オススメアンテナサイト

佐々木主浩

1

1: 風吹けば名無し 2019/05/09(木) 10:50:37.55 ID:r4si8Thra
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00188185-baseballk-base
8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で
解説を務めた佐々木主浩氏が、DeNAの打線について言及した。

DeNAは開幕から2番に宮崎敏郎やソト、セカンドにソトを置くなど
超攻撃的なオーダーを組んでいる。

佐々木氏は「このメンバーを今見ていて打つしかない。
基本的には足を使ったりとか、細かいことをやらないメンバーですよね。
仕掛ける感じはないですよね」とチクリ。

1、2番に攻撃的な選手に置くことについては
「メジャーとは違うので、日本の野球をしたほうがいい。
ここはメジャーリーグではないので…」と話していた。

ちなみにDeNAはチーム犠打数はリーグ4位の22犠打だが
チーム打率、盗塁数はリーグワーストの.232、7盗塁となっている。

▼ 8日巨人戦のスタメン
1(中)神里和毅
2(三)宮崎敏郎
3(二)ソト
4(左)筒香嘉智
5(一)ロペス
6(右)佐野恵太
7(遊)大和
8(捕)嶺井博希
9(投)大貫晋一

続きを読む

daimajin

1: 風吹けば名無し 2019/03/27(水) 10:29:54.11 ID:B6/wwnLL0
◆佐々木氏の予想
<1>巨人 <2>DeNA <3>広島 <4>ヤクルト <5>阪神 <6>中日

 ◇  ◇  ◇

セ・リーグで注目しているのは私の古巣であるDeNA。去年なかなか結果を出せずに苦しんだ選手が、どれだけ戻ってくるかによって順位が変わってくる。
今永(昨年4勝11敗)、石田(同3勝7敗)、浜口(同4勝5敗)の左3本に井納(同6勝3敗)。彼らに本来の投球が戻ってくるのであれば優勝の可能性も出てくる。

このチームは不確定要素が多い。昨季チームトップの11勝を挙げ、今季は開幕最有力とされていた東が左肘違和感でキャンプは2軍。開幕には間に合わず、実戦復帰は4月以降ということで、それがチームにどう影響するか。
もともと筒香、宮崎、ソト、ロペスという打線はリーグでも有数の破壊力を誇る。投手陣がはまれば優勝まであるし、はまらなければ5位もある。振れ幅の大きいチームといえる。

続きを読む

sasaki

1: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 08:25:40.90 ID:6baqLzQa0
 元メジャーリーガーで、今季から千葉ロッテマリーンズの1軍投手コーチを務める吉井理人氏(53)が所有するマゼ(牡3歳、栗東・安田翔)が、6日の京都2Rで鮮やかな逃げ切り勝ちを決めた。

 所有馬3頭目、通算19戦目での初勝利に「ユタカ君(武豊)で挙げられて良かった。足が震えましたね」と満面の笑み。単勝1・8倍の断然人気に応え、「(来月からキャンプが始まるため)12月と1月しか見に来れないですからね。馬が頑張ってくれましたし、調教師、スタッフの方に感謝です」と喜んだ。

 初Vへと導いた武豊も「選手の頃からの付き合いで、長年の夢がかないました。うれしい1勝です」と笑顔がはじけた。

 なお、元プロ野球選手の主な馬主成績は、佐々木主浩氏が327戦52勝(うちG1・4勝)、三浦大輔氏が101戦10勝となっている。(6日現在)


8: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 08:31:30.60 ID:9KT+rTscd
ばんてふがそんなに勝ってたん驚きやな

21: 風吹けば名無し 2019/01/07(月) 08:37:55.72 ID:rSWQ6y8Wa
G14勝はすごい

続きを読む

sasaki

1: 風吹けば名無し 2019/01/02(水)12:25:05 ID:R14
ニッポン放送で言ってた



続きを読む

キャプチャ_2018_05_27_20_58_08_77

1: 風吹けば名無し 2018/05/29(火) 10:33:14.44 ID:i75JSGx00
佐々木氏が感じたDeNA・国吉の変化
https://baseballking.jp/ns/154509

「持っているものは凄いので、チームとして期待しているピッチャーの一人ではあるんですよね」。

 国吉は2012年に先発ローテーションに定着し、2014年にはリリーフを中心に49試合に登板したが、2016年が1試合、2017年が4試合と、ここ2年は苦しいシーズンが続いた。その間、山崎康晃、石田健大、今永昇太、浜口遥大といった若手が台頭。チームも若い力で昨季は日本シリーズ進出を果たした。

 佐々木氏は今季の国吉の投球を見て、これまでと変化を感じたという。「国吉を見ていて、これだけ気持ちが入るようになったんだと見直しました」と目を細めた。「それまでは淡々と投げていたピッチャー。投げている姿を見て気持ちが入っているボールを放っている」と続けた。

※全文は上記リンク元より

続きを読む

1

151: 名無しさん@おーぷん 2017/10/30(月)16:56:38 ID:sZT

「SMBC日本シリーズ2017」第3戦の始球式は佐々木主浩さん(元横浜投手)、国歌演奏は神奈川フィルハーモニー管弦楽団。第4戦の始球式は上與那原寛和さん(車椅子陸上トラック競技選手)に決まりました。

#NPB #日本シリーズ

続きを読む

 ドバイ国際競走が25日、UAEメイダン競馬場で行われた。G1・ドバイターフ(芝1800メートル)は後方を進んだ昨年の秋華賞馬ヴィブロス(牝4=友道)が新コンビのモレイラを背に外から豪快に突き抜け、G1・2勝目。07年アドマイヤムーン、14年ジャスタウェイ、昨年リアルスティールに続き、日本馬4頭目の同レース制覇を飾った。

 小さな馬体を大きく躍動させ、世界の強豪を撃破した。昨年の秋華賞馬ヴィブロスが新コンビを組んだモレイラに導かれ、雨のカーテンを切り裂いた。道中は後方3番手を追走。4コーナーで後方インにいたが、直線では魔術に操られるように、いつの間にか馬群を縫って外に出した。先に抜け出したエシェムを計ったように抜き去って1着ゴール。殊勲のモレイラは「馬場は水分を含んでいたけど、硬くてこの馬に合っていた。先生(友道師)とは後ろから行こうという作戦を練っていた。向正面で風が強く、内に入れた。直線は内ラチ沿いを嫌がったので外に出したら、馬が動いてくれたんだ。素晴らしい馬だ」と声を弾ませた。さらに「陣営(厩舎スタッフ)が凄くいい仕事をしてくれた。彼女が成し遂げたことは、どんな馬でもできることではない」と最大級の賛辞を贈った。

 姉は13、14年のヴィクトリアMを連覇したヴィルシーナで、友道厩舎ゆかりの血統。友道師は目を真っ赤にし「ドバイに来てからもいい雰囲気。雨は降っていたけど、日本馬向きの馬場だった」と感無量。一方、オーナーで元メジャーリーガーの佐々木主浩氏(49)は海外初挑戦でV。外ラチ沿いで必死に声援を送った同氏は「よく、覚えていません…。祈るような思いで見ていました。海外G1は先生(友道師)の夢でもあった。本当にうれしいです」と言葉を振り絞ると、同行した加奈子夫人は「小さな体でよく頑張ってくれました」と号泣。そして、主浩氏と喜びのハイタッチをした。

※全文は下記リンクより
no title

1: 名無しさん@おーぷん 2017/03/26(日)00:41:46 ID:e2i
やったぜ。

3: 名無しさん@おーぷん 2017/03/26(日)00:50:45 ID:3Sq
馬主としてガチで成功してて草

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング