オススメアンテナサイト

内川聖一

bandicam 2018-05-16 02-04-24-169

1: 風吹けば名無し 2018/05/18(金)19:20:00 ID:SPy

 5月10日、YouTubeに一本の動画がアップされた。『HAMASTA 40th ANNIVERSARY special movie long ver.』と題されたそれは、4月の横浜スタジアム40周年記念イベントで流された映像のロング・ヴァージョン。1978年4月4日の記念すべき初試合に先発した斎藤明夫や当時の主砲・松原誠が横浜移転当初の歓迎ぶりを語り、他球団のコーチを務める田代富雄に石井琢朗、金城龍彦までコメントを残してくれた。

 特に98年の優勝を引っ張ったチームリーダーでありながら最終的に横浜を去った石井琢は「やり残したという気持ちはすごくありました」とヤクルトのユニフォーム姿で告白した。チームも琢朗も、ファンもみんなが苦しかったあの時代を知る人は、この時点で涙腺が潤んでくるのではないだろうか。


内川の心の片隅に残っていたベイスターズへの思い

 さらに驚いたのは、ソフトバンクの内川聖一が登場したこと。
FA移籍して7年半が経ち、動画がアップされた前日に通算2千安打を達成した彼はこの夏36歳を迎える。
昔はツルンとした卵型フェイスにギョロ目が印象的だったが、その目尻はやや細くなり、額や口元に年齢なりのシワが寄っているのを見ると、それからの月日の長さを否応なしに感じてしまう。。それくらい、筆者の脳裏にはいまだに横浜ベイスターズ・内川聖一の姿が焼き付いている。

 ウッチーは映像の中で、FA移籍した当時をこう語る。

「本当は何も言わずに出ていくことが一番綺麗に出て行けたのかもしれないですけど、僕はどうしてもチームの状況を変えたかったですし、どうにかしたかったという思いの中で、思っていたことを全部言わせてもらってチームを出ましたので、あいつ好き勝手言いやがってというファンの方もいたかもしれないけど、そこに愛情があったからこそ、言わなくてはいけないと思っていた。でも今、チームが生まれ変わって日本一を争うようになってくれたことは素直に嬉しく思っています」

 さらには日本シリーズで古巣と戦ったことについても「僕らのときにはそういう環境にファンの方を連れて行くことが出来なかったので、嬉しかったですね」と笑顔で話すウッチー。まさかこんな日が来るなんて思わなかった。彼の心の片隅には、ベイスターズへの思いがちゃんと残っていたのだ。

 筆者は昨年ベイが日本シリーズに進出したことの意味の大きさを改めて感じた。ハマスタ40周年という区切りがあったとはいえ、昨年の躍進がなければホークスのキャプテンを務め、主軸に座るウッチーが横浜球団の公式映像に出演してあの頃を振り返るなんてことはなかったんじゃないか、と。

※全文は下記リンクより


続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2018/05/10(木) 09:12:35.05 ID:yId4DTOH0
ソフトB内川 愛子さまにもきっと届いた偉業 サイン入りバットの逸話
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180510-00000066-spnannex-base

内川家には秘蔵の写真がある。皇太子さま、雅子さま、愛子さまとソフトバンク・内川が一緒に写った貴重な一枚である。

09年に世界一連覇を果たしたWBCで活躍した内川を愛子さまが気に入り、同年7月に神宮球場で行われた横浜―ヤクルト戦を観戦した。
試合前には「自分でいいのかと思ったけど、愛犬の話をさせていただいた」と共通の話題で盛り上がり、緊張が和らいだことを回想している。

この話には後日談がある。内川は野球に興味を持っていた愛子さまへサイン入りのバットをプレゼントした。
どこかに飾ってもらえればという思いだったが、喜んだ愛子さまは下校すると、毎日のようにそのバットを握っては、まさかの「ティー打撃」をしていると聞いた。

内川はその姿を思い浮かべ、恐縮するとともに喜びの感情があふれ出た。
偉業達成を愛子さまもきっと喜んでいるだろう。

3: 風吹けば名無し 2018/05/10(木) 09:13:54.55 ID:mY190i4S0
ちょっと草

7: 風吹けば名無し 2018/05/10(木) 09:14:32.45 ID:BRkHqx80M
イイハナシダナー

2: 風吹けば名無し 2018/05/10(木) 09:13:04.66 ID:TI4noT8LM
さっき見て草はえたわ

続きを読む

14: サイカイへのショートカット ★ 2018/05/09(水) 20:02:50.98 ID:CAP_USER9
ソフトB内川、通算2000安打達成!史上51人目 王手から15打席目
5/9(水) 20:01配信 スポニチアネックス

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180509-00000116-spnannex-base

no title

ソフトバンクの内川聖一内野手(35)が9日、メットライフドームで行われた西武6回戦で通算2000安打を達成した。昨年9月8日に阪神の鳥谷敬がDeNA戦(甲子園)で達成して以来、プロ野球史上51人目。

「4番・一塁」で先発出場。5日のオリックス戦(ヤフオクD)第2打席で1999安打目を放って以降11打席ノーヒットと足踏みしていたが、8回の第4打席で快音を響かせ、金字塔を打ち立てた。

初安打は横浜時代の02年4月24日、中日戦でギャラードから記録。節目の数字まで残り25本として今季に臨み、プロ入り18年目、1800試合目に大台に到達した。

内川は00年のドラフト1位で横浜に入団。8年目に一塁のレギュラーに定着して初めて規定打席に到達し、自身初の首位打者に。打率・378は、右打者のプロ野球記録となった。10年オフにFA権を行使してソフトバンクに移籍。1年目に打率・338をマークし、40年ぶり2人目となる両リーグ首位打者となった。

12: 名無しさん@恐縮です 2018/05/09(水) 20:02:30.39 ID:gzRV56Ej0
ようやく出たか
おめでとう

続きを読む

チック許した😢

2: 風吹けば名無し 2018/01/03(水) 05:21:48.94 ID:qnEflEDX0
本音が○

3: 風吹けば名無し 2018/01/03(水) 05:22:12.57 ID:qnEflEDX0
皆見てくれや

4: 風吹けば名無し 2018/01/03(水) 05:22:31.06 ID:C9wVdNPq0
サンキューチック

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/09(土) 05:00:57.99 ID:2BaUtq5S0
bandicam 2017-12-09 08-09-40-328

 「内川さんのバットを触ってみたかった。僕には扱えそうにないバットでした。
長いですし、くりぬきはされていたんですけど、僕には重くて操作ができないと思いました。でも触らないと分からないので、いろいろ勉強になりました」と話した。
※全文は下記リンク先より
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201712080000702.html

2: 風吹けば名無し 2017/12/09(土) 05:01:30.55 ID:39hND/rra
やっぱりな

4: 風吹けば名無し 2017/12/09(土) 05:01:46.68 ID:4WmsRq560
宮崎のバットって軽かったっけ

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2017/11/05(日) 08:02:34.53 ID:ocHMwd/yd

 主将になった2015年は、日本シリーズ直前にあばら骨を折って出場できなかった。今回は何とか無事にシリーズを迎えたいと、気を使っていた。そんな中、DeNAとの対戦が決まってからずっと「古巣との日本シリーズ」と言われた。余計な意識が入らないように、無意識にガードしていた自分もいたと思う。今はすっきりした解放感がある。

 シリーズ前の共同インタビューで、DeNAとの対戦について問われ「どうでもいい」と答えた。日本一を争う舞台では、相手が古巣であろうとなかろうと絶対に勝ちたいし、その場に個人的な感情を持ち込む必要はない。だから、質問自体に意味がないと思った。

 横浜には恩がある。高校(大分工)1年秋に左足のかかとの骨に穴が開く病で手術した僕を、ドラフト1位で指名してくれた。大学かプロか、進路でずっと悩んでいた。プロでやれる自信もなかったし、大学に行けば4年夏にアテネ五輪を迎えることができた。

 当時の代表はアマチュア選手が中心の編成。縦じまで、左胸に日の丸が入ったユニホームを着たいという夢があった。ただ、プロで通用しなかったとしても大学には入れるけど、大学に行ってもプロになれるとは限らない。そう思ってプロ入りを決断した。横浜が足の病気を理解してくれていたことも大きかった。

■伸び悩み引退も…母の言葉で目が覚め

 1年目で開幕1軍に入ることができたけど、5年目ぐらいまでは毎日必死だった。レギュラーをつかみかけては離す。そんなことが続くうちに、他球団では同い年の中島(元西武、現オリックス)や片岡(元西武、巨人、来季から巨人コーチ)が活躍し始め、置いていかれる感覚があった。

 このままだらだらしていても仕方ないと思い07年オフ、野球道具をまとめて母(和美さん)に電話で「野球、やめるから」と言った。「もっとがんばりなさい」と言われると思っていた。だけど、違った。「あんたが好きで野球を始めたのに、嫌いになってまでしなくていい。やるだけやったんでしょ?」。ハッとした。本当にやりきったのだろうかと。

 そのとき出会ったのが打撃コーチに就任した杉村繁さん(現ヤクルトコーチ)だ。それまで、打撃に関して人の言葉に耳を貸したことはなかった。駄目になってもいいと思っていたから話を聞けた。どんな打撃がしたいか聞かれ、前でさばいてカーンとホームランを打ちたいと言った。すると「ばかたれ! (前年まで所属の)ヤクルトはその打ち気を利用して、体を前に出させて打ち取ろうとしている」と言われ、驚いた。

 それから、とことん練習に付き合ってもらった。試合前は必ずティー打撃。そうしているうちに結果も出始めた。レギュラーをつかみ、首位打者のタイトルまで取れた。翌年にはWBCにも出られた。結局、日の丸のユニホームを着る夢もかなった上に、世界一も経験した。あの2年がなければ、今の僕はない。

 ただ、WBCでの息詰まる戦いの後、チームに戻るとギャップに苦しんだ。レギュラー、主力と立ち位置が変わるにつれ、自分の成績だけでは満足できずイライラが募り始めた。だけど誰も、チームが強くなるすべを知らない。「1人だけ打って調子に乗るなよ」「打てれば何でもいいのか」。そんな声が耳に入るようにもなったが、打たないことには勝てないでしょ…って心の中で思っていた。

■酸いも甘いも知った横浜の10年間

 球団にも本拠地移転や身売り話が出て、落ち着かなくなっていた。FA権を得て、自分が選んだチームに行けるのはこれが最後だろうと思った。家にいたら電話が鳴りやまず、妻(翼さん)と軽井沢(長野県)に行って、静かな中でゆっくり考えた。優勝争いをしているチームがどういう感覚でプレーしているのか知りたかった。そして、野球を始めてから僕を見てくれた大分の人に、生で観戦してもらえる環境は九州のチームに行くことだと思った。

 移籍1年目の11年、横浜との交流戦でブーイングを浴びた。覚悟はできていたけど、そのころはファンの反応が気になりネットの書き込みを見た。交流戦でMVPを取ったときに「横浜では縁がなかった」と言った。それが「横浜をバカにしているのか」とファンを怒らせた。すべてが、ホークスとベイスターズの比較論になることに戸惑いながら、自分ではどうすることもできなかった。

■今のDeNA選手 ファンに夢見せた 僕はできなかった

 横浜を嫌いになったことはない。今でも自宅のショーケースに横浜時代の帽子やユニホーム、野球用具一式を飾っている。横浜に自分がいた証しだから。ただ僕がいたころの横浜と、今のDeNAは別物だと感じている。親会社が代わり、ユニホームやマスコットだって当時と違う。選手もほぼ入れ替わった。新しい球団になって人気が出たのだと思うと、ちょっとした寂しさもある。

 今のDeNAの選手たちには、僕が横浜にいたときにはできなかった、ファンに日本一を夢見るチャンスをつくってくれて感謝している。だからこそ思う。次は互いにリーグ優勝して、もう一度日本シリーズで戦いたい。そのときは僕の中でもまた、新たな感情が生まれるのではないかという期待があるから。 

※全文は下記リンク先より

http://www.nishinippon.co.jp/hawks/article/371288


続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/10/26(木)11:44:50 ID:Zez
1

1998年以来19年ぶりに日本シリーズに進出するベイスターズを知る内川と吉村が古巣との頂上決戦に感慨深げだった。
内川が横浜に所属していた01~10年のシーズン最高順位は3位。
「いたときにできなかったこと(日本一)の、夢を見せられるようにしてくれたことはありがたい」と激闘のCSを勝ち抜いたDeNAナインに感謝。
03年から、親会社が変わった12年まで所属した吉村は「チャンスがあれば、頑張っている姿を見せたい」と“恩返し”を誓った。
https://www.nishinippon.co.jp/amp/nsp/hawks/article/368762/

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング