オススメアンテナサイト

A・ラミレス

1

1: 風吹けば名無し 2018/07/26(木) 00:46:25.47
 ―スタメン捕手は。 
 「今日も伊藤。見方によっては伊藤がマスクをかぶっている時に大量失点をしていると思われるかもしれないが、 
僕的には非常に配球もいいし、非常にいい球種を投手に要求している。ターゲットとしても非常に低めに構えている。 
どちらかというと投手の制球によって打たれているので、よくやってくれていると思う」 


 ―伊藤もローテ投手と2巡目に入ってくる。コンビネーションも良くなってくるか。 
 「2巡目になるので、どんどん良くなってくると思う。数字だけ見ると非常にネガティブなもので、 
彼がマスクをかぶった時は投手の防御率が6・12とか、良くないが、トータル的に見ると、 
プレーの姿勢もアグレッシブで、打撃に関しては3割以上を打っている。これからどんどん良さが出てくると思う」


https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4741173

8: 風吹けば名無し 2018/07/26(木) 00:48:26.33
実際要求通りには来んからな

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/07/22(日) 23:46:16.08
フジ スポニューより

7: 風吹けば名無し 2018/07/22(日) 23:47:51.09
no title

34: 風吹けば名無し 2018/07/22(日) 23:53:13.62
>>7
ワロタ

28: 風吹けば名無し 2018/07/22(日) 23:51:24.13
>>7
こんだけ点取られてるなら相手メッセじゃなくても同じやろ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/07/21(土) 22:17:04.43
1

DeNA石田3回6失点KO、ラミレス監督「彼のいい日ではなかった」


DeNAは阪神に5―7で敗れた。先発の石田が序盤から阪神打線に捕まり、3回6失点で6敗目を喫した。

 ラミレス監督は試合後、「石田の初回は悪くなかったと思うが、リードを保てなかった。3回6失点はちょっと失点が多かったかなと思う。何とか追いつこうとしたが、序盤の6失点が響いた。リリーフ陣は頑張ってくれたが、攻撃もうまくかみ合わなかった」と振り返った。

  石田について直球の球速が2回から落ちたかとの質問に「普段はもうちょっと落ちるのが後だが、今日は1回途中あたりから球速が不安定になってしまった。今日は間違いなく彼のいい日ではなかった。ロサリオに打たれた一本目はチェンジアップが高めに浮いた。(3ランを浴びた)糸井への真っすぐは真ん中。どちらも失投だと思う。ああいういい打者にミスして失投すると打たれてしまう」とコメント。今後の起用については「リリーフとして使うという選択肢を考える可能性もある。2軍の先発候補との兼ね合いになるが。その可能性は考える必要がある」と語った。

※全文は下記リンクより


続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/19(木)22:08:34
1

DeNAのラミレス監督が19日、横浜でのナイター練習で今季初のフリー打撃を行い、7本のサク越えを披露した。

 「今年初めて。しばらくぶりのエクササイズです」と手袋を着け、力強くスイング。左翼席上段に飛び込む特大弾など3連発を含め7本のアーチを夜空に描いていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180719-00000195-sph-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/07/15(日) 16:17:14.51
1

――攻撃面で気になるのは、リーグ最多の92本塁打を記録しながら、リーグ5位の300得点にとどまっている点です。比較対象として、カープは90本塁打、379得点です。この80得点近い差はどうして生まれているのでしょうか。


「四球の数の違いによるものだろう(カープはリーグ最多の320個、ベイスターズは同最少の179個)。それにシーズン序盤は、1番打者、2番打者がなかなか塁に出られなかったので、走者を溜めてからのホームランが少なかったのではないか。
カープは上位打線がきっちりと四球を選んでいるから、その差が出ているのだと思う。
ただ、本塁打数と得点の関係性よりも、むしろ打点に注目すべきだ。打点がしっかりと稼げるということは、得点圏打率も高いということ。そこに注視していきたいし、後半戦はカープを上回る数字になっていくと考えている」


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/07/08(日) 23:59:42.49 ID:2ZcgozWt0

A593BBFB-AC33-4B59-B7E7-644393FB194D

 ―1点を守っての勝利となった。
 「エラーでの1点を守り切って、大きな勝利だったと思う。投げた投手、全員が良かったと思う。」

 ―六回2死一、二塁で右の中谷に対して左の砂田を投入したが。
 「あそこはデータよりも勘やフィーリングといったところがあった。
ただ、砂田は中谷に対して2打数1安打だが、中谷はウチの右投手の方を左投手よりも打っている。
三上も相性が良くないし、他の投手もそう。なので、あそこは砂田という選択になった」


続きを読む

bandicam 2018-07-05 23-40-14-585

1: 風吹けば名無し 2018/07/06(金) 13:16:04.21 ID:VJobGvGa0
ラミ「東京ドームだと桑原は打率4割ぐらい打ってるから1番スタメンにする」

7/3 2打数1安打2四球1死球 ※盗塁1
7/4 4打数1安打1四球
7/5 5打数4安打 ※盗塁1

打率.545 出塁率.667

続きを読む

rami1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/27(水)00:00:12 ID:19O
「石川も何本かヒットを打っていた。良かったと思う。しばらくぶりにヒットを打っているのを見て、うれしく思った」

 ―倉本も2安打を放っていたが、1軍再昇格への課題は。
 「やはり、自信にみなぎっているというところが見られなかった。ショートも、セカンドも守っていたが、自信に満ちあふれてプレーしている感じじゃなかった。ヒットも打っていたが、もう少しという感じだった」

 (続けて)
 「状態が戻るには、もう少し時間が掛かるのかなという感じがした」
https://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4707957

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/06/20(水) 11:11:33.31 ID:SJefXJiQ0
1

――セカンドについて。5月31日に倉本寿彦選手を登録抹消としましたが、これはどのような理由だったのでしょうか。 


 交流戦で対戦するパ・リーグには、非常に球の速い投手が多い。倉本は内角を打ちあぐねているところがあり、交流戦でいい結果を残すことが難しいのではないかと考えた。 
あと、彼はバッティングが魅力の選手で、打ってくれているなら守備のことはあまり気にせず起用したいところだが、打つほうで苦戦し、さらに守りにも難があるとマイナス要素が2つあることになってしまう。 
ファームでしっかりと状態を上げて、またセ・リーグの戦いが始まるころに帰ってきてもらえればという考えは頭にある。

――直近の試合では山下幸輝選手、柴田竜拓選手、田中浩康選手がセカンドとして出場していますが、交流戦が終わった後はどういった起用法になるのでしょうか。 

 1軍に帰ってきた倉本に、「どうぞ、このポジションをやってください」という形にはならない。桑原にも言えることだが、競争して、自分のポジションを勝ち取ってもらいたいと思う。 
しばらくは複数の選手をローテーションのような形で起用しながら、状況を見極めていくことになる。

3: 風吹けば名無し 2018/06/20(水) 11:12:09.70 ID:SJefXJiQ0
ええんか?

5: 風吹けば名無し 2018/06/20(水) 11:12:35.20 ID:o8wvaVddr
ええぞ

6: 風吹けば名無し 2018/06/20(水) 11:13:07.44 ID:IikKZqXL0
ラミレスは嘘つきやから…

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング