オススメアンテナサイト

中畑清

1: 風吹けば名無し 2019/04/28(日) 02:12:50.02 ID:qVzBquTj0
no title



3: 風吹けば名無し 2019/04/28(日) 02:13:52.55 ID:mJRLpwdl0

2: 風吹けば名無し 2019/04/28(日) 02:13:26.01 ID:GXVbkUJI0
キヨシ言ったれ!w

続きを読む

bandicam 2019-04-01 13-16-09-311

1: 風吹けば名無し 2019/04/01(月) 00:43:07.05 ID:179yi9X80USO



続きを読む

1

435: 名無しさん@おーぷん 2019/03/18(月)22:12:11 ID:JrK.hb.e2
明日のファームの中継にキヨシが解説するって




続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/08(金)10:44:54 ID:ACs
20190208-00000085-spnannex-000-2-view

 ロッテのブランドン・マン投手(34)は8日、横浜DeNA時代の監督である中畑清氏(65)=スポニチ本紙評論家=と再会を果たした。石垣島キャンプの視察に来た同氏を見つけた左腕は「アリガトウゴザイマ! ゼッコウチョウー! ゼッコウチョー!」とお株を奪った日本語であいさつ。

 「頑張れよ」と中畑氏から声を掛けられると、帽子をとって深々とおじぎしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190208-00000085-spnannex-base

かわいい

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 02:12:04.30 ID:bcA3L8u+0


14: 風吹けば名無し 2019/02/05(火) 02:15:07.21 ID:hN4vyM0Y0
中畑のポジポジ予想久しぶりやな

続きを読む

no title

3: 風吹けば名無し 2019/01/08(火)23:47:03 ID:xjs
テレビのギャラでウハウハやろな

5: 風吹けば名無し 2019/01/08(火)23:48:20 ID:eBd
長野放出を猛批判してたな 巨人入りはもうないか

6: 風吹けば名無し 2019/01/08(火)23:49:49 ID:J5f
基本日テレ系の巨人関係の仕事しかなかったのに
いろんな局に呼ばれるようになったのはデカイやろな
巨人の監督にはなれないけど十分やろ

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 14:46:03.02 ID:JGT6wXZf0
 【キヨシスタイル】うそだろ。またかよ。内海に続いて今度は長野が…。巨人OBの一人として寂しくてたまらない。 「伝統」や「格式」を口にする球団が薄っぺらになったな。そう感じられてならない。

 長野は他球団のドラフト指名を2度も拒否。いちずな思いを貫いて巨人に入り、いきなり新人王を獲得するなどチームに貢献してきた。 そんな功労者をどうしてプロテクトしなかったのか。

 内海同様巨人軍の伝統を引き継げる数少ない選手。丸がすんなりチームに溶け込めるよう同じ外野手として、野手の柱としてパイプ役になれる存在だと思っていた。

 私はDeNAの監督を務めさせてもらった4年間、常に「人づくり」を念頭に置いてきた。筒香をキャプテンに指名したのもチームの柱にしたかったから。 当時巨人を外から見ていた私にとって内海や長野は責任感を持って頑張る姿に重みがあってまぶしかった。

 「しっかり勉強して帰ってこい」と言う人もいるけど、外で勉強しなきゃならないレベルの選手じゃない。巨人で現役を全うしても指導者になれた器だ。

 28人のプロテクト枠から外したということは戦力として認めず「ウチはいらない。どうぞ持っていって」と言ったのと一緒。それなのに球団社長は内海のときの「大変残念」に続いて「断腸の思いです」だって。だったらプロテクトしときなさいよ。悪気はないんだろうが、出される選手の気持ちが全く分かっていない。

 選手としては、決まった以上は制度に従って移籍に応じるか、嫌ならユニホームを脱ぐ以外選択肢はない。その点、2人とも大人だよ。長野は報告の電話をくれた。

 「広島に行くことになりました。選んでもらえて光栄です」

 昨季限りで引退した新井のような存在として期待されているという。前向きな言葉に涙が出そうになった。だから、こんな選手を出しちゃいけないんだって…。 いや、もう言うまい。

 口数は多くない。地味だけど、ブレない男。彼には以前から「少し殻を破ったら」と話してたんだけど、これをいい転機にしてほしいな。 

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/01/08/kiji/20190107s00001173363000c.html

32: 風吹けば名無し 2019/01/08(火) 15:04:44.39 ID:G2vyNzxU0
キヨシキレッキレで草

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/28(金) 12:30:52.06 ID:/y0dlrt50
1

DeNA梶谷「まだまだうまくなりたい」  手術を経て自分と向き合い完全復活を誓う

https://sports.yahoo.co.jp/column/detail/201809280002-spnavi

12年には新球団・横浜DeNAベイスターズが誕生。中畑清監督との出会いも転機になった。初めて開幕スタメンを勝ち取りながら、80試合で打率1割7分9厘の低空飛行。「地獄でした」と想像を絶する1年だった。
本拠地にもかかわらず心ないヤジが飛び、球団事務所に抗議電話が殺到していることも耳にした。
「何で梶谷を使うんだ」「早く梶谷をクビにしろ」。イヤホンをして球場を移動するのは1度や2度ではなく「俺、死んじゃうんじゃないか……」と本気で思うような精神状態だった。

「スタメン表を見るのが怖かった。どうにかして野球を休めないか。そんなことばかり考えてました」

 どん底まで突き落とされた若者に、勇気を持たせたのが中畑監督だった。

「俺にはお前の才能が見える。思い切ってやれ。お前を信じて使う。俺も腹を決めてるから、お前も腹を決めろ」


 1軍の試合でベースカバーを忘れるボーンヘッドを犯し、即2軍降格。翌日は1人で座禅を組みに出かけた。突き放すのではなく、この精神修行の手配をすべてしてくれたのも指揮官。
「ダメならクビ」と進退をかけた13年は77試合で16発と息を吹いた。外野へコンバートされた翌年は盗塁王のタイトルも獲得し、さらなる飛躍の足がかりになった。

※全文は上記リンクより(おすすめ)

2: 風吹けば名無し 2018/09/28(金) 12:31:38.09 ID:kjrS4m1f0
サンキュー中畑

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング