1

1: 名無しさん@おーぷん 19/08/24(土)06:44:24 ID:IW1
5月の神宮、室内練習場からクラブハウスへ歩いていると、ヤクルトファンの少年から「これ読んでみて」と本を手渡された。『俺か、俺以外か。ローランドという生き方』。ホストの帝王と呼ばれるローランドの著書だった。「敵チームのファンだけど、励まそうとしてくれたのかな」。

昨季の新人王も、今季は左肘違和感で開幕から出遅れ、復帰後も左手マメの影響で戦列を離れた。もどかしさが募った時、帝王の言葉が刺さった。「女の嫉妬と、男のねたみが俺のアクセサリー」。ネガティブな感情も勲章になる。うらやまれるほどの結果を残すことが、存在価値。東か、東以外か。復活するには、自分以外いない。「前向きになれました。あの子には感謝しないとですね」。目に光りが戻った気がした。

もう、下を向くのはスパイクを履く時だけでいい。「優勝のチャンスは全然ある。1戦必勝で頑張っていきたい」。「ローランド東」が優勝争いの火を消させない。

5: 名無しさん@おーぷん 19/08/24(土)06:54:04 ID:1rE
サンキューローランド

続きを読む