オススメアンテナサイト

ニュース・話題

bandicam 2018-09-30 03-11-11-256

1: 風吹けば名無し 2018/09/30(日) 01:16:30.24 ID:pUNhCscQ0

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/29(土) 08:53:03.00 ID:ev2KiCHZa
1

日本陸連長距離・マラソン強化戦略プロジェクトの瀬古利彦リーダー(62)が総監督を務めるDeNAが駅伝競技から撤退することが28日、分かった。

昨年の東日本実業団駅伝は3位、今年1月のニューイヤー駅伝(全日本実業団駅伝)では6位と健闘したが、来年のニューイヤー駅伝の予選を兼ねた11月3日の東日本実業団駅伝に出場申し込みを行わない。
週明けにも正式発表される見込み。

 DeNAは2013年に廃部した名門、エスビー食品の瀬古総監督をはじめとしたスタッフ、選手を受け入れる形で創部。
12年ロンドン五輪ケニア代表で1万メートル5位のビダン・カロキ(28)ら選手は今後、トラックとマラソンの個人競技に専念する。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000287-sph-spo

続きを読む

8369AB12-37A4-4FDD-9D82-C54588D9F0E5

1: 江戸領内小仏蘭西藩 ★ 2018/09/14(金) 18:53:39.95 ID:CAP_USER9
http://japan.techinsight.jp/2018/09/maki09140934.html

ジャニーズ事務所が9月12日、滝沢秀明と今井翼によるアイドルデュオ・タッキー&翼の解散を発表した。滝沢は今年いっぱいで芸能活動を引退して、ジャニー喜多川社長の意思を継ぎエンターテインメントをプロデュースする仕事に専念する。またメニエール病により療養中の今井は、近くジャニーズ事務所から退所するという。

プロ野球・横浜DeNAベイスターズの大ファンで知られる今井翼は、2014年5月7日に放送された深夜バラエティ番組『ナカイの窓』(日本テレビ系)の“プロ野球を語ろうSP”にベイスターズのユニフォーム姿で出演したほどだ。

『横浜DeNAベイスターズ(ydb_yokohama)ツイッター』ではタッキー&翼の解散発表を受けて9月13日、「一日でも早いご回復と、新しいステージでのご活躍を心より祈っています」「Vamos,Vamos, Tsubasa!! somos familia…」(行け、行け、翼!! 私たちは家族だ…)とツイートして「公式さんありがとうございます。思わぬメッセージに涙止まりません」とフォロワーの反響を呼んでいる。

今井翼は2014年10月に舞台で立ち上がるのが困難なほどのめまいを訴え、11月6日に検査入院してメニエール病と判明した。同年12月31日のジャニーズカウントダウンライブでは復帰して活動を続けたが、2018年3月28日にメニエール病を再発して入院、治療に専念するため無期限で芸能活動を休止すると発表していた。

彼は解散発表に際し「まずは自分の身体としっかり向き合うため、ジャニーズ事務所を退所し、仕事という背負いも無くした状態で病気を克服し、心身共に健康な状態になることに専念したいと思います」とコメントしており、退所後の活動については「全くの白紙ですが、自分の心身が健康な状態になってから考えたいと思いますので、その時が参りましたら改めて皆様にご報告できるように頑張っていきたいと思います」と告げている。
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/12(水)07:39:25
1

東京オリンピックがある2020年のプロ野球のペナントレースは、オリンピックが開幕する6日前の7月18日までに前半戦を終え、オールスターゲームを2試合開催したあと、中断期間に入ることになりました。

NPB=日本野球機構は、11日、都内でプロ野球12球団の営業担当者やアマチュア野球の団体幹部を集めて会議を行い、東京オリンピックがある2年後の2020年のシーズンの日程などについて説明しました。

プロ野球はオリンピック開幕の2日前から中断する方針が決まっていますが、NPBによりますと、開幕6日前の7月18日までにレギュラーシーズンの前半戦を終え、19日と20日にオールスターゲームを開催して中断期間に入るということです。

また中断期間があることを踏まえて、2020年のシーズンはペナントレースの開幕を例年より1週間程度、前倒しし、日本シリーズの開催時期も10日から2週間程度遅くする方針で、NPBは対戦カードを含めたペナントレース全体の日程を年内に固めるとしています。

このほか大会の組織委員会からオリンピックの会場となっているプロ野球の本拠地の使用期間について、野球とソフトボールの会場となるDeNAの横浜スタジアムが6月9日から8月末まで、サッカーの会場になっている日本ハムの札幌ドームが6月15日から8月末までという、ともに2か月以上の具体的な案が示されているということです。

NPBなどでは球場が使えない期間をできるだけ短くするよう、要望していくということです。

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180911/k10011624921000.html




続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)11:40:21
プエルトリコの現地メディアが報道


7C430FA6-6FB6-49FB-BF84-82DBDC81F64C

https://www.elnuevodia.com/deportes/beisbol/nota/neftalisotofirmaextensionenlaligadebeisboldejapon-2445843/

5: 名無しさん@おーぷん 2018/09/13(木)11:43:05
やったぜ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/10(月) 10:36:53.78
「ハマの番長登場!三浦大輔と青森県横浜町ぶっつけ本番旅」

no title


横浜漁港で待ち合わせをした鶴瓶と三浦は、ホタテの天日干しを見学させてもらう。そこで出会った女性の子どもが中学野球部のキャプテンだと知り、三浦がサプライズ訪問することに!

『ハマの番長』の熱血指導が始まる!中学生は元プロの速球を打ち返すことが出来るのか?一方の鶴瓶は、定年退職した男性に出会い、趣味を聞くと、フルートを続けているという。鶴瓶のリクエストで始まる独奏会。さらに驚きの過去が明らかに!

3: 風吹けば名無し 2018/09/10(月) 10:38:13.96
青森に横浜あるんか

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2018/09/07(金) 19:44:26.33
8月21日の巨人戦に敗れ、最下位に転落した横浜DeNA。現在は中日と激しい最下位争いが続いており、
3年連続のクライマックスシリーズ進出が遠のく中、アレックス・ラミレス監督(43)の今オフの解任が決定的になってきた。

親会社のDeNAは水面下で、“大魔神”佐々木主浩、“番長”三浦大輔などの有力OBを中心に次期監督を検討してきたが、
最終的に絞り込んだのは「若大将」原辰徳氏(60)だという。


相模原市出身の原氏は横浜にもファンが多く、東海大学時代の本拠地は浜スタだ。
これまで3度目の巨人監督も視野に入れ、DeNAの要請に回答を保留していたが、「受諾」の方針を固めたというのだ。

「ミスタープロ野球と読売グループの総帥が相次いで入院したことで、巨人を取り巻く環境が一変したからです。
恩師・長嶋茂雄氏(82)が体調を崩して7月始めに入院。渡辺恒雄読売新聞グループ本社代表取締役主筆(92)も、8月中旬に頸椎の一部を骨折して入院中。
ともに重病説もあり、松井秀喜氏がニューヨークに戻らず日本に長期滞在していることは、今オフの巨人監督就任を代弁しているのです」(スポーツ紙デスク)

老川祥一前オーナーの後任として、渡辺主筆は「後継者」に同グループ本社社長の山口寿一氏(61)を就任させた。その山口オーナーはコンプライアンスを大事にする法務畑の人物。
女性問題の解決に元暴力団員に1億円支払った原氏の監督復帰は構想にない。

そんな折、原氏は7月末の「阿蘇・熊本シニアオープン」で国内男子シニアゴルフにデビュー。
「ファンケル・クラシック」にも主催者推薦で出場するなどゴルフ三昧の生活を送っていたが、この生活も封印する。

今後は野球界にしっかり眼を向けて、ゴルフ界は陰ながら応援します。僕が出ることは、もうない」と、今オフの“有事”を暗示する発言をした。

「松井巨人が発足すれば、コーチ陣ももれなく再編されます。その人たちの受け皿を用意する目的もあり、
巨人も原氏のDeNA監督転身を後押ししている。松井監督への環境作りです」(巨人OBの野球解説者)

ラミレス監督は「毎日2万8000人以上の人がハマスタに来てくれている。
彼らは1人も諦めていないので、我々も諦めるわけにはいかない」と続投に意欲をみせるが、退陣のシナリオはすでに完成済み?

http://dailynewsonline.jp/article/1517107/
2018.09.07 17:20 週刊実話

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/31(金) 15:11:25.58
no title

DeNAは31日、未成年の山本祐大捕手(19)=178センチ、78キロ、右投右打=が飲酒していた事実が発覚したことを公表した。
同日の阪神戦(甲子園)前、三原球団代表が明らかにした。

山本は京都翔英高からBC滋賀を経て、17年ドラフト9位でDeNAに入団。8月19日の広島戦(横浜)では代打でプロ初打席発本塁打をマーク。
初打席本塁打はプロ野球63人目で、代打では同16人目だった。

今季はここまで2試合に出場し、1打数1安打1本塁打2打点。現在は1軍登録されていない。年俸500万円。背番号50。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180831-00000155-sph-base

3: 風吹けば名無し 2018/08/31(金) 15:11:58.31
うーんこの

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/19(日) 00:38:35.21
下位なら指名あるか?

5: 風吹けば名無し 2018/08/19(日) 00:40:24.68
志望届だすソースは?

16: 風吹けば名無し 2018/08/19(日) 00:42:32.56
>>5
今日のスポニチ

 
bandicam 2018-08-19 02-27-39-863

横浜 夏の甲子園ワーストの14三振 平田監督「まだ整理がつかない」

 優勝候補にも挙がった横浜が力尽きた。吉田に12安打を浴びせたが、同校夏の甲子園でワーストの14三振。平田徹監督は「まだ整理がつかない。負けたのは私の責任。選手はよくやってくれた」と肩を落とした。

 2戦連続無安打と苦しんだ4番・万波は初回にスライダーを左前へはじき返し、今大会初安打。7回には143キロを左前打と2安打を放った。一方で2三振も喫し「ほぼ直球で来ると思っていたが、かなり変化球が多かった。もっと3年生と一緒にやりたかった」と涙をこぼした。

 南神奈川大会では直前に追加登録でメンバー入りし、打率・542をマーク。スカウト評価も回復した。今後の進路は「今はまだ考えられない」としたがプロ志望届を提出する見通し。「若いうちにいろいろ経験できた。成長させてもらった」と言って高校野球に別れを告げた。 

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/08/18/kiji/20180818s00001002042000c.html

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング