球人生と違い、これからは支えていかなくてはいけない存在がある。頑張ろうという気持ちがより強くなりました」と話した。

 モデルの今井華似の夫人とはNTT西日本時代に知人の紹介で知り合い「会った瞬間にこの人と結婚するのかなと思いました」と一目ぼれ。昨年10月22日のドラフト会議で名前が読み上げられると真っ先に連絡。「ドラフトにかかったよ。これからまた頑張るね」とシンプルな言葉に感謝と決意を込めた。夫人も食事面でサポートするために「ジュニア・アスリートフードマイスター」の資格取得を目指している。

 DeNAの捕手は昨季、嶺井ら3選手が先発で出場も正捕手は不在。14年には「社会人野球ベストナイン」(スポニチ共催)に選出され、遠投110メートルの強肩が売り物の戸柱に懸かる期待は大きい。背番号「10」の左打ちの即戦力。巨人・阿部のようになってほしいという思いから、ラミレス監督には「ハマのシンノスケ」と命名された。9日の新人合同自主トレ初日を視察した指揮官は「初日からリーダーシップを発揮していた。いいポテンシャルを持っている楽しみな選手」と絶賛し、今春キャンプの1軍帯同も明言している。

 現在は神奈川県横須賀市の「青星寮」に入り、京都にいる夫人とは離れ離れだが、3月中旬には退寮。神奈川県内で新婚生活をスタートさせる予定だ。人生の伴侶を得た戸柱は「即戦力で入団した以上、開幕1軍は絶対。投手陣をはじめ、チーム全員から信頼される選手になって、ベイスターズの優勝に貢献したい」と強い決意を口にした。
 tobashi

続きを読む