オススメアンテナサイト

元ベイスターズ選手

1: 砂漠のマスカレード ★ 2019/06/04(火) 12:19:16.17 ID:S5acVLWd9
【異業種で輝く元プロ野球選手】
事業継承と野球への恩返し――。この両立に奮闘する元プロ野球選手が巨人、日本ハム、DeNAで活躍した林昌範さん(35)。
現在、千葉県船橋市にある「船橋中央自動車学校」の取締役総務部長として教習所運営にあたる林さんは、2001年ドラフト7位で巨人入り。
以降、17年末まで球界を代表する中継ぎ左腕としてセ・パ両リーグで計400試合以上の登板を記録するなど存在感を示した。

そんな実績ある投手が異業種に飛び込んだのは、父・敬(たかし)さん(68)への思いと地元への愛着だった。

「現役引退後は複数の球団から声をかけていただけたので、コーチや裏方としてプロ野球界に残る選択肢もありました。
でも今、勤務する船橋の教習所は父が47年間運営してきた大切な自動車学校。
僕自身も小さいころ、この施設の休日を利用して親父とキャッチボールをした場所でもある。
現役時代は『親父がつくった教習所を継ぐのは…』という反発心もありましたが、船橋は幼少期から高校時代まで自分を育ててくれた思い出の地。
引退後に父から『手伝ってくれ』と言われた時には『やるしかない』と決断しました」

18年1月に入社。1年目は教習所全般のイロハを学ぼうと主に総務系の仕事に従事したものの、社会経験が皆無だった林さん。何をやるにも一筋縄ではいかなかった。

「1年目は主にお金の流れを学ぶために経理や指導員の稼働管理などをしました。でも、それまではパソコンを触ったことすらなかったので、すべてが未知の世界で。
最初のころは苦労しました。それに100人ほどの指導員や従業員は20代の若い世代もいれば50代のベテランもいる。
幅広い世代が集う組織をどうまとめていくか。父である社長と従業員の橋渡し役でもありますから、衝突もありますし。バランスを取るのが難しいと感じました」

次期経営者として難題克服にも意欲を注ぐ。自動車学校は車の運転免許を取得する機関とはいえ、サービス業の一種。
顧客が自由に学校を選べ、技術指導員の評判や施設の充実度が教習所の売り上げに直結する。

「僕の子供のころは18歳になったら車の免許を取ることは当たり前でしたし、教習所はどこに通っても同じ感じ。近くの学校に通うのが普通でした。
でも今は少子高齢化に加え、免許を取る若者も少なくなりつつある。どの教習所もお客さんを待っているだけでは経営できない。
鎌ケ谷市にある姉妹校を含め、当校を選んでもらうためにどうすべきか。いろいろな業界の経営者と交流を持って意見を聞いています。
時代に合った愛される自動車学校にしたいですから」。その実現に向けて力を入れている一つが教習所の施設改革だという。

「たとえばカフェを併設したり、託児所を充実させて地元の人たちの憩いの場として活用してもらう教習所もいいのかな、と。
待合室のイスもスマホの充電のために電源付きのものにしたりとか。まだ構想段階ですが、教習所を通して地元に貢献できればと考えています」


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190604-00000010-tospoweb-base
6/4(火) 11:02配信

no title

2: 名無しさん@恐縮です 2019/06/04(火) 12:19:42.20 ID:S5acVLWd0
長年自身を支えた野球への情熱も衰えてはいない。教習所での仕事の合間を縫って評論活動や講演を通じて「野球の楽しさ、面白さ」を伝えている。
今年7月からは千葉テレビ「高校野球ダイジェスト」の新キャスターとして球児の取材にも挑戦する。

「プロとは違って高校野球はトーナメントですから負けたら終わり。白熱する半面、やってる当事者は怖さもあります。
そういう選手目線の気持ちにプロの視点を加えながら高校野球の醍醐味を伝えたい。同時に、取材を通じて教習所経営のヒントみたいなものも得られればと思っています。
野球でも経営でも、やはり僕は勝ちたい。その気持ちを忘れず、千葉で一番信頼される会社を目指します」

球界で培った勝負へのこだわりを自社経営にも生かす。百戦錬磨の救援サウスポーは新たな舞台でも飛躍を誓う。

☆はやし・まさのり 1983年、千葉県生まれ。市立船橋高から2001年ドラフト7位で巨人入団。03年6月に一軍初登板。
08年オフにマイケル中村・工藤隆人との交換トレードで二岡智宏と日本ハムに移籍。11年に戦力外通告を受けるも、同年オフにDeNAに入団。
17年オフに現役引退。18年に「株式会社船橋中央自動車学校」に入社。
現在は同社取締役総務部長として姉妹校の「鎌ケ谷自動車学校」の経営にも携わりながら野球評論家や野球教室、講演活動も行う。
18年にアマチュア指導資格取得。プロ通算成績は421試合22勝26敗22セーブ99ホールド、防御率3・49。
身長186センチ、左投げ左打ち。家族は妻(元テレビ東京アナウンサーの亀井京子さん)と1男1女。

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 19/05/23(木)11:39:41 ID:vXG
1

独立リーグのルートインBCリーグ・栃木は23日、北方悠誠投手(25)がドジャースと正式契約を結んだことを発表した。

 9日には、ドジャースがマイナー契約に合意するも、アンドルー・フリードマン編成本部長は「まだ正式に発表できる段階ではない」と話すにとどめていた。

 12日の報道陣の取材に対して、北方は「レベルアップするチャンス。すぐ(ド軍入りの)返事をしました。上のレベルでやりたかった。率直にうれしい」とコメント。

 北方は11年ドラフト1位でDeNA入団。1軍登板のないまま16年から独立リーグでプレーし、先月21日には自己最速の161キロをマークした。栃木にはかつてツインズでプレーした元阪神の西岡剛内野手もおり、北方はド軍からオファーがあったことを伝えると「絶対に行け!」と背中を押されたという。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190523-00000137-spnannex-base

ワクワクが止まらん

続きを読む

bandicam 2019-05-20 01-50-41-491

1: 風吹けば名無し 2019/05/19(日) 22:37:39.47 ID:yDAhfnXR0



2: 風吹けば名無し 2019/05/19(日) 22:38:05.81 ID:bpus3szW0

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/05/13(月) 05:51:22.69 ID:Ci6GzDRq0
米大リーグ・ドジャースとのマイナー契約に合意したBCリーグ・栃木の北方悠誠(ゆうじょう)投手(25)が12日、栃木・足利市内での福島戦後に取材に応じた。スカウトの前で最速161キロの剛速球を披露し、契約につながったことを明かした。

「率直にうれしかったですね。なんとか上のレベルで野球をしたいという思いでやっていたので。早く行って環境や施設に慣れたいと思います」

4月下旬にドジャースのスカウトが視察し、5月4日に再度、国際部の担当者が訪れてスピード合意に至った。スカウトのスピードガンで100マイル(161キロ)を記録したという。

北方は唐津商(佐賀)から11年ドラフト1位でDeNA入りした本格派。制球難に苦しみ、14年に戦力外となると、15年にはソフトバンクの育成選手としてプレーした。NPBでの1軍戦出場はなく、16年からは独立リーグを転々としてきた。

今回の米挑戦に、チームメートでメジャー経験もある西岡剛内野手からも背中を押されたという。「話をしたら『絶対行け』と言ってもらいました」。

今後はビザ取得などに4週間近くかかる見込みで、その後に正式契約となる。

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/05/10(金) 23:10:08.38 ID:PGl9y/Uwa
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-00000010-ykf-spo
 今季から1軍投手コーチに就任した三浦大輔(45)は、近い将来の監督候補生という含みを持っている。問題は投壊の責任者であることだが、ラミレス監督はコーチ陣とコミュニケーションを取らず、独裁的ともいわれる。事実ならば、三浦コーチの責任論は不問に付されるだろう。

 もう1人の候補者として「一度だけでいいからベイスターズの監督をやってみたい」 
とネバーギブアップの“ハマの大魔神”佐々木主浩氏(51)が控えている。

8日の横浜対巨人戦(新潟)ではニッポン放送の実況解説を務め「リリーフ投手をあんな使い方をしていたら、みんな壊れてしまう」とラミレス監督の継投策を一刀両断した。

このまま泥沼状態が続けば、シーズン中に青山ヘッドコーチか田代チーフ打撃コーチが監督代行。来季は佐々木新監督か三浦新監督。もしくは、佐々木監督の“ショートリリーフ”から三浦監督へバトンタッチというシナリオもありうる。

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/05/10(金) 10:08:56.12 ID:sRRHvPTnr
EBFD961D-97B6-40AC-8310-C853E1D9E04D

元DeNA1位の北方悠誠ドジャースとマイナー契約

DeNA、ソフトバンクでプレーし、今季はBCリーグの栃木に所属していた北方悠誠投手(25)が、ドジャースとマイナー契約を結んだ。ド軍の公式サイトが伝えた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190510-05100237-nksports-base

3: 風吹けば名無し 2019/05/10(金) 10:09:29.63 ID:/9ge0rcnM
凄いな

2: 風吹けば名無し 2019/05/10(金) 10:09:25.72 ID:sRRHvPTnr
捨てる神あれば拾う神あり

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/05/09(木) 10:50:37.55 ID:r4si8Thra
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190509-00188185-baseballk-base
8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で
解説を務めた佐々木主浩氏が、DeNAの打線について言及した。

DeNAは開幕から2番に宮崎敏郎やソト、セカンドにソトを置くなど
超攻撃的なオーダーを組んでいる。

佐々木氏は「このメンバーを今見ていて打つしかない。
基本的には足を使ったりとか、細かいことをやらないメンバーですよね。
仕掛ける感じはないですよね」とチクリ。

1、2番に攻撃的な選手に置くことについては
「メジャーとは違うので、日本の野球をしたほうがいい。
ここはメジャーリーグではないので…」と話していた。

ちなみにDeNAはチーム犠打数はリーグ4位の22犠打だが
チーム打率、盗塁数はリーグワーストの.232、7盗塁となっている。

▼ 8日巨人戦のスタメン
1(中)神里和毅
2(三)宮崎敏郎
3(二)ソト
4(左)筒香嘉智
5(一)ロペス
6(右)佐野恵太
7(遊)大和
8(捕)嶺井博希
9(投)大貫晋一

続きを読む

sasaki2

1: 風吹けば名無し 2019/05/08(水) 22:37:58.56 ID:11CfQbKW0
8日に放送された『ニッポン放送ショウアップナイター DeNA-巨人戦』で解説を務めた佐々木主浩氏は、「流れはDeNAだったのに、自ら手放していって、ガラッと流れがジャイアンツに変わりましたよね。
本当に(巨人が)ミスしてベイスターズに勝ってくださいという試合展開。
セカンドの山本がエラーして点数につながったとか、普通野球ってこういう展開になった時は間違いなく本当の勝ち試合にもっていけるはずなんですけどね。勝ち方を忘れたようなDeNAですよね」と振り返った。
https://baseballking.jp/ns/188161

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング