オススメアンテナサイト

筒香嘉智

1

1: 風吹けば名無し 2019/01/22(火) 10:46:04.10 ID:9U26l9c00
DeNA・筒香嘉智外野手が1月14日、スーパーバイザーを務める少年野球チーム「堺ビッグボーイズ」の小学生部「チーム・アグレシーボ」の体験会に参加。
改めて勝利至上主義から脱却して、本当に子供たちの将来に結びつく指導の必要性、野球界のあり方を訴えた。

 その体験会後の取材の最後に筒香が「子供たちを守るために必要」とエールを送ったのが、昨年末に新潟県高校野球連盟(高野連)が発表した春季大会での球数制限の導入だった。

 昨年12月の「NIIGATA野球サミット2018」で同高野連が、今春の「春の大会」で試験的に1試合あたり1人の投手の球数を「100球」に制限するルールの導入を決めたことを発表。
全国的に大きな波紋を広げることになった。筒香の取材の最後に、報道陣からこの決定について質問が飛んだのである。

 高校野球などで球数が130球、140球を越えて1人の投手が投げ切る姿を見てどう感じるかと聞かれた筒香は「一番、印象的なのは、外国人選手の反応です」とこう話した。

 「ベイスターズのロッカーでも甲子園のテレビが流れていることがありますが、外国人選手は『こいつら潰れてしまうぞ、クレージーだ』と驚いています」

2: 風吹けば名無し 2019/01/22(火) 10:46:30.41 ID:xZC0c9Hp0
サンキューヨッシ

7: 風吹けば名無し 2019/01/22(火) 10:47:36.39 ID:SshVx8/zd
これは子供たちの味方筒香

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/21(月) 12:20:56.40 ID:aSi08ny79
20190121-00000030-dal-000-2-view
DeNA・筒香嘉智外野手(27)が20日、和歌山県橋本市で「スポーツ推進アドバイザー就任式」に出席。地元・橋本市のスポーツ振興に貢献していくことを誓った。

「いろんなところに協力していただきながら、子供たちのためになる環境を一つでも多く作っていきたい」と力を込めた。
スーパースターになっても、山に囲まれた故郷の町を忘れることはない。

就任式の後に行われた指導者研修会では、田舎出身の強みを明かした。プロ野球選手の多くは捻挫に苦しむが「(自分は)人より少ない。 プロ野球選手は田舎(出身)の選手の方が捻挫は少ないです」と分析。
その理由として、ウエートトレではなく「田んぼを走ったり山を走ったり。ナチュラルで育つ」と持論を展開した。


アドバイザーの任期は2021年3月まで。
橋本市の平木哲朗市長(61)は「筒香君は大リーグ志向も持っているみたいですが、21年の3月までやったら大丈夫かな」と説明。
筒香が故郷へ恩返しをしていく。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00000030-dal-base
1/21(月) 9:00配信

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/20(日) 14:09:56.88 ID:XU2MLjyGa

1

筒香 多くの指導者は自分が経験したことばかりを言っていると思う。頭の中がアップデートされていない。時代は明らかに違う。昔の良さもあるが、子どもたちのためになっていないこともある。常にアップデートしていかないと、子どもたちの将来は守れない。

一方的な押しつけでは、子どもたちの「自分で考える力」が育たないという。指導者と子どもの関わりについても「電波の悪いwi-fiと電子機器のように見える」と警鐘を鳴らした。

筒香は今月14日に、かつて所属した堺ビッグボーイズの体験会に出席。現状の多くの少年野球指導について「指導者の方が、指導というよりは暴言、罵声」と苦言。「小さいころから、細かいことを詰め込みすぎると、大きいスーパースターは生まれにくいと思います」などと語り、勝利至上主義に疑問を呈していた。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201901200000234.html


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/01/14(月) 23:37:48.82 ID:KZIT7uKx0
1

筒香
 昨年はスポーツ界全体で、よくない問題点が浮き彫りになりました。アメフトの悪質タックル、体操、ボクシング…。時代は明らかに違う。スポーツ界全体が変わらないといけない。子どもたちのため。変わっていく必要がある。

27歳とは思えない、堂々とした語りぶり。加えて、子どもへの真摯(しんし)な思いがあふれていた。昨年には、自らある少年野球チームの様子を見学。自分の目で子どもたちを取り巻く環境を目で確認した。「そこでは指導者の方が、指導というよりは暴言、罵声、事細かい指示が行われていました。子供たちはできないのが当たり前。なぜそれに腹を立てて怒っているのか」と語気を強めた。

野球を通じて、大きな人間に育ってほしい-。そんな純粋な思いが、終始に込められていた気がした。

筒香 小さいころから、細かいことを詰め込み過ぎると、大きいスーパースターは生まれにくいと思います。

筒香は自身のプレーで野球の魅力を届ける。子どもたちは筒香の大きな背中を見て、大好きな野球に打ち込む。その結果が、スポーツ界全体の改善につながると信じている。「また野球やりたいな」と多くの子供たちが、満面の笑みで球場を後にしていた。

※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00446599-nksports-base

3: 風吹けば名無し 2019/01/14(月) 23:38:20.56 ID:EvbvWcFHd
素晴らしい

4: 風吹けば名無し 2019/01/14(月) 23:38:26.40 ID:8ovtFzQa0
確かに

続きを読む

1


1: 風吹けば名無し 2019/01/06(日)17:06:27 ID:v6K
4番って感じ

3: 風吹けば名無し 2019/01/06(日)17:07:28 ID:nTD
ワイが筒香知ったとき30手前かと思ったら23とかで草生えた思い出

5: 風吹けば名無し 2019/01/06(日)17:08:27 ID:ZkC
風格の話か
体格かと思ったンゴ

8: 風吹けば名無し 2019/01/06(日)17:08:44 ID:nTD
>>5
ひゃだ…

続きを読む

index


1: 風吹けば名無し 2019/01/05(土)09:57:40 ID:YEe
成績は似とるが

2: 風吹けば名無し 2019/01/05(土)09:58:12 ID:9wO
比較するなら成績を貼れよ

3: 風吹けば名無し 2019/01/05(土)09:58:52 ID:YEe
村田(2008)
.323 46本 114打点 OPS1.062

筒香(2016)
.322 44本 110打点 OPS1.110

5: 風吹けば名無し 2019/01/05(土)09:59:57 ID:9wO
うーん絶妙

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2018/12/28(金) 07:47:05.37 ID:j82EJ1d/d
ラミ監督 筒香に3割30発100打点注文 開幕から4番固定

DeNA・ラミレス監督が、主砲の筒香に来季ノルマを設定した。
 開幕から4番に固定する方針で「3割、30本、100打点を残してほしい」と注文。今季は3番で開幕を迎えたが、シーズン途中から4番となり、38本塁打を放ちながら打率・295、89打点に終わった。早ければ来オフにもポスティングシステムを利用したメジャー挑戦を視野に入れているが、チームのリーグ優勝と渡米を実現させるためにも圧倒的な成績を求める。 

スポニチより

続きを読む

tuttu2

1: 風吹けば名無し 2018/12/13(木) 06:01:25.15 ID:WJK9lxyzd
大リーグの球団幹部や代理人らが一堂に会するウインターミーティングは11日(日本時間12日)に2日目が行われ、来オフにもポスティングシステムを利用してメジャー挑戦するDeNA・筒香嘉智外野手(27)が早くも注目を浴びた。逆方向にも本塁打が打てることで、中軸を務められるという「大谷級」の高評価もあった。DeNAにポスティングを容認されれば1年後の争奪戦は必至だ。

※全文は下記リンクより
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181213-00000005-spnannex-base

7: 風吹けば名無し 2018/12/13(木) 06:03:19.54 ID:O7P8LS50a
ひゃだ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/04(火) 09:34:02.68 ID:8XBCohx90
1

DeNAのラミレス監督が、将来的なメジャー挑戦の意思を表明した筒香の夢に理解を示した。

この日、神奈川県内で自らが主催したダウン症の子供たちの支援を目的としたチャリティーゴルフコンペに参加。
「筒香ぐらいの選手であれば驚きはない。球団がどういう判断をするか分からないが、夢を持つことは誰にも止められない」と話した。

筒香が「納得できないシーズンだった」と振り返る今季は、打率・295、38本塁打、89打点という成績だった。
だが、メジャー2球団でプレーした経験のある指揮官は「向こうでも30本塁打、100打点、打率も2割9分から3割を打てる力がある。100四球ぐらいは選べる」と断言。
日本選手では、04年に松井秀喜(ヤンキース)が打率・298、31本塁打、108打点したが、それを超える日本選手初の「3割、30本、100打点」へ太鼓判を押した。

ただ、筒香本人が「まず来年はベイスターズで優勝する」と話しているように、指揮官も来季は主砲としてチームの勝利に貢献することを求めている。
「松井(秀喜)も50本塁打を打って巨人を優勝させてメジャーに行った。筒香もそうなればみんながハッピーになる」。
後悔しない圧倒的な成績を残して、自身の夢をかなえてほしい。
「ハマの4番」も同じ道を歩んでほしいというのが、ラミレス監督の願いだ。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181204-00000026-spnannex-base

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング