オススメアンテナサイト

チャレンジ


1: 風吹けば名無し 2017/11/13(月) 19:11:09.97 ID:2T4psTWJd
 日本野球機構(NPB)は13日、都内で実行委員会を開き、来季からリプレー検証制度「リクエスト」の導入を正式決定した。

 大リーグの「チャレンジ制度」同様のシステムで、判定に異議がある際に監督側からリプレー検証の要求が可能になる。チーム(監督)は1試合において「2回」のリクエストを行使でき、リプレー検証の結果、判定が覆った場合は回数が継続される。延長に入った場合は、新たに「1回」のリクエストが付与される。
1
※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171113-00000113-dal-base

3: 風吹けば名無し 2017/11/13(月) 19:11:45.34 ID:XOHkzBdA0
リクうけますー

2: 風吹けば名無し 2017/11/13(月) 19:11:31.83 ID:xPtH6qRcd
なんか違う感

4: 風吹けば名無し 2017/11/13(月) 19:11:49.11 ID:0RfG37O10
ミュージックアワーかな

続きを読む

npb

1: 名無しさん@おーぷん 2017/07/12(水)19:38:28 ID:6dy
やったぜ。

2: 名無しさん@おーぷん 2017/07/12(水)19:39:12 ID:6dy
プロ野球のオーナー会議が12日、都内で開かれ、日本野球機構(NPB)内のリプレー検証検討委員会で、リプレー検証の対象を本塁以外でのアウト、セーフの判定に拡大することなどを検討していることが報告された。

 現在は本塁打の判定と本塁でのクロスプレー、主に二塁上の封殺に対するスライディングが適正だったかを判断することに限り、審判員の判断でリプレー検証を実施している。

 来季からはチーム側から検証を要求できる、大リーグで実施されている「チャレンジ」に近い制度の導入も検討する。

 日本野球機構(NPB)井原敦事務局長は「チャレンジというとMLBの制度がモデルになるが、リプレー検証の発展系ということでイメージしてもらいたい。チーム側の要求というものを制度として取り入れるかも含めて検討している」と説明した。

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング