オススメアンテナサイト

上茶谷大河

no title
bandicam 2019-02-20 12-57-16-137

279: 風吹けば名無し 2019/02/20(水) 13:14:28.28 ID:xi5r16Qja
上茶谷いいぞー

280: 風吹けば名無し 2019/02/20(水) 13:14:29.73 ID:pnjFrdAY0
上茶谷ええな
この球威にコントロールまであるとか

282: 風吹けば名無し 2019/02/20(水) 13:14:36.81 ID:ZzbVsrP/p
コントロール完璧やん


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/14(木) 18:17:24.16 ID:LUeQYC0g0St.V
20190214-00000557-sanspo-000-3-view
 DeNAのアレックス・ラミレス監督は沖縄・宜野湾キャンプの14日、フリー打撃に登板したD1位・上茶谷(東洋大)、3位・大貫(新日鉄住金鹿島)を高く評価した。

 まずは上茶谷について「148キロが出たし、直球、カットボールがよかった。特にカットボールは左打者の内角にも、(外角のボールゾーンから入ってくる)バックドアでもいける。セ・リーグにはカットボールをうまく打つ人はいないから効果的だと思う。例えるのは難しいけど、自分が対戦したなかでは、中日の川上のカットボールに似ていると思った」と中日で通算117勝を挙げ、米大リーグ、ブレーブスでもプレーした本格右腕の名前を挙げた。

 大貫についても「スピードがそれほどでるわけではないが、145キロがでていた。いろいろな球種でストライクがとれるし、球もよく動いていた」と評価し、2人の即戦力右腕に期待していた。


続きを読む

20190201-00000152-kyodonews-000-2-view

1: 風吹けば名無し 2019/02/11(月) 09:31:19.90 ID:vQgIUDf/0
移動用の自転車が他の選手に使用されてなくなったDeNA・上茶谷
「自転車が“ルパン”されました」



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 20:44:52.35 ID:lG0Nai0t0
ニュルニュル、ニュルニュル。全長3メートル、20キロの白ヘビはDeNAドラフト1位の上茶谷大河投手(22)の口元へ向かった。

他の新人には見向きもせず、未来のエース目がけて、舌をチョロチョロ。1軍キャンプ休日の6日、南城市のおきなわワールドを訪問。白ヘビを首に巻く体験で、まさかの求愛を受けた。スタッフから「この子は女の子。好きなんですね」と言われても右腕の顔は曇ったまま。「怖かった」と絞り出した。

幸運の白ヘビから御利益を得た。浜口、東と過去2年の新人が、この“儀式”を経験し2桁勝利。上茶谷は「この波に乗って…、頑張っていきたい」と先発ローテ入り、その先のタイトル獲得へ意欲をみせた。

今日7日からの第2クールで打撃投手を務め、状態に問題なければ、第3クール中の対外試合で実戦デビューするプランだ。前日5日には、ブルペンで今キャンプ最多の60球。「けがなく、やっていきたい」と爬虫(はちゅう)類だけでなく、誰をも魅了する投球を目指す。【栗田尚樹】

幸運を呼ぶ白へびソルトに近寄られ驚くDeNA上茶谷(撮影・鈴木正人)
no title

シーサー造りに挑戦した、左からDeNA知野、上茶谷、大貫(撮影・鈴木正人)
no title


4: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 20:45:33.49 ID:yIc0MThX0
楽しそうでなによりや

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/06(水) 12:31:29.38 ID:UTDRvz2g0
20190206-00000003-sanspo-000-2-view
 DeNA春季キャンプ(5日、沖縄・宜野湾)DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(22)=東洋大=が5日、沖縄・宜野湾キャンプで今キャンプ自己最多の60球をブルペンで投げ込んだ。第1クール最終日とあって自身は「バテました」と言いつつも、球を受けた戸柱恭孝捕手(28)は「ホンマもんですわ」とほれぼれ。すでに受けた伊藤光、嶺井の両捕手も高く評価しており、今年もDeNAの新人投手はすごそうだ。

 ブルペンに、心地よい音が響く。上茶谷の指先から放たれたボールは、一直線に戸柱のミットに吸い込まれた。

 「戸柱さんのキャッチングがすごい。自分の球が伸びているように取ってくれる。気持ちよくなって、多めに投げてしまいました」

 当初は過去2度と同じ40球を予定も、戸柱に乗せられて60球を投げた。投手の基本線となる内角、外角の低めへオール直球。最速152キロを投げた学生時代より「コースも高低も狭い」と感じているプロのストライクゾーンを意識して、腕を振り続けた。

 この日が第1クール最終日。キャンプインから緊張の5日間を過ごし「疲れていますね。投げていてバテるのを感じました。球が上ずってしまった」と振り返ったが、プロの捕手を納得させるに十分の球質だった。

 「本人が言うほど悪くない。ええ球投げますね。低めの球も垂れずにくる。ホンマもんです」

 戸柱は、初コンビとなった上茶谷に太鼓判を押した。1日に受けた伊藤光は「球が強い。糸を引くようなボールですよ」と評価し、3日に相手を務めた嶺井も「パワーだけかと思ったら、丁寧に低めに投げてくる。十分に1軍レベルです」。東都大学リーグで1試合20奪三振を記録したこともある右腕の球を実際に受けた正捕手候補の3選手が、そろって絶賛した。

 「あす(6日)は休みなので回復力が問われる。けがなくキャンプを過ごして、開幕ローテーションに入れるようにやっていきたい」。近年、ドライチ投手の活躍が著しいDeNAで、今年も上茶谷が先発ローテーション候補として存在感を発揮する。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190206-00000003-sanspo-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/01(金) 20:00:39.49 ID:nnkxyc4x0
20190201-00000152-kyodonews-000-2-view
 DeNAドラフト1位ルーキーの上茶谷(東洋大)が初日からブルペンで40球を投じ、定評のある制球力の一端を示した。外角低めを狙った直球のほとんどが伊藤光の構えたミット付近に集まり「自分のセールスポイント。伊藤さんにも『コントロールいいね』と言っていただけた」と笑った。

 ネット裏で見守った首脳陣からも高評価だった。ラミレス監督が「投球技術はうちに2~3年いる選手より上かも」と言えば、三浦投手コーチは「これだけ(人に)見られている中でもいい球を投げていた」とうなずいた。(宜野湾)


4: 風吹けば名無し 2019/02/01(金) 20:01:33.01 ID:6AkbUOZ/0
上茶谷はドラフト付近で調子ようやく戻してたな

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/24(木)16:32:19 ID:lLu
20190124-00457218-nksports-000-6-view
DeNAドラフト1位の上茶谷大河投手が、南場智子オーナーからのむちゃぶりに爆笑芸で応えた。

24日、他の新人選手と都内にあるDeNA本社を訪問。同オーナーとの名刺交換を済ませ、会社の事業内容や社会人、プロとしての姿勢についてなど講義を受けた。その後、いきなり同オーナーから「ものまね出来ますか?」というふり。上茶谷は「一番得意なロペス選手で行きます」と挙手。打撃フォームを披露し、同オーナーはもちろんのこと、会場を笑いに包んだ。

南場オーナーは「ロぺちゃんかと思いました」と納得した様子で、上茶谷は「緊張しました。(レパートリーは)言っていただければ、誰でもいけるようなスタンスで」と顔を真っ赤にしていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00457218-nksports-base

ほのぼの



続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/14(月)14:19:48 ID:fDO
20190114-00000099-spnannex-000-5-view
DeNAの新人合同自主トレ恒例の山登りが行われ、ドラフト1位・上茶谷大河投手(22=東洋大)と同2位・伊藤裕季也内野手(22=立正大)がゴール後に爆笑の掛け合いを披露した。

上茶谷は2位。すると「ガチで走ったら余裕で抜いてた。競争じゃなかったんで、1位を譲ってあげようと思った」。そして「(伊藤裕は)“動ける100キロ”なんで」と突っ込むと、伊藤裕はすぐさま「100キロいってない!95キロぐらい。絞れてるんで」と切り返した。

「見た目もスリムになった。自分、この体型にしては長距離もいけるんで」と伊藤裕。上茶谷は「動ける100キロの“山の神”やな!」と話して笑いを誘っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000099-spnannex-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/09(水) 20:17:08.63 ID:OI0dDL/vd
1

 DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(22)=東洋大=が9日、巨人のベテラン大砲・阿部との対決を熱望した。


 京都府出身の右腕だが、「子どものころは巨人ファンでした」と告白。夏休みなどに親戚らと一緒に上京し、東京ディズニーランドや東京ドームに行くのが楽しみだったという。
当時、熱烈に応援していたのが、巨人の4番打者だった阿部。月日は流れ、スタンドで声を枯らしていた上茶谷少年もあこがれの人と同じプロの世界に。対戦してみたい打者として阿部の名前を挙げ、「超一流の選手ですから、抑えたら自信になると思います」と、力試しの機会を心待ちにしている。

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)15:59:39 ID:KWx
1

DeNAのドラフト1位・上茶谷大河投手(東洋大)が7日、神奈川・横須賀市の若手寮「青星寮」に入寮した。


 即戦力として期待される右腕は、大手寝具メーカーの上質なマットレスを持参で入寮した。睡眠に対してこだわりはなかったが、同大学入寮時に「ペラペラで固めのマットレス」を持参した際に、同僚の甲斐野(ソフトバンク1位)から「縄文時代のもの」と指摘され、プロで入寮にグレードアップしたマットレスを購入した。

 「甲斐野が使っているマットの上で寝て、同じものを買いました」と明かした。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190107-00000540-sanspo-base

>「甲斐野が使っているマットの上で寝て、同じものを買いました」と明かした。

2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/07(月)16:00:00 ID:RoA
甲斐野が使っているマット・・・あっ・・・

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング