オススメアンテナサイト

大和

1: 風吹けば名無し 2018/04/04(水) 11:22:56.50 ID:TNc0nuQb00404
k20180403j

4月3日(火) 文化放送 くにまるジャパン極 スポーツ情熱列島 ゲスト:高木豊


・開幕3連戦を見てDeNA大和の2番は苦しい。レギュラーとしての資質を感じ取れない。今後、大和の打撃がDeNAの悩みの種になると思う。
大和はユーティリティの一流だがレギュラーとしてはランクが低い。あの形で打てるとは想像できない。
今永、濱口、ウィーランドいないのでスモールベースボールをやってる場合じゃない。大和の打撃は引っ張れない。引っ張れない左打者はいらないし2番に置く価値はない。
3戦目に7番にしたが7番にはホームランを打てる選手を置きたい。ということはベンチに下げたほうがいい。
大和は大好きだがプレースタイルが今のDeNAに合っていない。ラミレス監督も困ったから7番に下げたと思う。
大和が7番で8番が投手だったら相手は楽。9番倉本が当たってるからまだいいが。
大和は打球方向が限定されるし外野手が前で1本のヒットで帰ってこれない。早く決断した方がいい。
なぜ言うかはDeNAが優勝候補だから。これは困る。

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/03/30(金) 23:47:04.37 ID:5joRaEib0
bandicam 2018-03-31 00-12-31-433

DeNA、拙守でほころび…ラミレス監督「ミスはあるもの」

http://www.sanspo.com/baseball/news/20180330/den18033023130009-n1.html

 DeNAは2失策が失点に絡み、序盤に大量失点した。一回に今季加入した遊撃の名手、大和が失策。三回は右翼手の新人、神里が二塁手の倉本と飛球を譲り合って安打にしてしまい、さらに悪送球して5点目を失った。

 ラミレス監督は今季掲げる手堅い野球ができなかったが「僕の記憶が正しければ、大和も人間のはず。ミスはあるものだ」と責めず、打撃でも振るわなかった神里についても「先発で使う」と信頼を口にした。



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/03/25(日) 09:45:53.58 ID:KnmUtGG80
2

 では、二遊間を組んでいる倉本寿彦内野手はどうだろう。

 「一緒に守っている中で、一言一言の重みを感じています」と、大和選手の言葉をありがたく受け取っている。
「アウトを取ったときも、大和さんに『ナイスプレー』って言ってもらうとうれしい」。

 敵チームの選手として見ているときは「あそこに飛んだら嫌だな」と思っていた選手と二遊間を組めることになり、
「(打球に)合わなかったときとか、大和さんに質問しています」と、身近にお手本ができたことを喜んでいる。


 そして倉本選手も「意外に明るいんでビックリしました」と驚いている。
「もっと無口で、淡々とやってると思っていました。話してみたら、すごく話しやすいし」。やはり、そういうイメージだったんだ…。

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/03/13(火)09:17:09 ID:uWc
1

横浜DeNA大和に聞く「阪神攻略法をナインに聞かれたらどう答えますか?」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180223-00000003-wordleafs-base&p=4

「大和さん、阪神の攻略方法を教えてください」と、ナインに聞かれたらどう答えますか?
「普通にやれば勝てると思っています。それこそベイスターズは勢いに乗れば止められないチーム。その勢いを大事にしたい」

 “普通にやる”が難しいのが野球というスポーツだが、大和には“普通にやる”ためにこのチームで果たさねばならない役割がある。
「ゲームで結果を求められるのは当たり前です。経験もある。プレー以外でも、このチームに伝えることは一杯 あると思う。カバーできるところをしていきたい」

 プレー以外でも?
「例えば、どんな選手でも打てないときは打てない。そういうスランプで、メンタル的にどうすればいいか、カバーできるところはカバーしてあげたいんです」

 阪神時代の大和はここまでリーダーシップを意識したような発言はしなかった。
 インタビューの最後に失礼を承知で話をぶり返してみた。
 後悔することはありましたか?
 「何の後悔ですか?」
 大和に、そう聞き返された。

 FAで横浜DeNAへ移籍したことへの後悔を?
「後悔をしたくなかったんです。阪神に残ってプレーする選択肢もありましたが、他球団で勝負してダメならダメ。良ければ、試合に出られる。ハッキリする環境が欲しかったんです。今、移籍して良かったと思います。一度も後悔はありません」

 そしてこう続けた。
「甲子園では野次られることもあるかと思いますが、打って、守って、横浜DeNAに貢献したとき、それがタイガースへの恩返しになるのではないでしょうか」
 
 大和の野球人生を賭けた開幕が迫っている。

※全文は上記リンクより

続きを読む

bandicam 2018-02-11 14-46-35-685

1: 風吹けば名無し 2018/02/11(日) 19:55:10.24 ID:E5+GgVMra
 DeNAにFAで加入した大和内野手(30)が今季初の対外試合となる古巣阪神との練習試合に「2番遊撃」で先発し、阪神ファンからも大きな拍手で迎えられた。

 スタメン発表時や打席に入るアナウンスが響くと、阪神のキャンプ地を訪れたファンから歓声が湧き起こった。第1打席は一飛、第2打席は11球粘って四球を選んだ。

 「試合に入れば普段通り楽しくできました。(拍手は)やっぱりうれしかったです」と感謝した。

https://www.nikkansports.com/m/baseball/news/201802110000578_m.html?mode=all


続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2018/02/08(木) 23:26:38.54 ID:lxM/k7MR0
DeNA大和2・11阪神戦「2番・遊撃」 ラミ監督スタメン明言

DeNAのアレックス・ラミレス監督が8日、今年の初実戦となる11日の練習試合・阪神戦(宜野座)で、阪神からFA移籍の大和内野手(30)を「2番・遊撃」でスタメン起用することを明言。大和が古巣相手に新天地での一歩を踏み出す。

「(阪神戦は)大和が2番になると思う」と明かしたラミレス監督。FA加入の
新戦力を、いきなり実戦初戦から古巣の猛虎にぶつける異例の起用だ。さらに阪神戦では遊撃に就く予定で、今キャンプから取り組む二塁・倉本との新布陣を試す。大和も「実戦の中でしか分からない部分がある。
試合でコンビネーションを高めていければ」と新たな相棒との連係に自信を示していた。まずは「投手の球も見ていないし、試合勘もないので、やることはたくさんある」という初実戦。古巣に対しては「思い入れもある」としながら、「試合になれば全力を尽くすだけ」と大和。さまざまな思いを胸に、新たなスタートを切る。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000047-dal-base

続きを読む


1: 風吹けば名無し 2018/02/03(土) 07:55:31.97 ID:oSE/AAsa0

1

 DeNAラミレス監督が新二遊間をテストした。

 昨季遊撃でフルイニング出場した倉本を二塁にコンバート。初体験の倉本は「景色も角度も全然違う。プラスになることもあるし、楽しさもある」と前向き。ショートでは大和が安定した守備を披露。同監督は「倉本がセカンドをできればよりオプションが増える。(元中日の荒木、井端のコンビ)アライバが思い出される」と、名コンビを引き合いに出した。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201802030000101.html


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/02/02(金) 18:34:08.99 ID:6/8i6vZt00202
1
DeNA・大和、華麗な遊撃守備披露 ラミ監督、二塁起用示唆も「勝つための使い方を考えていく」 

 DeNA春季キャンプ(2日、沖縄・宜野湾)阪神から移籍した大和がシートノックで遊撃に入った。ラミレス監督からは二塁での起用を示唆されているが、華麗な球さばきを見せ「どちらもできる態勢をつくりキャンプインしている」と自信を示した。

 ラミレス監督は「勝つための使い方を考えていく」と、球界屈指の守備力を最大限に生かす意向だ。昨季遊撃で全試合フルイニング出場した倉本は、ほぼ経験がないという二塁に入って特守もこなし「挑戦していかないと」と前向きに話した。 
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180202/den18020218190005-n1.html

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング