オススメアンテナサイト

多村仁志

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1


1: 風吹けば名無し 2021/03/01(月) 19:11:15.31 ID:2RlZUj/3d
チームの看板選手の中の1人だったからやっぱり批判が多かった?

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
tamura

1: 風吹けば名無し 2020/12/08(火) 19:18:41.05 ID:N1k0wwKMr
高木豊チャンネルより


2: 風吹けば名無し 2020/12/08(火) 19:19:13.20 ID:N1k0wwKMr
えなんでこの程度で休むの?と思っちゃうらしい

4: 風吹けば名無し 2020/12/08(火) 19:19:49.22 ID:jDWEPxz40




って高木豊も思ったやろな

7: 風吹けば名無し 2020/12/08(火) 19:20:26.33 ID:jq3un44V0
重い怪我で離脱してただけだからセーフ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title


1: 風吹けば名無し 2020/12/05(土) 22:01:20.85 ID:vpR9YpPT0
ええんか…

2: 風吹けば名無し 2020/12/05(土) 22:01:41.29 ID:vpR9YpPT0



10分30秒ぐらいから

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
tamura

1: 名無しさん@おーぷん 20/05/03(日)20:11:17 ID:f0v
6ツールプレイヤー

2: 名無しさん@おーぷん 20/05/03(日)20:11:52 ID:AHe
スペランカーの元祖

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
tamura

1: 風吹けば名無し 2019/12/20(金) 13:15:09.41 ID:k24gsdBk0
今何してるんやろ

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1

1: 風吹けば名無し 2019/11/09(土) 16:32:40.36 ID:hwFB+5iR0
美しい

4: 風吹けば名無し 2019/11/09(土) 16:33:31.64 ID:AHgLB0szd
さすがWBC戦士

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2018-09-15 01-30-16-791

1: 風吹けば名無し 2018/09/14(金)23:46:08 ID:Klu

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)02:02:15 ID:iGj
no title


帽子を持参する力の入れよう

3: 名無しさん@おーぷん 2018/06/30(土)02:11:30 ID:3dY
Abemaのこういう小ネタほんとすこ
中継で表示される謎データもすき

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
51

1: 名無しさん@おーぷん 2017/09/03(日)00:18:41 ID:xjg
 地元・横浜スタジアムでのクライマックスシリーズを目指す横浜DeNAを牽引するのがセ・リーグの首位打者、宮崎敏郎内野手だ。
プロ野球選手の中では小柄ともいえる体格ながら、持ち前の巧みなバットコントロールに課題の守備も向上、「5番三塁」で固定されると、プロ5年目の今季にブレイクした。
広角に打ち分ける打撃が魅力の宮崎だが、1軍と2軍を行ったり来たりしていた時期に、日本球界を代表する2人の「右の強打者」に学ぶ機会があった。日本代表としてWBCにも出場した多村仁志氏と、日本球界2101安打を誇る中村紀洋氏だ。

 多村氏とは入団した2013年から2015年まで、ともにグラウンドで汗を流した。行動を共にすることも多く、兄のように慕っていた。
「バッティングのこととか、どういう気持ちで打席に入っているとか、いろいろ教えてもらいました。怒られたこともありましたけどね」。
多村氏が横浜DeNAの退団が決まり、2軍のグラウンドに挨拶に行くと、宮崎は1人号泣したという。
「いろんなことを聞きました。僕は結構、多村さんのことが好きだったんで。多村さんがどうかわかりませんけど」と笑った。

宮崎がプロ入り間もない2年間、目に焼き付けたのが日本球界で2101安打を放った中村紀洋氏だ。
多村氏から、手本にするようにアドバイスを受けていた宮崎だったが「雲の上の存在というか。難しいですね。
僕では理解できないというか、僕の体ではできない体の動きというか。考え方はわかるけど、できなかったですかね」と振り返った。
体格やバットさばきから似ていると言われることもあるが「プレッシャーですね。でも上を目指して頑張りたいです」と神妙な面持ちで答えた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170902-00010007-abema-base

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/20(木) 16:05:54.46 ID:/hfPUR3i0
プロ野球の横浜、ソフトバンクなどで活躍し、現在はAbemaTVなどで解説を務める野球評論家の多村仁志氏(40)が、横浜DeNAの5番打者としてブレーク中の宮崎敏郎内野手(28)について、「手首の使い方が柔らかい」と評価した。
現役時代にもアドバイスしてきた後輩に「もともと打撃は入団してきた時から、よかったですから」と、活躍に目を細めた。

 入団5年目にして、今やすっかり横浜DeNAの主力打者として5番を任されている。「ファームのころにもよく見ていました。
守備が課題でしたが、今は三塁で頑張っている。僕も28歳の時にブレークできたし、同じ5番を打っているので、自分と同じような感覚で見ています」、当時の自分と重ねながら注目している。
評価ポイントは、持ち前の手首の使い方だ。「手首の可動域を最大限に活かせている打者の一人だと思います。 
右方向に大きな打球が打てるし、ボールとバットのコンタクトがうまいバッター。 
伝えるのが難しいんですが、打ち損じをしそうなところを、手首の柔らかさをいかしてバットの芯で当てられる、という感じです」と表現した。 
ボールとバットの接触は、距離にして数ミリ、角度も1度違えば、ヒットにも凡打にもなる。 
接触の瞬間、手首に柔軟性で微調整ができることは、ミリ単位で勝負するプロ野球の世界では大違いだ。 


 タイプとしては、日本のプロ野球で2101安打を放ち、横浜DeNAで現役を終えた強打者・中村紀洋に似ているという。 
「打ち方、タイミングの取り方はノリさんとよく似ています。本人にもノリさんのバッティングを見ろ、言葉をもらえと言っていました」と、当時を振り返った。 
右打者ながら右方向にも長打を放つ大先輩に、アドバイスを受けた成果がいよいよ実を結んできた。 

1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170720-00010003-abema-base

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング