オススメアンテナサイト

加賀繁

1: 風吹けば名無し 2018/12/11(火) 13:33:55.72 ID:SiJY3J9S0
201812090002-spnavi_2018120900008_view
──中継ぎで投げる中でバレンティン選手という存在が登場します。初対戦の12年から20打数無安打と完璧に抑え込みました。

 17年に初ヒットを打たれたのはよく覚えています。「あっ、止まった」と思いましたから(笑)。

──終始、外角のスライダーに合っていなかった印象です。

 でも、ずっとスライダーばかり投げるわけにもいかず、インハイの真っすぐはスタンドまで運ばれるんじゃないか……と恐怖を感じながら投げていました。彼が打席に立ったときの威圧感はすごかった。正直なところ、シーズン60発打つ男の相手がなんで俺なの? と思いながら投げていました。

──2人だけの空気感もあったように見えました。
 1度やりとりをしたことがあるんです。試合前にウオーミングアップをしていると、バレンティン選手とミレッジ選手が歩いてきて、ミレッジ選手が通訳を介して「こいつカガのことが大嫌いって言ってるぞ」と話しかけてきたんです。
そしたらバレンティン選手も「何で俺のときにいつも投げるんだ。もう投げないでくれ!」と冗談を言ってきた。自分も「それは俺が決めていることじゃない。こっちだって投げたくないよ!」と会話したことがありました。でも、外国人、右打者を抑えることが自分の仕事でしたから。
(続きはリンク先)

続きを読む

P1090049

1: 風吹けば名無し 2018/11/09(金) 08:23:54.67 ID:f16vnStw0
https://www.sanspo.com/baseball/amp/20181109/den18110905000001-a.html
 DeNAで9年間プレーし、今季限りで現役を引退した加賀繁氏(33)が球団の野球振興部の職員として第2の人生を歩み始めた。

 後輩の面倒見もよく、慕われる存在だった。そんな加賀氏が期待する後輩として名前を挙げたのが、来季2年目の寺田。同じサイドスロー右腕であることから精神面、技術面で今季も積極的に質問にきていたという。

 寺田の1軍登板はないが、加賀氏は「思い入れが強いから、何とか1軍を経験してほしい。何があっても、お前のデビュー戦は必ず見にいくからと伝えています」と笑った。寺田も「僕には神の存在です! 頑張ります」と“師匠”の願いを背負った。(DeNA担当・湯浅大)

続きを読む

bandicam 2018-09-22 00-38-04-919

bandicam 2018-09-22 00-38-19-532

15: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)20:53:25 ID:u3H
31
泣きそうやから酒飲んでるけど泣きそう

4: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)20:52:04 ID:8qL7
bandicam 2018-09-22 00-39-01-432

bandicam 2018-09-22 00-39-03-706

bandicam 2018-09-22 00-39-08-822

大原細すぎてウケる

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)20:52:10 ID:l5N
大原生きとったんかワレェ

7: 名無しさん@おーぷん 2018/09/21(金)20:52:13 ID:qTX
サンキュー
懐かしい顔ぶれ出てきてなきそうや

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/18(火)09:47:56 ID:B4B
DA9CCD83-48EA-46ED-B326-EBDD254C1364

とことん苦しめられた。でも自分を高めてくれた。
ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手(34)が最高のライバルへ、惜別のエールを送った。
「いつもやられていたよ」というDeNAの加賀繁投手(33)が11日、今季限りでの現役引退を表明した。
バレンティン自身が認めるように、とにかく加賀を苦手としていた。
12年の初対戦から17年5月まで、実に20打席ノーヒット。
あの頃は試合中盤、好機でバレンティンが打席に立てば必ずと言っていいほどマウンドには加賀が上がり、そして封じられ、悔しそうにベンチに帰っていた印象が強い。
「腕の位置がかなり下で、タイミングが取れない。そこが一番難しかった」と翻弄され、顔も見たくないほどに抑え込まれていた。
昨年5月にようやく初安打を放ち、7月には本塁打をマークした。この年は3打数2安打。そして今季は2打数1安打。
最後の対戦となった7月17日には、敵地で豪快な一発をスタンドにたたき込んだ。
天敵ともいえる相手をようやく攻略し始めていた主砲は「最近の打席ではやっと結果が出るようになって、本当に本当にうれしかったんだ」と目を細めた。
球場では会えばあいさつを交わす程度で、深い話をしたことはない。それでもどこか、気になっていた。
引退をニュースで知ると「ユニホームを脱ぐには早い歳でまだやれるのではという気持ちもあるけど、彼が決めたのだから仕方ない」と敬意を表し「次のステージでの成功を願いたい」と温かい言葉を向けた。
最後にひとつ、聞いてみた。「もう一度、対戦したいですか?」。バレンティンは豪快に笑いながら首を横に振った。理由は簡単だった。
「あんなに打てなかったのに、最後に本塁打を打てたんだ。いい結果のまま終わっておきたいから、もう対戦はやめておくよ」
バレンティンにとって加賀はやはり、力を認める特別な存在だった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180918-00000078-spnannex-base

続きを読む

bandicam 2018-09-14 14-54-50-308

1: 風吹けば名無し 2018/09/14(金) 14:05:10.79 ID:zwpwx/2c0




続きを読む

kaga

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)09:07:35
21試合 1セーブ 19回 4被安打 1四球 1死球 20奪三振 防御率0.00 WHIP0.26

一軍では打たれてたけど、これだけやれてたら「まだやれる」と思っておかしくないだろうに、潔すぎやろ…

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)09:08:33
普通にすごくて草

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング