オススメアンテナサイト

A・ラミレス

1: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 09:34:02.68 ID:8XBCohx90
1

DeNAのラミレス監督が、将来的なメジャー挑戦の意思を表明した筒香の夢に理解を示した。

この日、神奈川県内で自らが主催したダウン症の子供たちの支援を目的としたチャリティーゴルフコンペに参加。
「筒香ぐらいの選手であれば驚きはない。球団がどういう判断をするか分からないが、夢を持つことは誰にも止められない」と話した。

筒香が「納得できないシーズンだった」と振り返る今季は、打率・295、38本塁打、89打点という成績だった。
だが、メジャー2球団でプレーした経験のある指揮官は「向こうでも30本塁打、100打点、打率も2割9分から3割を打てる力がある。100四球ぐらいは選べる」と断言。
日本選手では、04年に松井秀喜(ヤンキース)が打率・298、31本塁打、108打点したが、それを超える日本選手初の「3割、30本、100打点」へ太鼓判を押した。

ただ、筒香本人が「まず来年はベイスターズで優勝する」と話しているように、指揮官も来季は主砲としてチームの勝利に貢献することを求めている。
「松井(秀喜)も50本塁打を打って巨人を優勝させてメジャーに行った。筒香もそうなればみんながハッピーになる」。
後悔しない圧倒的な成績を残して、自身の夢をかなえてほしい。
「ハマの4番」も同じ道を歩んでほしいというのが、ラミレス監督の願いだ。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000026-spnannex-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/11/27(火)11:51:54 ID:7Bv
20181126-OHT1I50181-L
https://www.hochi.co.jp/baseball/npb/20181126-OHT1T50211.html

 DeNAのラミレス監督ら球団トップがこの時期では異例のミーティングを行った。三原球団代表、萩原チーム統括本部長のフロントトップ2人に、ラミレス監督、青山ヘッドの4人が横浜スタジアムで約1時間半会議を行った。
 昨年までなかった新たな試みに指揮官は「来年のキャンプへ向け意見交換した」と説明。陣容が固まってきたことで1、2軍の振り分けなどが話し合われたもよう。高田GMが退任。新体制となり、より密にコミュニケーションを取っていくことになる。

続きを読む

bandicam 2016-06-23 09-30-51-160

1: 風吹けば名無し 2018/11/21(水) 02:51:55.34 ID:8FQngHZna
緒方(30) .305 36本 *69打点 18盗塁 OPS*.995
小川(27) .252 11本 *30打点 *0盗塁 OPS*.718
原原(25) .302 32本 103打点 *9盗塁 OPS*.949
ラミレス(35) .304 49本 129打点 *1盗塁 OPS*.951
与田(24) 50試合 *88.1回 *4勝5敗31セーブ *70奪三振 防御率3.26 WHIP1.04
矢野(34) .328 14本 *79打点 *1盗塁 OPS*.897

辻辻(34) .319 *3本 *31打点 14盗塁 OPS*.819
工藤(24) 27試合 23完投 223.2回 15勝4敗*0セーブ 175奪三振 防御率2.41 WHIP1.10
栗山(28) .255 *2本 *26打点 *4盗塁 OPS*.617
西村(30) .338 *3本 *38打点 35盗塁 OPS*.861
井口(29) .340 27本 109打点 42盗塁 OPS1.011
平石(29) .254 *1本 **8打点 *1盗塁 OPS*.726

復帰するのは今監督をしているチームとする

2: 風吹けば名無し 2018/11/21(水) 02:52:27.13 ID:rNlfJWll0
工藤寄越せ

3: 風吹けば名無し 2018/11/21(水) 02:53:18.88 ID:SiM2RFI70
デメリットないならそら押すところの方が多いやろ

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2018/11/19(月) 20:56:17.95 ID:fMz/Dqip0

 DeNAのラミレス監督が19日、秋季キャンプ先の鹿児島・奄美大島から帰京した羽田空港で取材に応じ、オリックスから国内フリーエージェント(FA)宣言した西について「間違いなく良い投手だ」と話した。DeNAはソフトバンク、阪神とともに獲得に乗り出している。

 ラミレス監督は2015年にオリックスで巡回アドバイザーを務めており「彼がどういう投手かは知っている。獲得に関しては私の権限の範囲外だけれど」と話した。


https://www.sanspo.com/baseball/news/20181119/den18111919100002-n1.html

2: 風吹けば名無し 2018/11/19(月) 20:56:34.01 ID:Yr7ByYiA0
そりゃそうよ

4: 風吹けば名無し 2018/11/19(月) 20:56:59.17 ID:V/LOSBl+0
そういやオリックスでコーチしてたんだよな

続きを読む

news

1: 風吹けば名無し 2018/11/12(月) 08:38:48.70 ID:ApgjsExS0
DeNAのラミレス監督が新体制になった中日に強い警戒心を示した。今季は15勝10敗で、15年から4年連続で勝ち越しているが「来季、中日は間違いなく強いチームになるだろう」と話した。

 特に警戒するのが、与田新監督の参謀役として新たに就任した伊東ヘッドコーチの存在で「伊東さんは勝者のメンタリティーを持っている素晴らしい指導者だ」と話した。

https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2018/11/12/kiji/20181112s00001173100000c.html

来季は中日がくるぞ・・・・!

11: 風吹けば名無し 2018/11/12(月) 08:41:28.82 ID:kY1ZXoo50
伊東監督みたいな扱いに草

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/11/06(火)07:56:33 ID:TQT
──相手投手の制球が定まっていない場合も、方針の変更はしなかったのですか?

「エース級の投手、例えば巨人の菅野(智之)投手が先発だった場合は、1ストライクを取られた後の結果は約60%の確率で打ち取られています。
ですから、同じようなレベルの投手と対戦するときも、積極的な姿勢がマッチすると思いました。
ボールカウント3-2と追い込まれてのチーム打率がよくないデータもありましたからね。
ですが、それで四球の数が減り、ダントツでリーグ最下位(363個。5位は中日の402個)。
得点力も(ネフタリ・)ソトがホームラン王になったとはいえ、見ての通りでした。スミマセン」

https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/baseball/npb/2018/11/06/dena___split_3/

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2018/11/04(日) 19:08:11.66 ID:wonqgvYzp
DeNA・ラミレス監督(44)が4日、奄美秋季キャンプで自身のスイングをハイテク最新器具「ブラストモーション」で測定。「スゴイネ。ビシエドみたい」と、冗談を飛ばし自画自賛。
24日に東京Dで開催される「名球会対抗試合」に出場するため、キャンプの空き時間に練習を行っている模様だ。


引退から約4年。現役時代をほうふつとさせる力強いスイング―のようにも見えた。通訳のトスにネットに向かってバットを振り抜いた。
NPB通算380発の実力者はタブレットでスイングスピード、バットの軌道などの数値を確認し「コンタクトの位置はベスト。昨日の(2年目内野手)佐野よりいいかも」と笑っていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181104-00000210-sph-base



続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/19(金)09:58:30 ID:qx7
DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)が18日から始まった秋季練習中にコーチ陣との個人面談を行うことを明かした。

 3年ぶりのBクラスに転落し「僕が全ての決定をしていた。コーチとの間でコミュニケーションがバラバラだった。コーチをどう生かしていくか。修正してチームを強くしたい」と「ラミ反省会」を重ね、来季浮上を目指す。

 まだベイスターズ球場では練習中だったが、指揮官は隣接する寮内へ消えた。この日は青山ヘッドコーチと約1時間半にわたり、面談を行った。「今日一番の目的はアオヤマさんと話すこと。今季を振り返り、修正点を挙げた」と説明した。


続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2018/10/10(水) 22:02:34.70 ID:5sabTTjE0
横浜DeNA・ラミレス監督が続投 球団、昨季までの実績評価
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181010-00000099-asahi-spo
 プロ野球DeNAのアレックス・ラミレス監督(44)が来季もチームの指揮を執ることが10日、決まった。南場智子オーナーが同日、今季最終戦の終了後に甲子園で正式に続投を要請。ラミレス監督も受諾し、「とても責任を感じる。来季へ向けてしっかり準備したい」と語った。

 就任3年目の今季は石田や今永ら先発陣の不振が響き、野手も主軸以外は先発を固定できないなど誤算が続いた。早々に優勝争いから脱落し、3年ぶりのBクラスとなる4位に転落したが、球団は2季続けてクライマックスシリーズへ導いた手腕を評価している。若手を積極的に起用し、育てながら勝利を目指す姿勢への信頼も厚い。

 球団創設時から編成のトップを務めてきた高田繁ゼネラルマネジャー(73)は退任する。光山英和バッテリーコーチ(52)も退き、来季は球団OBの三浦大輔氏(44)を投手コーチに招請するなどコーチ陣を再編し、巻き返しを図る。

2: 風吹けば名無し 2018/10/10(水) 22:02:48.22 ID:5sabTTjE0
予想通り

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング