1: 名無しさん@おーぷん 2015/07/01(水)09:18:03 ID:YL5
猛暑の中で、表情は涼しげだった。DeNA・久保が1点のリードを守って、9回110球を投げきった。打たれた安打は谷繁の2本のみ。今季チーム初の完封勝利は、久保自身、昨年9月9日・ヤクルト戦(横浜)以来だ。

「暑かったですよ。でも暑さとピッチングは別。丁寧にいきました」。ずっと心は乱れることなく冷静だった。初回と五回には守備の乱れも出たが、後続を断った。ロースコアにも「点が入っていないほうがリズムが崩れなくていい」とクールな言葉を連発した。

「暑いだけで、記憶にない」と言うが、昨年7月9日、台風一過の那覇のマウンドに立ち、巨人打線を6回0封。勝利を飾った。「暑いのは好きじゃありませんけど、結果的によかったから、いいんじゃないですか」と笑みを見せた。

負ければ今季ワーストの借金4。中畑監督はランチに“大盛り過ぎる定食屋”に出向き、トンカツ3枚が乗ったカツカレーを食べてゲンを担いだ。「タイミングを合わさせない久保らしいピッチング」と絶賛。「あしたもカツカレーにいくぞ」と声を上げた。

今季は開幕投手を務めた。エースとして期待された。窮地を救う1勝に「体力的にいっぱいいっぱい。うれしいより、疲れました」。1-0。まさに“華麗な勝ち”で救世主になった。
news

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150701-00000026-dal-base

2: 名無しさん@おーぷん 2015/07/01(水)09:31:30 ID:F1U
まだそんなに食えるとは、キヨシ監督若いな

3: 名無しさん@おーぷん 2015/07/01(水)09:35:51 ID:lji
今日のワイの昼飯が決まったわ

続きを読む