オススメアンテナサイト

ニュース・話題

1: 風吹けば名無し 2018/06/27(水) 11:14:02.18 ID:DJmypnKQ0
67CCF32C-1034-417A-8DBC-DA25463407E1

【DeNA】中後、2軍練習に参加「自分のパフォーマンスを出したい

前ダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンの中後悠平投手(28)が26日、DeNAの2軍練習に参加した。
神奈川・横須賀市内のベイスターズ球場で、キャッチボールなどで約2時間、汗を流した。今後、数日間は調整し、その後入団テストを受ける予定だ。

 Dバックスの練習着で現れた中後は終始、緊張気味にメニューを終えた。米国での最終登板からは約10日。
今回の入団テストについて「ありがたい話です。
アメリカで3年間やってきて、今年はふがいない投球が続いていた中で(DeNAが)見てくれることはありがたいこと。与えてくれた機会で自分のパフォーマンスを出したい」と感謝した。
 ロッテに在籍した15年以来3年ぶりの日本球界復帰を目指す。「自信は持ってやっていかないといけない。自分の道を信じてきたつもりです。
米国での経験は人生でプラスになる。向こうにいる間は、メジャーでやることだけを考えていて日本でやることは考えていなかった。
でも家族は日本にいる。家族とも話して、昨オフから日本でできるチームがあるのならとは思っていた」と説明した。
 22日に帰国してからも、体は動かしていた。「体は元気なので、調子がいい悪いは関係ない。自分のやってきたことを出していきたい」とがむしゃらにテストに挑む。

http://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20180626-OHT1T50191.html

6: 風吹けば名無し 2018/06/27(水) 11:15:43.48 ID:M7zX0QMid
来たわね

7: 風吹けば名無し 2018/06/27(水) 11:15:49.61 ID:XdGjmHZF0
マジで取るんや

続きを読む


1: 風吹けば名無し 2018/06/20(水) 12:19:24.63 ID:MHhWtnIz0
1

「候補として浮上するのが、監督としての現場復帰に意欲を燃やす前DeNA監督の中畑清さんです」とは、さる放送関係者。


「中畑さんは福島出身で、東北地方では絶大な人気がある。DeNA監督時代は、前身の横浜時代に4年連続最下位だったチームの再建に取り組んだ。
持ち前の明るさと発信力でファンサービスを徹底、閑古鳥が鳴いていた横浜スタジアムにファンが殺到するようになった。
グラウンドでは選手を『元気を出せ、覇気を出せ、あきらめるな』と鼓舞し続けた。今の楽天に足りないところを埋められる存在といえます」

さらに、さる楽天OBは、「メジャーやヤクルトなどで投手として活躍した石井一久さんも候補に挙がっている」と、こう続ける。

「楽天でのプレー経験はありませんが、野村監督時代の楽天が、当時ヤクルトからFA宣言した石井さんの獲得に乗り出した経緯がある。
引退後は解説者として楽天を訪問した際に、三木谷オーナーと顔を合わせてもいる。オーナーは、日米で活躍を果たし、引退後に吉本興業に入社するなど独特の個性を持つ石井さんを高く評価していると聞きます。
昨年、『ポスト梨田』の調査が行われた際にも、後任候補として名前が挙がっています」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180620-00000028-nkgendai-base

4: 風吹けば名無し 2018/06/20(水) 12:21:22.13 ID:PRy31H4m0
どっちも我がつよくて言うこと聞かなそう

107: 風吹けば名無し 2018/06/20(水) 12:36:35.25 ID:PN70r7SHa
これぞゲンダイ

続きを読む

25

897: 名無しさん@おーぷん 2018/06/17(日)17:46:04 ID:QX9
DeNA、打線改造も不発…筒香は「明日問題なければ先発復帰の可能性」とラミレス監督 

DeNAは八回まで2安打と打線が沈黙した。上半身に張りがある筒香は3戦続けて欠場。左投手に打率3割以上を残していた桑原を3番に抜てきしてオーダーを組み替えたが、ルーキー田嶋に6者連続三振を喫するなどねじ伏せられた。

 ラミレス監督は一回無死一塁で田中浩が併殺打に倒れた強攻策について「初球で相手のクイックを見たかったが、それがストライクになり何もできなくなった」と弁明。筒香については「明日(18日)問題なければ先発に復帰する可能性がある」と話した。


可能性やけども

続きを読む

soto

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/12(火)05:28:46 ID:zlV
 DeNAのネフタリ・ソト外野手(29)が11日、12日からのロッテ3連戦(ZOZOマリン)を前に、“内打ち”を誓った。

ロッテの守護神・内竜也投手(32)との対戦について、「ソトの意味が日本語で“外”というのは知っているよ。
“内”とは3試合の間で対戦もあると思うので、一体どういう結果が出るか…。これは楽しみだね」
と思いをめぐらせた。
http://www.sanspo.com/baseball/news/20180612/den18061205040001-n1.html

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2018/06/11(月) 16:02:04.29 ID:AtbPgdxcF
ロッテの人気キャラクター「謎の魚」が11日、新たに“第4形態”で12日のDeNA戦(ZOZOマリン)に出現することを予告した。

 登場は五回裏終了時、バックスクリーン付近の外野エリア。球団を通じ「どうせ、もう変化しないんだろうと思っている方々をギャフンと言わせるために久々に変化をお見せしようと思っている魚です。超巨大化するので城壁を作っておいた方が身のためですよ。グフフフフ」とコメントした。昨年、突如として出現した謎の魚が変化するのは、同6月11日のヤクルト戦(ZOZOマリン)で“第3形態”の「骨」に変身して以来。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180611-00000531-sanspo-base

続きを読む

De

1: 風吹けば名無し 2018/06/07(木) 07:10:18.64 ID:ul8JriRQ0
DeNA、20年ぶりダブルヘッダーも 交流戦2度目中止…週末も天気悪く

交流戦の予備日はリーグ戦再開前の18日からの4日間を含めて計5日間。11日の予備日も悪天候の可能性があり、12日からのロッテ3連戦(ZOZO)も屋外。
今後の天気次第で中止が続けばダブルヘッダーは避けられず、三原球団代表は「可能性はゼロじゃない」と説明した。

 ダブルヘッダーとなった場合、球界では98年10月10日の横浜対中日戦(横浜)以来20年ぶり。指揮官は「楽しみにしててください」と苦笑いしたが、好天を願うばかりだ。

https://www.daily.co.jp/baseball/2018/06/07/0011331072.shtml

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)19:18:41 ID:77M
トークショーで“すごい選手”について、中田は西武・山川穂高内野手を指名。フルスイングがすごいとして、「バットを強く振る。簡単に聞こえるかもしれませんけど。強みだと思う。山川のスイングは見ていてすごいなと思いますし、何人かしかいない」と大絶賛した。

 また中田は、対戦が楽しみな選手としてDeNA・筒香嘉智外野手の名前を挙げた。日本代表でチームメートになった際、間近で打撃練習を目の当たりにし「素晴らしいフリーバッティングしていた。ほれぼれするバッティングをしていた」と説明した。

※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00000098-dal-base

2: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)19:19:14 ID:uXx
いつもの

3: 名無しさん@おーぷん 2018/05/28(月)19:19:47 ID:cSP
他国にない

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/05/26(土)03:47:31 ID:tdu
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180525-00132487-fullcount-base
 DeNAは25日、東日本旅客鉄道株式会社横浜支社と協力し、6月5日からシーズン終了時まで、横浜スタジアムの最寄り駅であるJR関内駅で、
アレックス・ラミレス監督、石田健大投手、山崎康晃投手、大和内野手、神里和毅外野手、筒香嘉智外野手による構内放送を開始すると発表した。

 JR関内駅では、2012年から発車メロディーに球団応援歌「熱き星たちよ」を採用したり、駅構内に特別装飾を施すなど、DeNAを盛り上げてきた。
今回も、横浜スタジアムに試合観戦に訪れたファンに、さらなる高揚感を提供するため、構内放送を実施するという。


関内やるやん


続きを読む

bandicam 2018-05-24 01-24-03-605

1: 風吹けば名無し 2018/05/23(水) 19:45:04.62 ID:gAoaTbeF0
「中畑監督時代にレギュラーを務めたこともあった黒羽根はラミレス体制になってから一度も1軍出場がなかったが、それまでの実績があったのでエスコバーとのトレードが成立した、と考えられる。

 そう考えると、今年も7月末の期限までに新たなトレードを成立させる可能性は十分にあります。
ドラフト1位の白崎やベテランの後藤の放出は考えにくいが、実績のある石川や荒波は他球団にとっても欲しい選手でしょう。
環境を変えれば、もう一花咲かせることができると考えてもおかしくありません。

 DeNAとしては中継ぎを補強したいという思惑もあると思います。
エスコバーを始め、三上朋也や井納翔一などが安定した投球を見せていますが、中継ぎは何枚いても困ることはありませんから」

 Bクラスに沈んだ中畑監督時代を支えた主力がもう1度、横浜スタジアムで輝く日は来るか。
それぞれの選手たちが正念場を迎えている。

※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180523-00000011-pseven-spo&p=2


続きを読む


4: 風吹けば名無し 2018/05/23(水) 14:47:43.77 ID:Ffh0HnHFd
速報きたな

7: 風吹けば名無し 2018/05/23(水) 14:48:10.48 ID:lQD+4iE3a
まあそういう日もあるやろ

10: 風吹けば名無し 2018/05/23(水) 14:48:41.85
やっぱりな

18: 風吹けば名無し 2018/05/23(水) 14:49:18.79 ID:Z/Naae7G0

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング