オススメアンテナサイト

A・ラミレス

bandicam 2017-08-13 04-08-39-240

1: 名無しさん@おーぷん 2018/09/24(月)18:09:51 ID:ioK
◇セ・リーグ 広島4―0DeNA(2018年9月13日 マツダ)

 DeNAは広島の4投手に6安打に抑え込まれて零敗。数字上でもリーグ優勝の可能性が消滅し、20年連続でリーグ制覇を逃すことになった。

 ラミレス監督は試合後、打線について「多くはなかったが、2回ぐらいはチャンスをつくれたと思うけど、まあ打つ時もあれば打たない時もあるということだと思います」と淡々。
優勝の可能性がなくなったことを聞かれると、「2年連続で優勝逃したがAクラスになり、そして去年は日本シリーズにも行っている。
可能性が完全になくなれば、またプランBということで、2位を狙って去年と同じように頂点目指していくだけだと思います」と前を向いた。


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180913-00000171-spnannex-base

9月13日試合後 プランB発動
9月14日vs巨人〇
9月15日vs巨人〇
9月16日vs阪神●(20失点の大敗)
9月17日vs阪神〇
9月19日vs巨人〇
9月21日vs中日〇
9月22日vs中日〇
9月23日vs広島●
9月24日vs広島〇

7勝2敗 勝率77.8%

2: 名無しさん@おーぷん 2018/09/24(月)18:20:58 ID:ALw
you know

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/13(木) 22:22:32.63

bandicam 2018-09-14 01-43-27-735

屈辱的な無得点負けを喫したDeNAが、リーグVの完全消滅と同時に最下位に転落した。

1度も三塁を踏むことがないまま、7安打無得点。先発した飯塚悟史投手も序盤に崩れ、3回4失点で降板した。20年ぶりのリーグ優勝が完全に消滅し、中日と入れ替わって6位に転落。ダブルショックにも、アレックス・ラミレス監督は「(昨季まで)2年連続優勝逃してAクラス。去年は日本シリーズまでいった。プランBで2位を狙いにいくだけだ」と、ひたすら前を向いた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201809130000980.html


続きを読む

キャプチャ_2018_08_31_19_37_30_351

1: 風吹けば名無し 2018/08/31(金) 21:04:40.70
 DeNA・ラミレス監督(43)が31日、阪神戦(甲子園)が3点リードの3回途中で雨天中止となったことに不満を口にした。

 指揮官が納得できない点として挙げたのは3度目の中断の最後、審判団が「グラウンドコンディション不良」による中止を決断した時、雨はすでにやんでいた点にあった。ここから天気は回復傾向にあるという予報もあっただけに指揮官は「ここにいる人(選手や報道陣など)だけではなく、スタンドの4万人の人がびっくりしたと思う」と、不満を口にした。

 ラミレス監督によると、審判団から中止に至った経緯、理由などの説明は受けなかったという。「雨が降り続いているならわかるがもう降っていなかった。ちょっとわからない。説明は何もなかった。(審判が)出てきて『ノーゲーム』と言って帰ってしまった。我々だけではなく、ファンの方にも説明が必要ではないか。何点取ろうが審判が『ノー』と言われてしまったので…」。最後は自ら取材を切り上げるように、帰りのバスへと向かった。

※全文は下記リンクより

続きを読む

bandicam 2017-08-13 04-08-39-240

1: 風吹けば名無し 2018/08/20(月) 08:03:01.23
 2-9から2点差まで追い上げ、なお九回二死満塁まで攻めたが、最後はソトが遊ゴロに倒れた。
打線が執念を見せただけに、ラミレス監督は「(七、八回の)2失点が響いてしまった」と悔やんだ。
チームの借金は就任3年目でワーストの「12」となったが「シーズンの終わりには、この位置(5位)にはいない。2位が当面の目標。そこに向かって頑張っていく」と前を向いた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180820-00000011-sanspo-base

続きを読む

821: 名無しさん@おーぷん 2018/08/12(日)22:25:16
bandicam 2018-08-12 23-07-06-159

「抹消します」横浜DeNAラミレス監督、2回に死球交代の神里の登録抹消を明言


12日に行われた横浜DeNA対阪神17回戦は、12対5で横浜DeNAが勝利。7回2/3、134球の熱投を見せた先発・今永が、打線の援護もあり今季3勝目(6敗)を挙げた。

 久しぶりの快勝にチームが沸く中、試合後に報道陣の取材に応じたラミレス監督は、2回に右足に死球を受けた神里の状態に言及。「明日、医者に診てもらうことになるが、現時点で走れないということなので、抹消することにしました」と説明した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180812-00010018-abema-base

続きを読む

bandicam 2017-08-13 04-08-39-240

1: 風吹けば名無し 2018/08/02(木) 21:16:55.49
(セ・リーグ、DeNA2-3巨人、17回戦、DeNA9勝7敗1分、2日、横浜)DeNAは2日、巨人に2-3で敗れ、本拠地で同一カード3連敗を喫し、借金は今季ワーストの「8」となった。

 打線は巨人の先発、メルセデスの前に凡打を積み重ね、六回一死まで無安打。柴田の左前打で、この試合の初安打が飛び出すと、続く桑原が左越えの7号2ランを放ち、1点差まで迫ったが、追撃はここまでだった。

 巨人3連戦は初戦で内海に完封を許すなど、3試合の合計で3得点。相手投手の好投もあったが、打線の元気のなさが心配だ。それでもラミレス監督は「スイングし続けることが大事。一度(打線に)勢いがつけば、必ず勝ち続けることができる。何も変える必要はない」と、テコ入れなどはせずに、流れが好転するまで“我慢”の姿勢を貫く。

 「うちの打線のラインアップは強力です。決して悪くない」と選手への信頼は揺るがない。「いつも言っているが、どう始めるかではなく、どう終わるかが大事。8月はこういう始まりとなったが、必ず、いい月で終わります」と強い口調で語った。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180802-00000577-sanspo-base

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/08/02(木) 04:31:15.49
rami

7月を終えて借金6、セ・リーグ4位と苦しむ横浜DeNAアレックス・ラミレス監督(43)が、31日間で27試合をこなす8月について「覚えておいてほしいが、8月終わる頃には、全然違う位置にいると思う」と大反撃を宣言した。

-今日から8月だがどんな戦いをしたいですか。

 いつも言ってるが、8月も相当試合数あるのでその日その日の試合をしっかり戦い、ケースバイケースで戦っていきたい。先月、桑原が4割打って月間MVPでもおかしくないような活躍をした。そういう選手が何人か出て来てほしい。ロペスとか筒香、宮崎とかが月間MVPに入るくらいの活躍をしてほしいと思う。


-けが人などで思うようなラインナップを組めないときがありましたが。

 理想からすれば60%くらい。だが、70%くらいには行けると思うし、ロペス、筒香、宮崎がもっと打ってくれると思う。桑原ソトも引き続き打ってくれると信じている。覚えておいてほしいが、8月終わる頃に(この席で話すときは)全然違う位置にいると思う。




続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング