オススメアンテナサイト

倉本寿彦

1: 名無しさん@おーぷん 19/11/04(月)19:28:17 ID:fzU

1

 DeNA・ラミレス監督がフリー打撃を終えた倉本を「3割を打てる」と高評価した。

 マウンドとバッターボックスの中間地点で話し込んだ2人。指揮官は「ブラストモーションの数字を見ても、彼はこのチームで最も安定した数字を出している。打ち方などもシーズン中と全然違うというのは、ブラストモーションの数字が明らかにしてくれている」と不振に終わった今季からの変貌ぶりに期待感をにじませた。

 さらに会話の内容について「今の状態だったらシーズンで3割打てるのは間違いないという状況という話をしました」と明かした。「やはり彼は守備というより、打が特長の選手。そこで結果を出さないと、なかなか1軍で定着することは難しいというのは彼も分かっている」と来季の巻き返しに期待した。

https://www.daily.co.jp/baseball/2019/11/04/0012848627.shtml

ちなソース

2: 名無しさん@おーぷん 19/11/04(月)19:28:41 ID:fzU
やっぱり「逸材」なんやね・・・


続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/08/30(金) 16:02:07.66 ID:iPEAtp/n0

4: 風吹けば名無し 2019/08/30(金) 16:03:04.11 ID:QTWF0IXV0
ファッ⁉︎ゆきや下げるんか

5: 風吹けば名無し 2019/08/30(金) 16:03:04.84 ID:GXsI/wnN0
まさかの伊藤抹消

続きを読む

1400111_detail

1: 風吹けば名無し 2019/08/30(金) 10:52:47.77 ID:kcextsDJr
 DeNA・倉本寿彦内野手(28)が30日の広島戦(マツダ)で1軍に昇格することが決まった。

 今季は13試合で打率1割4分3厘と不調で、6月5日に2度目の登録抹消後は2軍生活が続いていたが、シーズン終盤で約3か月ぶりの昇格となる。

 17年には遊撃手としてフルイニング出場。9番打者として50打点を挙げた勝負強さを見せたい。

 今季、イースタンでは55試合で打率2割4分4厘、4本塁打、19打点だった。

続きを読む

bandicam 2019-05-03 21-16-18-052

1: 名無しさん@おーぷん 令和元年 05/03(金)14:02:18 ID:ug5
格が違うな



続きを読む

1700020 1400111
1: 風吹けば名無し 2019/02/27(水) 14:13:01.86 ID:eVMqgDb2d
 昨季はFAで獲得したショートの大和が攻守に振るわず、そのシワ寄せでショートからセカンドへ回された倉本も調子を落として二軍落ち。一塁はロペス、三塁は宮崎がレギュラーとして、懸案の二遊間は誰を固定するのか。永池内野守備走塁コーチに聞いてみた。

「セカンドはソトです。一塁や外野(ライト)と兼用というより、基本的にセカンド一本。本職ではないので、不安もあるといえばありますけど、そこはこちらも承知の上なんでね。守れる範囲で守ってくれればいい、という方針でいきます」

 永池コーチが明かした通り、185センチ、97キロの“超大型セカンド”ソトの守備力には不安がつきまとう。メジャーはもちろんマイナーリーグでもあまり経験がなく、昨年7月に固定されてからも危なっかしいところが目立った。今キャンプでは早出特守にも取り組んでいたが、視察に訪れた他球団関係者は「ソトがセカンドならありがたいね」と語っていたほど。となると、ショートには、そんなソトをカバーできる守備力の持ち主が必要だ。

 復活を期す大和、4年目の柴田、ドラフト2位新人・伊藤裕(立正大)らがひしめいている中、最有力候補はやはり、一昨年まで3年間レギュラーを張っていた倉本。今キャンプではセカンドとの掛け持ちを拒否し、「もう一度ショート一本で勝負したい」と首脳陣に訴えていたという。

 下馬評の低いDeNAのカギを握っているのは、意外に倉本やソトのような脇役ではないか。あっ、もちろん、田代、永池コーチの指導力も。
(全文はリンク先)

2: 風吹けば名無し 2019/02/27(水) 14:13:57.96 ID:t7Ysq9ZX0
ソトが脇役…?

続きを読む

1400111_detail

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)13:58:39 ID:AOu
 横浜DeNAベイスターズの茅ヶ崎市萩園出身・倉本寿彦選手(28)と茅ケ崎西浜高校出身・古村徹投手(25)の「茅ヶ崎コンビ」が沖縄県宜野湾(ぎのわん)市で行われている春季キャンプで、シーズン開幕へ向けてアピールを続けている。

 今季は再びショートのレギュラー奪取に燃える倉本選手。プロ5年目を迎えた背番号5は「体調も良く順調。思った通りの練習ができている」と充実したキャンプに笑顔を見せる。

 今キャンプで最も重点を置くのはバッティング。自身が掲げる「打率3割、二桁本塁打」を果たすために全体練習後には、夕方まで自主練習に取り組み、全選手の中で倉本選手が最後に球場を出る姿は恒例となっている。「実戦でどうするかを考えながらスイングは数多く振っている。自分が打たないと」と今季にかける思いは人一倍強い。最初の実戦形式となるシート打撃では2安打、2月16日の東京ヤクルトとの対外試合でもタイムリーヒットが飛び出すなどその成果は確実に表れている。

 倉本選手は「古村が投げている時に後ろを守ることが楽しみ。一軍で2人で試合に出て勝てるように頑張りたい」と昨年の4位から巻き返しを図るために共闘を誓った。
(続きはリンク先)
https://www.townnews.co.jp/0603/i/2019/02/22/470558.html

6: 名無しさん@おーぷん 2019/02/22(金)19:46:58 ID:Bte
倉本が打てるようになるとDeの層は厚くなる

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/25(火) 21:23:49.24 ID:tbejQXfWdXMAS
no title

no title
no title

no title




3: 風吹けば名無し 2018/12/25(火) 21:24:31.13 ID:tbejQXfWdXMAS
これはハマの野武士

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング