オススメアンテナサイト

井納翔一

1: 風吹けば名無し 2018/02/04(日) 12:04:38.97 ID:VbP9u4mba
no title


数日前にはローテとる決意を表明してた模様

DeNA井納 先陣切ってブルペン入り「もう一度ローテを取りに行く」

井納が投手陣の先陣を切ってブルペン入り。カーブ、スライダーと変化球を交えて45球を投じた。

 ブルペン一番乗りには「日本人投手で一番上なので、年齢順だっただけですよ」と話したが、「この2年間は満足な成績を残せていない。もう1度、ローテを取りに行かないといけないので」と今季への思いを口にした。

 今季から2段モーションが緩和されたことで、足を上げてから1度止まって、ためを作るフォームに着手。「だいぶタイミングも合ってきた。まずはフォーム固め。第1クールは球数を少なくして(ブルペンに)全部入りたい」と話した。
www.daily.co.jp/baseball/2018/02/01/0010947788.shtml312pg=amp

続きを読む

bandicam 2017-10-21 01-33-11-930

1: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)10:21:59 ID:EO1
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180202-00000094-spnannex-base
◎DeNA・井納は投球練習中、捕手の嶺井に「今日は35球までね」と声を掛けたが、すでに42球を投げており「ホントに?じゃあラスト3球で」。一瞬、ブルペン内が不思議な空気になりました。

かわいい

3: 名無しさん@おーぷん 2018/02/02(金)10:23:04 ID:bjG
35球(42球)

続きを読む

bandicam 2018-01-29 20-57-30-265

1: 風吹けば名無し 2018/01/31(水) 15:17:41.39 ID:i47kVoSu0
26日発売の写真週刊誌『FRIDAY』(講談社)で「横浜DeNA井納『嫁がブス』と書き込んだネット民を訴えた」と報じられたことを受け、
横浜DeNA・井納翔一投手の妻が代理人弁護士を通じてコメントを発表した。


『FRIDAY』が報じた内容によると、ネット上の匿名掲示板に井納の妻を中傷する書き込みがあり、
井納側は通信会社に情報開示請求するなどして投稿者を特定。名誉を損害されたとして、書き込んだ20代女性に191万9,686円の損害賠償請求した。

今回発表されたコメントによれば、ネット上での誹謗中傷が発覚したのは約3年前。
当時1歳にも満たない子どもに対するものもあり、その後も繰り返されて現在に至ったという。
「子供の将来のことを考えたとき、それらの誹謗中傷記事を無くし、投稿者に対しては、二度と人を誹謗中傷することをやめてもらいたい」という思いで申し立てをした。

記事には投稿者の反省の弁と共に「通知に記載のあった井納の代理人弁護士に電話をしたが取り付く島もなかった」とあるが、
「弁護士が門前払いしたこともありません。投稿者が弁護士からの連絡を無視し続けたために、やむを得ず裁判を申し立てることにしたものです」と主張。
「今後、ネット上での心無い誹謗中傷記事が無くなることを願ってやみません」と結んだ。

https://www.excite.co.jp/News/entertainment_g/20180131/Cobs_1720741.htmljp

2: 風吹けば名無し 2018/01/31(水) 15:18:22.29 ID:i47kVoSu0
■コメント全文

報道各位

今回の件について、フライデーやニュースでは、事実と異なる内容が掲載・報道されている部分があったため、裁判に至った経緯も含めてご説明させていただきます。
ある匿名掲示板で私が誹謗中傷されていたことが分かったのは、約3年前になります。それから、誹謗中傷が繰り返され現在に至りました。

ある時、私や主人のみならず、私たちの子供(当時1歳にも満たない)に対する誹謗中傷記事が投稿されたことから、私たちは、弁護士に相談することにしました。


その結果、私たちや子供に対する誹謗中傷記事は一旦は無くなったものの、平成29年7月頃から、再度誹謗中傷が繰り返されるようになりました。
投稿の内容は、匿名をいいことに、事実とは異なるものばかりで、プライベートな内容の書き込みも多数ありました。

続きを読む

bandicam 2018-01-29 20-57-30-265

1: 風吹けば名無し 2018/01/29(月) 19:48:47.15 ID:J9W+XQjJ0NIKU BE:331254291-2BP(1000)
妻の『悪口』をいわれた夫 取った対応に「素晴らしい!」
https://grapee.jp/448453

ネット上の掲示板に妻の容姿を誹謗中傷する書き込みをされたとして、横浜DeNAベイスターズの井納翔一選手が、書き込んだユーザーを訴えたと週刊誌が報じています。

記事が掲載されているのは、2018年1月26日発売の『FRIDAY』。そこには、井納選手から届いたとされる『訴状』の写真と共に、トラブルの経緯などが細かに記載されていました。

■ ネット上の反応は…?

トラブルの原因がネット上の書き込みだったこともあり、FRIDAYの記事はネットユーザーの間で反響を呼んでいます。

・有名人は、こういう訴えをどんどん起こすべき。
・人の容姿をけなすとか、酷いことをする人がいるものだな。
・もっと訴えを起こすべき。根拠なき誹謗中傷が、最近はひどすぎる。
・今後は、こういう訴訟がもっと増えていくのだろうな。
・妻のためとか、いい人じゃん。素晴らしい。

近年、社会問題化しているネット上での誹謗中傷。
相手の顔が見えないせいか、誹謗中傷の言葉を発するほうは、『悪いこと』という自覚が生まれにくいといわれています。

また、ネットは匿名性が高いこともあり、相手に自分の身元が分からないだろうと気の緩みが出てしまうのも、不用意な発言を助長する原因だとされています。

しかし、今回、井納選手のような有名人が訴えを起こしたことにより、改めてネットユーザーの間で、不用意な書き込みを危惧する意識が広まった印象です。
何より、匿名で書き込みしたとしても人物を特定できることや、発言の責任を問われることが周知されるのは、ネット上の誹謗中傷の抑止力につながるかもしれません。

被害者にも加害者にもならないために、ネットを利用するすべての人が、ネット上のモラルについて考え直す必要があります。

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/01/29(月) 09:00:14.46 ID:EE6aa9n90
1

DeNA井納「早く完成させたい」2段投球を即解禁 

ルール変更を生かして生き残る。DeNA井納翔一投手(31)が28日、神奈川・横須賀市内の練習場でブルペン入り。左膝を上げた後、もう1度上げ直す新フォームで、座らせた捕手相手に40球を投げ込んだ。昨季まで反則投球だった2段モーションへの変更。「足を上げた勢いを1度止めて、軸足に、しっかり乗せるイメージ。今のところ悪くないと思う」とうなずいた。

 先発ローテ死守へ即決した。今月中旬に2段モーション解禁の報道を知ると、すぐにフォーム修正に着手。「去年のキャッチボール中に(左足を1度)静止して投げたら、すごくよかった」という感覚を頼りに、試行錯誤を重ねている。体重が乗り切らない球もあり「まだタイミングもずれるので、キャンプでもしっかり投げ込んで、フォームを固める。力をためる分、下半身への疲労もくる。トレーニングの回数や強度も上げて、なるべく早く完成させたい」と力を込めた。

※全文は下記リンクより


続きを読む

1: 風吹けば名無し 2017/12/01(金) 12:37:28.13 ID:dBG/SNPN0
DeNA井納、6勝10敗も1300万増の8500万円で更改「来年は勝ち負け逆に」
1

DeNAの井納翔一投手が1日、横浜市内の球団事務所で契約更改交渉に臨み、1300万増の8500万円でサインした。(金額は推定)

 今季は25試合に登板し、6勝10敗、防御率3・84。
「(球団から)勝ちと負けが逆にできるようにと言われました」。
レギュラーシーズンで数字は残せなかったが、昨年CSで2戦2勝の右腕が、今年もCS男ぶりを発揮した。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171201-00000057-dal-base

やったぜ。

続きを読む

inou9

1: 風吹けば名無し 2017/10/21(土) 07:31:46.28 ID:Mpjie/THp
 DeNAが先発・井納の決勝打と7投手による完封リレーで広島を下し連勝。最終ステージ(S)の対戦成績を2勝2敗(広島のアドバンテージ含む)のタイとした。
井納は2回2死一、二塁、自ら右前へタイムリーを放ち、投げても6回途中5安打無失点の力投を見せた。“ハマの宇宙人”と呼ばれる井納の不思議なキャラクターをまとめた。

▽自作自演 ルーキーだった13年、開幕1軍をかけたオープン戦の登板前に「きょうは4時起き」と緊張感を漂わせながら、試合後に早起きの理由を聞かれると
「誰に聞いたんですか? 早いッスね、情報が」。しかも実際の理由は緊張ではなく「おなかがすいて目が覚めちゃった」。

▽宝物? 2年目の14年は7月に早くも10勝目。DeNAで初の2ケタ勝利となったが、ウィニングボールは無造作にバッグにポン。ところが報道陣に「ボールはどうする?」と聞かれると「枕の上に置きます」。

▽助っ人組 今年の宜野湾キャンプでは、なぜか外国人グループに組み込まれ、ウィーランドら新外国人投手3人と同じ練習メニューに。3人を食事に連れ出すなど謎のコミュニケーション能力とリーダーシップを発揮した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171021-00000018-sph-base

2: 風吹けば名無し 2017/10/21(土) 07:33:13.86 ID:sA2bwq/Va
謎の存在

6: 風吹けば名無し 2017/10/21(土) 07:35:34.59 ID:pvifCB8jr
どういうことやねん

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング