オススメアンテナサイト

ニュース・話題

1: 風吹けば名無し 2019/01/30(水) 15:46:58.19 ID:NFQgvbTCF
第1弾はHG 1/144 RX-78-2 ガンダム 12球団バージョン
https://gundam-proyakyu.jp/


photo_Carp_01

photo_Swallows_01

photo_Giants_01

photo_BAYSTARS_01

photo_Dragons_01

photo_Tigers_01

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 15:47:20.16 ID:bkRmIc/x9
 「選抜高校野球・選考委員会」(25日、大阪・オーバルホール)

20190125-00000093-dal-000-5-view

 昨秋の地区大会を参考に、出場32校が決定した。

 各地区の優勝校が集まった神宮大会を制した札幌大谷(札幌)、準優勝の星稜などが順当に選出。激戦の関東6校目はエース及川が注目の横浜(神奈川)が選ばれた。監督が部員に体罰を加えたことが明らかになった春日部共栄(埼玉)も選出された。

 一方で、3季連続の全国制覇に期待がかかり当落線上にいた大阪桐蔭は落選。プロ注目の好投手・西がいる創志学園(岡山)も選考漏れした。


【21世紀枠】
石岡一(茨城) 初出場
富岡西(徳島) 初出場
熊本西(熊本)  初出場

【北海道】
札幌大谷(北海道) 初出場
札幌第一(北海道) 2年ぶり3回目

【東北】
八戸学院光星(青森) 3年ぶり10回目
盛岡大付(岩手) 2年ぶり5回目

【関東】
桐蔭学園 (神奈川) 16年ぶり6回目
春日部共栄(埼玉) 22年ぶり3回目
習志野(千葉) 10年ぶり4回目
山梨学院(山梨) 5年ぶり3回目
横浜(神奈川) 5年ぶり16回目

【東京】
国士舘(東京) 10年ぶり9回目

【東海】
東邦(愛知) 2年連続30回目
津田学園 (三重) 17年ぶり3回目

【北信越】
星稜(石川) 2年連続13回目
啓新(福井) 初出場

【近畿】
龍谷大平安(京都) 3年ぶり41回目
明石商(兵庫) 3年ぶり2回目
履正社(大阪) 2年ぶり8回目
智弁和歌山(和歌山) 2年連続13回目
福知山成美(京都) 5年ぶり3回目
市和歌山(和歌山) 3年ぶり6回目

【中国】
広陵(広島)6年ぶり24回目
米子東(鳥取) 23年ぶり9回目
呉(広島) 2年ぶり2回目

【四国】
高松商(香川) 3年ぶり27回目
松山聖陵(愛媛) 2年連続2回目

【九州】
筑陽学園 (福岡) 初出場
明豊(大分) 10年ぶり3回目
大分(大分) 初出場
日章学園 (宮崎) 初出場

https://sports.yahoo.co.jp/contents/2994

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 09:33:39.62 ID:+45Xhqcup
まずは家庭から、夢へと前進する。DeNAアレックス・ラミレス監督(44)が24日、日本語マスターを決意した。昨年1月に国籍取得申請をし、23日に日本国籍を取得。
横浜市内の球団事務所でスタッフミーティングに参加し「本当にうれしい。ハッピーです。妻からは『これからは英語はやめて、日本語って言われた。英語は使わない』って」と喜び、家庭内レッスンが始まることをうかがわせた。

「日本人の国籍を取得した中で、日本語を話せないのは僕だけ」と自虐ネタで笑いを誘いながらも、報道陣から日本語でメッセージを求められると
「みなさん、こんにちは。DeNA監督のアレックス・ラミレスです。昨日から日本人です。もちろん私の日本語はまだまだですが、これから勉強します。よろしくお願いします」と、はきはきした口調で話した。

※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190124-00457509-nksports-base

2: 風吹けば名無し 2019/01/25(金) 09:35:09.94 ID:pEs6mxJnd
微笑ましい

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/23(水)13:45:01 ID:87y
公式ツイッター

2016年は投手として16試合で中継ぎ登板。11回2/3を投げ、0勝0敗。13安打、21四球、14三振、防御率11・57の成績を残している。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190123-00000065-dal-base

1

 ドミニカ共和国出身の左腕は、14~16年までダイヤモンドバックス傘下のマイナーでプレー。16年ドミニカサマーリーグでは16試合の登板で防御率11・57だった。その後2年間はドミニカ共和国の独立リーグでプレーしていたという。1メートル89の長身から最速150キロの直球を操る。

 この日横須賀市内の2軍施設で練習を行い「今季支配下契約を勝ち取り、試合に勝てるように一生懸命プレーしたい」と抱負を語った。ドミニカ共和国では野手としての出場もあった21歳は「もし野手をやれと言われればもちろんやりたい。今はもちろん投手で」と不敵な笑みを浮かべていた。

※全文は下記リンクより


らしい。

続きを読む

12007A0C-DF2D-48FE-B4EF-1B084C342CA7

1: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 06:38:03.14 ID:hrIlTk9c0
no title

2: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 06:38:32.82 ID:hrIlTk9c0
問い合わせた所キャンプ中継や練習試合の中継は未定との事
多分ない

3: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 06:38:46.94 ID:hrIlTk9c0
スポナビ帰って来てくれ

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 04:04:06.58 ID:XKny2LXO0
謎の男が加わる。DeNAが新外国人として、レミー・コルデロ投手(21)を獲得することが22日、分かった。育成契約となる見込みで、近日中にも発表される。

コルデロは、ドミニカ共和国出身の左腕。15、16年にダイヤモンドバックス傘下で、ドミニカのサマーリーグでプレーした経験を持つが、ここ2年間の出場記録はなく、その正体はベールに包まれている。

さらには、無限の可能性も秘めている。15年の同リーグでは外野手として46試合に出場。打率1割9分6厘、1本塁打、13打点をマークしたが、16年は投手として16試合に登板した。
先発の機会はなく、救援として0勝0敗、防御率11・57、14三振を記録。左投げ、左打ちの「二刀流」としての実績も併せ持つ。

ソトに続く“二匹目のどじょう”を狙う。昨季41発で本塁打王に輝いたソトも、もともとは練習生。17年10月に3Aから練習生として参加。
昨年5月ごろから出場機会を得ると、球界史上8人目となる来日1年目での40発超えを達成した。未知数とも言うべき、コルデロにかかる期待も大きい。

球団はこのオフ、巨人を戦力外となった中井大介内野手(29)を獲得、14年までDeNAに所属した古村徹投手(25)と再契約するにとどめ、積極的な補強には動いていなかった。
コルデロが、このオフ初の外国人獲得となる。21歳とまだ若く、無限の可能性を秘めた男の正体が明かされる日は近い。

8: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 04:05:55.13 ID:0uo5RWrs0
本当に謎のすぎて笑った
ソトと一緒で主力外国人が怪我した時のスペアだろうな

14: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 04:06:33.86 ID:KBNFjHgya
謎だから他球団は対策不可能
最強じゃん

23: 風吹けば名無し 2019/01/23(水) 04:08:51.81 ID:qFa7XdzUd
ケントとは別人か

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/21(月) 23:49:13.91 ID:XCPN2kiy0

K10011785871_1901212138_1901212139_01_02

プロ野球の各球団は、東京オリンピックの開催に伴うペナントレースの中断期間に、セ・リーグの球団とパ・リーグの球団が対戦する形式の練習試合を無観客で行う方向で調整に入ることになりました。

プロ野球は来年開かれる東京オリンピックの開幕2日前の7月22日から閉幕後の8月13日までの23日間、ペナントレースを中断することが決まっています。

NPB=日本野球機構の井原敦事務局長はこの中断期間について「前半はそれぞれが練習し、後半に練習試合をする方向で話が進んでいる」と話し、観客を入れずに練習試合を行う見通しを示しました。

さらに関係者によりますと、練習試合は同一リーグの対戦は行わず、セ・リーグの球団とパ・リーグの球団が対戦する形式で行う方向だということで、オリンピックの競技会場が多い関東を避けて仙台や西日本の球場で行う見込みだということです。



2: 風吹けば名無し 2019/01/21(月) 23:49:35.28 ID:0rOtRFBGM
ええ…

4: 風吹けば名無し 2019/01/21(月) 23:49:59.47 ID:LUxhs+570
は?

3: 風吹けば名無し 2019/01/21(月) 23:49:47.31 ID:0eBxsSH5M
意味不明すぎて草

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/21(月) 19:40:54.39 ID:IdNKM0Y20
20190121-00000139-spnannex-000-1-view
DeNAのラミレス監督が21日、新潟市内で行われたトークショーに参加。現時点で考える開幕スタメン案を披露した。

 「キャンプ、オープン戦を見て変わる可能性はある」と前置きした上で、集まったファンに明かしたメンバーは以下の通り。

 (1)9梶谷

 (2)8桑原

 (3)4ソト

 (4)7筒香

 (5)5宮崎

 (6)3ロペス

 (7)2伊藤

 (8)6大和

 (9)投手

 昨季は4位に沈んだが「あのような結果で終わるチームではない。今年は昨年よりいいチームだ」と巻き返しを宣言した。

 5月8日にはハードオフエコスタジアム新潟で巨人戦が予定されている。昨季は新潟で行われた巨人戦で敗戦しているだけに「リベンジを果たせればと思っている」と力強く語った。


続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2019/01/20(日)22:28:26 ID:XAE

これはアカンやろ
もっと拡散すべき事実




2: 名無しさん@おーぷん 2019/01/20(日)22:32:37 ID:ofd
これは酷い

続きを読む

20190107-00438462-nksports-000-2-view

1: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 19:46:54.61 ID:F0PEMgwG0
巨人がFAで獲得した丸佳浩外野手(29)の人的補償で広島移籍が決まった長野久義外野手(34)に関して、今オフ、FA権を行使して横浜DeNA入りするとの情報が浮上。 長野の妻は、テレビ朝日の下平さやかアナ。一家で広島入りすることができない事情に中畑清氏が助け舟――。

(中略)

一方の広島サイドは、今オフの長野のFA流出は想定内だという。

丸の抜けた穴が大きいことから、大物外野手が必要と考え、年俸2億2000万円を承知で長野を獲得した。 そこには「1年限定なら、費用対効果は十分に見込める」というシビアな計算があるという。

「緒方孝市監督と長野は、同じ佐賀県出身で実家も隣町同士。移籍に快く応じたのも、以前から交流があったからです。監督は、長野が家庭の事情で東京を離れられないことを熟知している。長野が帰京を願えば、希望通り送り出すでしょう」(スポーツ紙デスク)

そこで、ちょっかいを出そうとしている男がいる。巨人OBでDeNA前監督の中畑清氏だ。

「内海に続いて今度は長野が…。巨人OBの1人として寂しくてたまらない。伝統や格式を口にする球団が薄っぺらになったな」

今回、長野を失った経緯について、原巨人をあからさまに非難しているのだ。そんな中畑氏には“ある思惑”があるという。

「中畑氏は、全権監督を託された原辰徳体制からはみ出した選手の受け皿となる勢力の旗頭になりつつあります。 長野、内海をはじめ、今回の巨人のプロテクトリストから漏れたと思われる阿部慎之助、亀井善行、澤村拓一などと連動して、 原巨人に対抗できうる軍団結成を目指しているのです。受け皿は、横浜を本拠地とするDeNAベイスターズです。
今季はラミレス監督が引き続き指揮を執りますが、今オフには中畑氏が復帰する可能性がある。 その手土産となるのが、米MLB転身が予想される筒香嘉智に代わる“スター選手”にして“主砲”の獲得です。 惜しまれて巨人を去った長野なら同情票も集まり、中畑監督との相乗効果が見込めます」(前出・スポーツ紙デスク)

横浜なら都心から通勤圏内で、最愛の妻も仕事が続けられる。さらに選手層の薄いベイスターズなら人的補償で悩む必要もない。まさにいいことずくめだ。

長野がこのままカープに骨を埋めることはあるのだろうか。とはいえ、このオフ、FAで巨人に復帰することだけはなさそうだ。


5: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 19:48:31.71 ID:UUCc9+sJ0
人的補償に悩まないは草

8: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 19:49:04.73 ID:ILYZ/AIC0
妄想だけでよくこんな長文書けるわ
さすが記者やね

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング