オススメアンテナサイト

乙坂智

otosaka

Honeycam 2018-05-01 20-47-29

1: 風吹けば名無し 2018/05/01(火) 23:38:20.80 ID:tkZeRqDz0
桑原神里で競わすなら乙坂も入れたらよくない?

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 14:50:15.30 ID:5LfEsPDN0
1

DeNA乙坂智外野手(23)が、メキシコで濃密な時間を過ごして帰ってきた。11月中旬、日本シリーズ終了直後からメキシコでのウインターリーグに参加した。単独武者修行は約1カ月半。心なしか、声は大きく、胸を張り、自信に満ちあふれていた。


【写真】今永のズボンを必要以上にあげるDeNA筒香

 スーツケースを手に飛び立つ直前、成田空港のショップで買ったのは、ハチマキだった。「なにか日本らしいものがあったらいいなと思って」。選手はチームで日本人ただ1人。通訳もいない。見知らぬチームにとけ込めるか不安がよぎっていた。

 ヤキス・デ・オブレゴンの一員として合流初日。いきなり先制パンチを食らった。バス移動で、目的地は1000キロ以上離れたハリスコという町だった。バスに座っていると、メキシコ人が近づいてくる。「そこをどけ。そこは選手が座るところだ。お前が座るところじゃない。お前は一番前に座れ」。洗礼を受け、さらに10時間近い長距離移動。「これは結果で黙らせるしかない」。そう誓った初日だった。するとデビュー戦で3安打猛打賞。転んでもただでは起きなかった。


 日本のプロ野球ではあり得ない移動だが、選手たちは当たり前のようにプレーする。「来年の所属チームが決まっていない中、家族のためにプレーしている選手がほとんど。日本からきたからポジションがあいているという訳ではない」。監督、コーチがクビになり、米国からきた助っ人が翌日には、姿がいなくなっていた。結果を残さなければ試合には出られない。必要とされない。「毎日がヒヤヒヤで、結果を出すために全力プレーするだけだった」。異国の地では、驚きの連続だった。

 つたないスペイン語を駆使し、初日のバスで「どけ」と言われたサイモン打撃コーチに自ら歩み寄る。「僕は日本で活躍がしたい。思ったことは全部言ってくれ」。連日の早出特打。「労を惜しまず教えてくる。毎日付き合ってもらい、いいアドバイスをいただいて、結果につながった」と、初日のわだかまりは自然と消えた。チーム内では「トモさん」と呼ばれ、しゃべる日本語をおもしろがられた。“つかみ”で持ち込んだハチマキは、チーム内にとどまらずファンにも大受け。リーグ戦の途中から球団が乙坂グッズとして販売を始めるほどだった。

 27試合に出場し、打率4割1分の大活躍。「野球の技術はもちろん。メキシコという環境でプレーしたことを誇りに思う。人の温かさに触れました。行く前はメキシコのイメージはなかったけど、寂しがり屋で親切。帰るときは、お互い大号泣でした。メキシコの話だったら、あと2時間は話せますよ!」。語り尽くせないほどの経験が、乙坂を一回りも二回りも成長させる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171231-00087645-nksports-base

7: 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 14:52:05.41 ID:LAAGDEAx0
これはかっこええな

8: 風吹けば名無し 2017/12/31(日) 14:52:45.18 ID:FvXacwvK0
乙坂マジ頑張れ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/24(日) 19:45:50.34 ID:LbQ8q9Xw0EVE
1

♪ちっちゃいことは気にするな! それ、ワカチコワカチコ~! DeNA・乙坂智外野手(23)が24日、横浜市内の「MARK IS みなとみらい」で須田とともにトークショーを開催。
CSで計5打点をたたき出すなど代打の切り札として勝負強さを発揮する自身の打撃が“ワカチコ打法”であることを明かした。

 クリスマスイブの「MARK IS」に集まった約500人のファンから笑いとどよめきが起こった。司会者に代打として打席に立つ際に意識していることを聞かれ、チーム屈指のイケメンは意外な言葉を口にした。
「ちっちゃいことは気にするな、って自分に言い聞かせてます。“ワカチコ打法”って言うんですけど」。

 「ワカチコ」とは、かつてプチブレイクを果たしたピン芸人・ゆってぃの持ちネタだ。自虐ネタを言った後、「ワカチコワカチコ~!」と歌いながら、両脇を開け閉めするのが最大の特徴だが、
乙坂も打席に入る前に両脇を2度、開け閉めする動作をルーチンとしている。「前から『ワカチコだね』ってみんなに言われてたんです」と恥ずかしそうに打ち明けた。

※全文は下記リンクより

続きを読む

no title

623: 名無しさん@おーぷん 2017/12/24(日)15:05:48 ID:IAN
須田と乙坂のトークショーで流れを変えるで!!!

ベイスターズ情報@サンスポ@sanspo_baystars

須田、乙坂のトークショーが行われました。
朝5時から行列ができていたそうです。

乙坂「改めてファンのアツさを感じました。このファンのためにも頑張らないと」

須田「イブという特別な日にファンの皆さんに会えて感謝です」
https://twitter.com/sanspo_baystars/status/944810821833461760

625: 名無しさん@おーぷん 2017/12/24(日)15:15:11 ID:xNo
須田がニワトリで乙坂がトナカイの帽子かな?w

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2017/12/23(土) 13:58:23.84 ID:vjtpM1H+0
DeNA乙坂が22日、500万円増の年俸2100万円(推定)で更改した。
シーズン終了後、約1カ月半メキシコのウインターリーグに武者修行。27試合出場、打率4割1分と結果を残し帰国した。

【写真】今永のズボンを必要以上にあげるDeNA筒香

滞在中は筒香に打撃の動画を送り、アドバイスをもらった。
「コーチや監督がシーズン中にクビになったり、アメリカからきた助っ人が1日でクビになる。毎日ヒヤヒヤで、結果を出すために全力プレーだった」と、刺激的な異国でのプレーを振り返った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171223-00083794-nksports-base

2: 風吹けば名無し 2017/12/23(土) 13:59:14.83 ID:eduLJJInr
また今永がズボン上げられてる

3: 風吹けば名無し 2017/12/23(土) 14:00:18.44 ID:F6aJblB6d
この写真好きすぎやろ

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2017/12/19(火) 10:49:32.39 ID:tTDGABYfa
DeNA・佐野が凱旋帰国 アジア・ウインターリーグで2冠&MVP 
イースタン・リーグ選抜の一員として、台湾で開催されたアジア・ウインターリーグに参加していたDeNA・佐野が18日、帰国した。19試合で5本塁打、18打点の大会2冠で最優秀選手に選ばれての凱旋(がいせん)。「日本の投手以外の対戦が多く、独特の球種を経験することができました。この経験を必ず来季につなげたい」。来季は左の代打として期待される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000519-sanspo-base

DeNA乙坂「勉強になった」 メキシコWLで打率.410、ファン総立ちで別れ 

 球団の公式ツイッターにはファンからのコメントが集まり「ありがとう! 来シーズンも戻ってきてくれることを願っているよ!」「ありがとう、オトサカ! 来年も戻ってきて」「もうケサディーヤをあげることはできないね」「なんて素晴らしい選手なんだ!」といったものから、「#ありがとう #さようなら」という日本語での別れの言葉や、「さようなら、カウボーイ」「何故去ってしまうの?」といった別れを惜しむものまであった。

 乙坂自身もインタビューで来年について聞かれ「もし必要としていただけるなら来たいですし、1年経って状況も変わるので分からないですけど、またプレーすることは本当に幸せなことだと思うし、光栄なことだと思います」と話した。大きな財産を持ち帰り、DeNAでのレギュラー争いに挑む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00098314-fullcount-base

すごくないですか?

続きを読む

no title

1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/16(土)19:17:46 ID:QbQ
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00098314-fullcount-base

球団の公式ツイッターにはファンからのコメントが集まり
「ありがとう! 来シーズンも戻ってきてくれることを願っているよ!」「ありがとう、オトサカ! 来年も戻ってきて」
「もうケサディーヤをあげることはできないね」「なんて素晴らしい選手なんだ!」といったものから、
「#ありがとう #さようなら」という日本語での別れの言葉や、
「さようなら、カウボーイ」「何故去ってしまうの?」といった別れを惜しむものまであった。

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング