オススメアンテナサイト

谷繁元信

bandicam 2018-07-15 10-39-55-447


1: 風吹けば名無し 2018/07/15(日) 03:55:05.56

3: 風吹けば名無し 2018/07/15(日) 03:56:52.78
明夫に毛があるやん!
bandicam 2018-07-15 10-39-46-684

bandicam 2018-07-15 10-39-51-321

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/04(水)12:39:53 ID:XjJ
shige

「このままでは中継ぎ陣が潰れる」谷繁氏 横浜DeNAに「中継ぎローテーション」を提言

横浜DeNAが誇ってきた中継ぎ陣の綻びが止まらない。

 3日に行われた対巨人12回戦は、4回に飛び出した伏兵・柴田の3号2ランで横浜DeNAが2点を先制するも、好投を続けていた先発・バリオスが6回裏に巨人・坂本に同点2ランを許した。7回表には桑原、ソトのタイムリーで2点を勝ち越すなど、野手陣も意地を見せたが、バリオスの後を受けた中継ぎ陣が踏ん張り切れずに結果は5対6。痛い星を落とす形となったチームは、今季ワーストタイとなる借金6になった。

 「このままでは中継ぎ陣が潰れる」

 この状況を以前から心配していた人物がいる。98年の日本一を捕手として牽引したOBで、現在は野球解説者を務める谷繁元信氏だ。

 「ラミレス監督の方針であり、早めの継投策が悪いということではない」と前置きをした谷繁氏は、捕手、監督経験を踏まえて次のように持論を述べ、チームに提言をした。

 「今シーズンの先発陣の状況や球数を考慮すれば、中6日ではなく、中5日でフルに稼働してもらえばいい。このまま中継ぎ陣を酷使すれば“しわ寄せ”によって潰れるのは必至。この状況を回避するために中継ぎを二手に分け、ローテーションを組めばいいんです。球数やイニングなどを勘案しながら、多くても3連投まで。4日目はブルペンでも完全ノースローを約束事としながら疲労度合をコントロールしていく。でなければ、シーズン後半を戦えなくなる」

 昨日登板した中継ぎ陣に関して、三嶋の登板数は30試合、三上に関しては33試合を数え、いずれも30試合を超えている(田中は4試合。ちなみに昨日登板の無かったエスコバー、砂田ともに34試合)。オールスター・ブレークまで今日を含めて8連戦が続く。ラミレス監督はさらに難しい舵取りを担うことになる。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00010002-abema-base

続きを読む

tanisige6

1: 風吹けば名無し 2018/04/27(金) 21:28:52.53 ID:ZqcHDnR/0
答えは全て谷繁元信です
ではいきます

問題

27年間連続本塁打というNPB記録を持つ選手といえば?

2: 風吹けば名無し 2018/04/27(金) 21:29:01.65 ID:i9Zs6B3t0
谷繁元信

4: 風吹けば名無し 2018/04/27(金) 21:29:19.23 ID:ZqcHDnR/0
正解は谷繁元信でした

では次の問題です

NPB歴代で、捕手での出場が一番多い選手といえば?

続きを読む

bandicam 2018-04-29 09-28-32-561

1: 風吹けば名無し 2018/04/29(日) 01:54:38.44 ID:rYgEIPm30

本放送でも明らかに緊張してた模様

2: 風吹けば名無し 2018/04/29(日) 01:55:20.34 ID:Fe63r6oI0
しゃーない

5: 風吹けば名無し 2018/04/29(日) 01:55:58.66 ID:KWfeehM60
さすがに草
頭真っ白になっとるやん

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2017/12/23(土) 08:18:29.03 ID:AO++4xav0
.267 20本 70打点 OPS.815 守備率.997 盗塁阻止率.543

2: 風吹けば名無し 2017/12/23(土) 08:18:58.96 ID:AO++4xav0
ちなみに横浜最終年の数字

5: 風吹けば名無し 2017/12/23(土) 08:19:22.20 ID:kep1g9YXd
ほぼ想像通りで草

続きを読む

tanisige

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/01(火) 13:07:55.13 ID:Jq8m+pVS0
現役時代、扇の要として横浜ベイスターズ、中日ドランゴンズの日本一に貢献し、2000本安打達成や史上最多の通算3021試合出場の記録を持つ谷繁元信氏。球界のレジェンドが、初著書「谷繁流キャッチャー思考」(日本文芸社 1512円)の発売記念トークショー&サイン会を横浜ジョイナスで開催した。「横浜に帰ってくると、ちょっと照れがある。解説のときに横浜スタジアムのスタンドを通るときはすごくうれしい」と話す谷繁氏が、久しぶりに横浜ファンと触れ合った。

 トークショーでは現役時代をさかのぼり、「試合に勝って泣いたのはあの1試合だけ」と98年の優勝時の思い出などを振り返った。「やはりチームを強くするのはキャッチャー。自分が力をつけることで横浜が強くなった」と語る一方で、現在の横浜DeNAについて「筒香(嘉智)を中心に、投手も今永(昇太)や石田(健大)が力をつけ、山崎康晃が抑えとなりチーム力が上がってきた。2年目の戸柱(恭孝)に責任を負わせすぎてはいけない」とバランス良くチーム力を上げることを訴えた。「僕がチームを出てからほとんどBクラス。横浜のファンは辛抱強く、よく応援しているなと思っていた」と本音を漏らすと会場は笑いに包まれた。トークはキャッチング技術にも及び、「ミットを動かさない」ことを強調。ミットを下げたいときはそれぞれの投手がミットから目線を離す瞬間に合わせ、投手からは動いていないように見せていたことも語り、会場のファンを感心させていた。


 トークショー後、投手との信頼関係を聞いてみると、「配球の意図を説明でき、それを理解してもらえるか」コミュニケーションが大切だと語った。サインに一番首を振られたのは中日の浅尾(拓也)だったが、優勝時の抑えのエース、佐々木主浩には一度も首を振られたことがないという。「三浦(大輔)や吉見(一起)、岩瀬(仁紀)は徐々に配球を理解してくれ信頼関係を作れた」と振り返った。今の横浜DeNAについては「優勝する前年に2位になった97年に似ている」と分析。「自分たちもずっとBクラスで、新戦力が少しずつ戦力になって勝てるようになり、2位になって自信がついた。Aクラスになれた去年が97年のよう。今年が大きな分岐点で大事な1年。経験を積み重ねてプラスにしてほしい」とエールを送った。なお、トークショーの最後にファンから「次にユニホームを着るならどこですか?」と質問され、「やっぱりここは地元横浜で!」と答えると拍手が沸き起こった。横浜愛がたっぷりの谷繁氏が期待する横浜DeNA。98年以来の優勝に向かえるか、ここからが勝負所だ。


※全文は下記リンクより
http://sports.abematimes.com/posts/2735569

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 15:01:56.30 ID:owwASiz9a
・グローブは手首ではなく肘で動かす
・小林はあと二年だめだったらそこまで
・大家さんは怖かった
・中日復帰は難しい
・(横浜復帰は)タイミング次第・・・
・キャッチャー職に本腰入れたのは四年目から
・詳しくは著書で
no title

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 15:02:08.78 ID:owwASiz9a
くっそおもしろかったわ

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 15:02:28.83 ID:owwASiz9a
横浜駅でやったのに中日ユニばっかやで

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 15:02:54.98 ID:owwASiz9a
筋肉はどこといわず全身を鍛えなアカンから大変とも

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 15:02:55.88 ID:GnEn7L6N0
サインの時本名書けた?

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/22(土) 15:03:39.68 ID:owwASiz9a
>>5
貰ってない、聴きに入っただけや

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング