オススメアンテナサイト

大和

1: 風吹けば名無し 2018/01/07(日) 23:10:29.46 ID:Ed7RgiwX0

24: 風吹けば名無し 2018/01/07(日) 23:15:01.53 ID:LYfGjI5m0
no title

かっこE

620: 風吹けば名無し 2018/01/08(月) 00:22:31.54 ID:B+blevQKd
>>24
髪明るい方がいいな

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/01/02(火)13:09:16 ID:IvH
1

 小学校の卒業文集で「1億円プレーヤーになる」と予告していたという。今オフ、阪神からDeNAにFA移籍した大和の話だ。「将来の夢」を書く欄に「ヤクルトスワローズで…」と前置きした上での宣言だった。

 幼少期の大和はヤクルトファンではなかった。では、なぜ? 話を掘り下げていくと、家族思いの男らしいエピソードを教えてくれた。「昔、日ごろから面倒を見てくれていたおばあちゃんがよく、飲むヤクルトを近くまで買いに行っていたんです。
それで、ヤクルトに入って1億円プレーヤーになれば、毎日ヤクルトを飲ませてあげられるなって思って」
。当時の心境を、笑いながらそう振り返った。

 ヤクルト好きだった祖母はプロ入りから数年後、他界した。それでも大和は祖母との約束を忘れることなく、ついに1億円プレーヤーに仲間入りを果たした。
「チームは違うから、ヤクルトは配達できませんけどね…。まあ、そこは許してもらうしかないですよね(笑い)」。天国に報告した時、祖母は喜んでくれただろう。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180102-00089597-nksports-base

なおヤクルトファンではなかった模様

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2017/12/13(水) 19:43:46.26 ID:j0I9gfiw0
最適球団は…

検討の結果、獲得が効果的でなおかつ資金面で獲得可能だった球団としてオリックス、阪神、そしてDeNAの3球団が残った。
この中で最も大和の加入が効果的といえるのはやはり獲得に成功したDeNAではないだろうか。
阪神はDeNAに比べると大和が守ることができるポジションが1つしか空いていないため、大和加入の効果はDeNAほど大きくないだろう。

オリックスは西野の二塁コンバートが決まれば大城滉二が二塁レギュラーの最右翼となるだろうか。
大城が守る二塁、ロメロが守る中堅が大和の入るポジションとなるが、これもDeNAの二遊間ほどの弱点ではない。
やはりDeNAが最適球団といっていいのではないだろうか。

二遊間が大きな弱点となっているDeNAの現状を考えると、報道にある3年3億は良い契約になるかもしれない。
唯一不安な点があるとれば、今季転向した両打ちの実力が未知数である点だ。一軍の試合で左打席に立ったのはわずか154打席。打席を重ねていけば今季の成績よりも大きく数字を下げる可能性も十分考えられる。
その場合貢献が目減りすることは頭に入れておく必要がある。そうなれば今季出場機会を得ていた二遊間の選手にもチャンスがまわってくるかもしれない。http://1point02.jp/op/gnav/column/bs/column.aspx?cid=53340

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 21:02:47.68 ID:C5d9liLh0
 DeNAのラミレス監督は4日、成田空港で離日する前に取材に応じ、フリーエージェント(FA)で大和の獲得に成功し「チームにはすごいプラス。守備もいいし、経験もある。いろいろなものをもたらしてくれる」と歓迎した。

チームには遊撃手として今季全試合に出場した倉本や二塁手で頭角を現した2年目の柴田がいるが、大和を二塁手か遊撃手で起用する構想を持っている。
「打順は2番か7番を考えている。定位置を争ってもらう」と競争でチーム内が活性化するのを期待していた。

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 13:22:03.25 ID:aOOVvtQQH
bandicam 2017-12-04 18-38-40-152

阪神からFA宣言し、DeNAに移籍した大和内野手(30)が4日、横浜市内のDeNAの球団事務所で入団会見を行った。


 大和は緊張の面持ちで、「この(FA移籍を決断するまでの)期間はすごく迷いました。高田GMからいいお話をいただいた。ここでやるんだ、という気持ちが強くなった」と説明。移籍の決め手として「守備に自信を持っている。(守備を)一番評価してくれたのがDeNA。そこが一番の決め手になりました」と明かした。

 そして「来年は新しいユニホームを着て、チームの優勝、日本一に貢献できるように頑張りたい」と言葉に決意を込めた。

 今オフ、守備力の強化を目指し、二遊間で鉄壁を誇る大和を獲得したDeNA。両打ちに挑戦した今季、打率・280をマークした打撃の評価も高い。1998年以来、20年ぶりのリーグ制覇を目指す来季。大和に対する球団の期待は当然、大きい。会見に同席した高田繁GMは、「大和選手が来てくれれば、優勝を狙える、いい戦いができると思います」と言葉に期待を込めた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171204-00000074-dal-base

5: 風吹けば名無し 2017/12/04(月) 13:23:01.98 ID:C8p+Frn+0
おーええやん
頼むで

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/02(土) 10:27:35.75 ID:m+5cTOit0
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20171201-00000019-pseven-spo
1

 阪神がDeNAの弱体化を狙うとすれば、誰を指名するのか。

「筒香嘉智などチームメイトからも信頼の厚い石川雄洋を獲得する可能性もゼロとは言えないでしょう。柴田が成長し、大和を獲得した今となっては、石川がプロテクトから外される可能性が高い。かつて選手会長を務めたこともありますし、各選手の細かい情報を持っており、チーム事情をよく知っているはず。数字に表れない貢献度を考えてもおかしくない」(同前)

 阪神の現状を素直に考えれば、人的補償は投手になりそうだが、果たして……。

※全文は上記リンクより


続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング