オススメアンテナサイト

石川雄洋

1

1: 風吹けば名無し 2018/12/12(水) 14:23:48.88 ID:CU3unaJP01212

後藤に似てて草

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/11/18(日) 15:56:36.36 ID:N7CeIelf0
20181118-00000110-spnannex-000-2-view
DeNA・石川 1000万円ダウンの4500万円で更改「来年はチームに貢献したい」

 DeNAの石川雄洋内野手(32)が18日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1000万円ダウンの4500万円でサインした。

 3年連続のダウン更改となった石川は、会見で「来年も契約してもらえるのはありがたいね。来年で33歳。チームでは日本人野手で最年長になる。
年齢を考えたら、終わりも近くなっている。
1年1年を大切にして、チームに貢献したいね」と話した。

 14年目の今季は41試合に出場、打率・230、0本塁打、7打点、5盗塁、4失策の成績でシーズンを終えた。(金額は推定)


5: 風吹けば名無し 2018/11/18(日) 15:57:48.91 ID:l/ygJNbV0
石川が野手最年長とかマジかよ
そりゃ年とるわ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/09/20(木) 22:31:52.21 ID:QVpUk39id



続きを読む

835: 名無しさん@おーぷん 2018/08/12(日)22:30:49
bandicam 2018-08-12 23-26-12-000

ハマスタに響き渡る「タケヒロ」コール 横浜DeNA石川、“11球”粘って値千金の押し出し四球を選ぶ


 8月12日の横浜DeNA対阪神の17回戦、この日「2番・セカンド」でスタメンに起用された石川雄洋内野手(32)が、プロ14年目となるベテランの本領を発揮した。2死満塁で迎えた2回の第2打席、11球粘った末に12球目で値千金の押し出し四球を選んで2対2。チームは同点に追い付いた。

ここ最近、横浜DeNAのファンからも淡白な打撃にうんざりする声が聞かれる中で、
生え抜きのベテラン・石川がチームのお手本となるような「執念の粘り」を示した。

※全文は下記リンクより
https://abematimes.com/posts/4728546?categoryIds=656212

Abemaさん表現に容赦がないわね…



続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/30(月)10:25:20
bandicam 2018-07-31 01-24-16-779

 陰の立役者は、ベテランの味を醸し出していた。

 DeNAが25日中日戦(ナゴヤドーム)で連敗を3で止めると、試合後のラミレス監督の口から最初に出た名前は、好投した浜口でもなく、逆転3ランのソトでもなく、1軍野手最年長の32歳石川雄洋だった。

 6回の守備から二塁に入り、1死二塁で一、二塁間を抜ける当たり。横っ跳びで食い止めた。8回の打席では、きっちり犠打を決めた。まさに黒子役に徹した石川を監督がたたえた。

 石川は「とにかく当たり前のことを、しっかりできるようにすること。それですね」。試合の流れを読みながら、いつ出番がきてもいいように準備する。
出てすぐに100%のパフォーマンスを出す難しさ。「交代したところに、打球は飛んでくるって言うじゃないですか。集中はいつもしているけど、より気をつける。まあ、できすぎですけどね」。
そんな芸当ができるのは、体の準備と同時に心の準備ができていたから。

 ベイスターズ生え抜き14年目は、現所属選手では最長。元キャプテンとして、主将の筒香を陰で支える。「試合の流れを見ながら、ベンチの選手に『お前、そろそろ出番あるぞ』って声を掛けるんです。
でもそのときは、自分だったからちょっとびっくりしました」。ちゃめっ気たっぷりの32歳。反撃を狙う後半戦、欠かせない存在になってくる。


https://www.nikkansports.com/baseball/column/bankisha/news/201807280000030.html

ベテランの雰囲気を醸しつつ茶目っ気もアピールする雄洋すこ

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング