オススメアンテナサイト

久保康友

bandicam 2019-04-07 00-32-25-127
1: 風吹けば名無し 2019/07/05(金) 03:33:39.92 ID:XyFWihl/0
元DeNA久保康友が今季5勝目、元MLB本塁打王から2奪三振「すごく考えて投げた」

 メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンでプレーする元DeNAの久保康友投手が3日(日本時間4日)、敵地でのアセレロス・デ・モンクローバ戦に先発し、7回を6安打1失点に抑え、5勝目を挙げた。
チームは2-1で勝利し、南地区8チーム中6位の30勝40敗となった。
久保は5月26日(同27日)のリエレロス・デ・アグアスカリエンテス戦以来、先発5試合ぶりの勝利。
自身の連敗を4でストップし、通算17試合5勝8敗、防御率5.84とした。
この日の6三振を加え、リーグトップの97奪三振。投球回もリーグトップの98回2/3で、ともに「100」の大台も目前となった。

 MLBブルワーズ時代の2016年に41本塁打を放ち、ナ・リーグ本塁打王に輝いた4番のクリス・カーター内野手からも88マイル(約142キロ)の直球とスプリットで2三振を奪い、警戒していた1発を許さず。 
今季もリーグトップの32本塁打、同2位の75打点と元メジャーの力を存分に発揮しているアメリカ人助っ人に対し 
「ポイントがすごく後ろにあって、じっくりボールを見てくる。カットボールを投げてもファウルにしてくるし、簡単にはフォームが崩れない。 
1発を許す訳にもいかなかったので(配球を)すごく考えて投げた」と言う。 
オールスターでは熱望しながら実現しなかった「奪三振王VS本塁打王」対決。この日の3度の勝負では単打1本に抑え、大きな仕事をさせなかった。

※全文は下記リンク元より

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/06/14(金) 15:21:42.07 ID:P81dYTLOa
no title

久保はオールスターにも出るよ

3: 風吹けば名無し 2019/06/14(金) 15:22:35.73 ID:P81dYTLOa

公式ツイッター

続きを読む

bandicam 2019-04-07 00-32-25-127

378: 風吹けば名無し 2019/04/06(土) 17:50:29.87 ID:foBcT6qUd
二人ともいいね

元DeNA久保康友メキシカンリーグ開幕戦で初勝利

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190406-04060676-nksports-base
DeNAなどでプレーし、今季はメキシカンリーグのレオンと契約した久保康友投手(38)が5日、開幕戦のアグアスカリエンテス戦に先発。7回3安打無失点、無四球10三振の快投で同リーグ初勝利をマークした。

チームは5-1で勝った。前日4日には地元メディアから「明日はチケット完売の大観衆の中で投げますがプレッシャーは?」と質問され
「日本で慣れているので大丈夫。もっとたくさんの観客の中で投げてます」と余裕の返答をしていた。
またモンテレーの「1番中堅」荒波翔外野手(33)はユカタン戦で今季初安打を含む2安打2得点を記録。10-8の勝利に貢献した。

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/05(土)13:29:25 ID:s4X
BBAE0BCE-908B-4419-860A-F8AC29307047

ロッテ、阪神、DeNAでNPB通算97勝を挙げた久保康友投手が、メキシカンリーグのブラボス・デ・レオンと契約したと、地元メディアが伝えた。
2017年オフにDeNAを自由契約となり、昨年は米独立リーグでプレーしたベテラン右腕が、3か国目のマウンドに上がることになる。

地元紙「エル・ソル・デ・レオーン」は「ヤストモ・クボがレオン・ブラボーズに入団」との見出しで速報。
「日本人先発投手ヤストモ・クボは2019年シーズンにメキシカンリーグのレオン・ブラボーズに加わる」と伝えた。

記事では「クボは母国の千葉(ロッテ)、阪神、横浜(DeNA)で12年間(実際は13年間)プレーし、昨季はアトランティックリーグ(米独立リーグ)でプレーした」と、これまでのキャリアについて言及。
さらに、「ヤストモはトニー・アギレラ新監督体制におけるロースターで最初の外国人選手となる」とも報じている。
https://full-count.jp/2019/01/05/post276006/

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/05(土)13:29:33 ID:s4X



続きを読む

bandicam 2018-07-11 03-28-26-114

1: 風吹けば名無し 2018/07/11(水) 00:41:06.99
米独立リーグのアメリカン・アソシエーションのゲーリー・サウスショアは9日(日本時間10日)、前DeNAの久保康友投手(37)が、米独立リーグのアトランティック・リーグのシュガーランドへトレード移籍したと発表した。
交換要員は後日発表される。

 昨季限りでDeNAを戦力外となった久保は、ゲーリー・サウスショアとの契約のため5月29日渡米。6月27日に契約し、3試合(2先発)で防御率4・05の成績を残していた。

 米国にはいくつかの独立リーグ団体があり、久保が移籍するアトランティック・リーグは大リーグ経験者も多く、最も高いレベルとして知られている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180710-00000173-spnannex-base

続きを読む

bandicam 2018-06-04 22-31-12-246

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/27(水)13:32:21 ID:qJM
昨年オフにDeNAを自由契約となり今季から米独立リーグのゲーリー・サウスショア・レイルキャッツに入団した久保康友投手が27日(日本時間28日)、シカゴ・ドッグス戦で先発デビューを果たすことが決まった。

レイルキャッツの球団公式サイトは「日本のプロ野球で新人王に輝いたヤストモ・クボがレイルキャッツの投手として水曜日に先発する」と、37歳右腕の先発デビュー戦を発表した。
記事では球団が久保と正式に契約を結び、シカゴ・ドッグス戦に先発することになったことを紹介している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180627-00141681-fullcount-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/05/13(日) 14:35:04.25 ID:iP+UW2Ar0
bandicam 2018-05-13 18-00-58-604

昨年12月にDeNAから戦力外となり米独立リーグに挑戦していた久保康友投手(37)が12日、契約していたアメリカンアソシエーションのゲーリー・サウスショア・レールキャッツから自由契約となった。同リーグが発表した。

 「松坂世代」の久保は松下電器を経てロッテに入団し、阪神、DeNAと3球団でプレー。プロ野球の通算成績は304試合に登板して97勝86敗、6セーブ、防御率3・70。
昨季は7試合に登板、4勝2敗、防御率5・35だった。昨年12月にDeNAから自由契約となり、4月にレールキャッツと契約していた。

 アメリカン・アソシエーションは米中部の12球団で構成され、今月17日(日本時間18日)に今季開幕する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180513-00207408-nksports-base

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)00:06:01 ID:ZyX

4: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)00:10:28 ID:gvN
ゲーリー・サウスショア・レイルキャッツという米独立リーグのチームと契約したみたい

3: 名無しさん@おーぷん 2018/04/21(土)00:09:46 ID:gvN



マジみたいやね

続きを読む

kubo4

1: 風吹けば名無し 2018/03/28(水) 10:45:10.73 ID:w/EpwBPz0
DeNAを退団した久保、去就は「幅広く考えています」

 「進路は変わらず未定です。トレーニングは自宅近くで体を動かす程度ですね。子供の学校行事に出たり、家族と一緒に過ごす時間をたくさん取っていますよ」。DeNA時代の4年間は横浜に単身赴任していた。関西の家族のもとに戻り、いいお父さんをしているそうだ。

 「進路を何かに絞ったというと、他の選択肢がなくなってしまうので幅広く考えています。NPBに行きたいといえば、野球以外の選択肢を含めたそれ以外がなくなる。だから“未定”のままなんです」

 高校時代に本人から聞いた言葉で、強烈に覚えていることがある。「自分がプロで通用するかどうかなんて、わかりません」。冷静な高校生だった。卒業後は松下電器に進み、力をつけてプロ入りした。

 当時の話を改めて聞くと「一軍で活躍できる確証がなければ意味がないので、もともと高校を出て、すぐにプロに行くことは考えていませんでした。あえていえば横浜と戦って、松坂と投げ合って、改めて強くそう思ったんです」。松坂が久保の人生に強烈な影響を与えてきたことを改めて知った。

 そして新聞やテレビを通じてみる松坂に「けがをしたつらさより、投げられる喜びが上回っているんだと思います。(自分が)彼の立場なら、辞めていると思います。でも松坂はそれぐらい楽しいんだと思います」とエールを送った。

 今年の球界は“松坂特需”に沸き、久保は通算100勝まであと3つに迫っている。さまざまな息吹の松坂世代の春。もう一度、同じ場所で花を咲かせる両雄を見てみたい。

※全文は下記リンクより

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング