オススメアンテナサイト

左腕

1: 風吹けば名無し 2018/02/15(木) 00:42:05.42 ID:UXO+qmyN0
no title

続きを読む

De

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/08(木)15:25:13 ID:YWH
今永
濱口
石田

砂田
エスコバー

イケるやん…?

2: 名無しさん@おーぷん 2018/02/08(木)15:25:38 ID:bFc
右腕はどこ…

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/08(木)15:27:04 ID:YWH
>>2
ウィーランド
井納

はい

続きを読む

1

190: 名無しさん@おーぷん 2018/02/03(土)09:58:51 ID:xGP

https://twitter.com/sanspo_baystars/status/959586979976421381

レフティ4人で豆まき 確か去年は3人だったなぁ 子沢山で何より(適当)

続きを読む

De

1: 風吹けば名無し 2018/01/24(水) 20:50:52.07 ID:WSZZcwIT0
球界OBは口をそろえて「左投手4人」に肯定的

横浜、中日で正捕手を務め、選手兼任監督の経験も持つ谷繁元信氏は「もちろん、左右のバランスが取れているのがベスト」と前置きした上でこう語る。 

「右投手ばかりよりは、左投手が多い方が良い。そもそも、プロ野球界全体を見ると先発投手は右が多く、左は稀少。先発を任せることのできる能力があることが大前提だが、左投手が多いデメリットはあまりない」 

また、元ロッテの正捕手、里崎智也氏は近年の野球界の傾向についても語ってくれた。 

「左投手は右打者に弱いといわれることが多かったが、今はそんなことはない。特にDeNAの左投手は右打者に対しても外に逃げるボールがあるので、左右の差はほとんどないはず。それは、日本シリーズの投球でも証明されている」 

1998年に横浜の日本一に貢献し、自身も「左のエース」として活躍した野村弘樹氏も同様の意見だ。 

「左4枚、面白いじゃないですか! 確かに珍しいけれど、DeNAはそういう固定観念にとらわれない野球をしている。もし今季、左偏重のローテーションで結果が出れば、他球団もそれに追随する可能性は十分ある」 

取材した球界OBは皆、口をそろえてDeNAの「左投手4人」に肯定的だったのだ。 

その背景には谷繁氏が語るように、先発左腕の「稀少性」がある。 

昨季、12球団で規定投球回数に到達した投手は全部で25人。そのうち、左投手は今永、田口麗斗(巨人)、バルデス、大野雄大(ともに中日)、菊池雄星(西武)の5人のみ。 

12球団を見渡しても、規定投球回に到達し、2ケタの勝ち星が期待できるような先発左腕は限られている。 

プロ野球全体を見ても稀少な「先発左腕」を実に4人もそろえる――。一見、補強ポイントとはマッチせず、球界の常識からはかけ離れているかに思えるDeNAのドラフト戦略だが、その裏には確かな手応えが透けて見える。 

昨秋ドラフトであえて競合を避け、東の一本釣りを狙ったことからも、それは分かる。 

ドラフト候補の先発左腕候補でいえば、オリックスと西武が1位で重複した田嶋もいた。もちろん、DeNAスカウト陣が純粋に田嶋よりも東を評価していた可能性もあるが、他球団の1位指名で名前の挙がっていなかった東を指名したのは、より確実に彼=左の先発候補を獲得したかったからだろう。 

DeNAは石田を2014年ドラフト2位、今永を2015年ドラフト1位、濱口を2016年ドラフト1位で獲得している。濱口に関しては柳裕也(中日)、佐々木千隼(ロッテ)の「外れ外れ1位」だったため結果論にはなってしまうが、過去3年間のドラフトで上位に指名した左腕がしっかりと成長している成功体験も、東の獲得を後押ししたといっていいかもしれない。 

昨年ドラフトの濱口とは違い、「4人目の先発左腕候補」である東の指名は、ある意味、「確信犯的」なものだった。そこには、他球団の評価や世論には決して流されない、球団独自の戦略がある。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180124-00010000-victory-base&p=2


続きを読む

news

※ロペス&石田 ヒーローインタビュー動画
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/08/26(金) 22:15:08.47 ID:FuBT716B0
2012年からの話な

2012藤井秀吾 7敗 防御率3.75
2016石田健大 敗 防御率2.89

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/28(土) 22:18:09.84 ID:BuX84fHN0
石田健太
news

4試合(27回) 4勝0敗 奪三振24 防御率0.33
被安打17 被本塁打0 与四球4 与死球0 失点1(自責1) 

今永昇太
news
4試合(26回2/3) 4勝0敗 奪三振24 防御率0.68
被安打18 被本塁打0 与四球10 与死球0 失点3(自責2) 

これにはアンチもだんまり

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/28(土) 22:18:42.75 ID:7kjjj/eRd
つよい

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/05/28(土) 22:19:17.29 ID:IwdmwRR60
二人で貯金8つとかおかしなことやっとる

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/22(日)03:16:22 ID:53C
 新人左腕のDeNA今永昇太投手(22)が7回3安打1失点で自身3連勝となる3勝目を挙げた。

 直球主体の投球で5回までヤクルト打線を1安打に封じたが、1点リードの6回に連打で一時、同点とされた。それでも8回にロペスの2戦連発となる11号決勝3ランで勝利投手の権利が舞い込んできた。

 安定感ある投球は防御率1・87。要因を問われると「僕は石田さんという左腕のお手本のような方がいる。まさに、教科書。石田先生に習って、いいところを盗んで、背中を追いたい」と5月は3戦3勝で20イニング連続無失点中の先般左腕の名前を挙げた。
news
http://www.nikkansports.com/m/baseball/news/1651023_m.html?mode=all

続きを読む

no title

1: 名無しさん@おーぷん 2016/05/21(土)21:32:18 ID:qOI
今永(22) 3勝4敗 1.87 53回 59奪三振

同じ左で150キロ中盤投げる菊池雄星が打ち込まれる中で何がすごくてこんな成績残せるんや?
いつかの解説で変な間があるから、打者はタイミングが掴めずに打てないみたいなこと言うとったけど
そこ分析されたら凡Pに成り下がるんか?

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング