オススメアンテナサイト

元ベイスターズ選手

1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/16(土)21:06:55 ID:F63

2: 名無しさん@おーぷん 2018/06/16(土)21:07:21 ID:F63
たとえば最新の投稿


続きを読む

bandicam 2018-06-13 13-04-45-204

1: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 10:00:36.37 ID:QC3U5GLl0
横浜時代オーダー書き間違いで先発して1人抑えて降板した
bandicam 2018-06-13 13-05-32-332

2: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 10:00:53.61 ID:vPOX7Gxe0
負け運

4: 風吹けば名無し 2018/06/13(水) 10:01:06.68 ID:ECoZgnWA0
謎のタイミングでブチギレる

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2018/06/04(月) 17:09:50.32 ID:FN2XvTyh0

 フロント幹部は「まだ何も言えないが、調査については例年継続して行っているということ」と意味深に話し、金本監督も「オレからどうこうはない。すべてフロントにお任せしている。フロントの仕事でもあるから」と獲得を否定することはなかった。阪神ではここ数年、シーズン途中に助っ人を獲得してきた過去がある。就任3年目で勝負がかかる指揮官をバックアップしようとフロントが動くのは明白で、場合によっては独立リーグ・栃木でプレーする前巨人・村田の再調査を行う可能性もある。

 しかし、チーム内では「いいのが獲れるならロサリオと競わせればいい。刺激にもなる」と賛成する声から「外国人は獲らなくていい。ロサリオを見限るのが早いよ。打てないとか言うけどチームで一番猛打賞の数は多いし、実は得点圏打率も福留や糸井よりもいい。助っ人で注目が高いから逆にかわいそうだ」と反対する声も…。いずれにせよ、今後の緊急補強の動きから目が離せなくなった。


https://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/1028386/


2: 風吹けば名無し 2018/06/04(月) 17:10:13.43 ID:sEkUjzkRa
うおおおおおおお

8: 風吹けば名無し 2018/06/04(月) 17:11:12.77 ID:Dp8i7q+Jd
東スポか

13: 風吹けば名無し 2018/06/04(月) 17:11:21.42 ID:QOYx4AEC0
ただの東スポの予想じゃねーか

続きを読む

キャプチャ_2018_05_27_20_58_08_77

1: 風吹けば名無し 2018/05/29(火) 10:33:14.44 ID:i75JSGx00
佐々木氏が感じたDeNA・国吉の変化
https://baseballking.jp/ns/154509

「持っているものは凄いので、チームとして期待しているピッチャーの一人ではあるんですよね」。

 国吉は2012年に先発ローテーションに定着し、2014年にはリリーフを中心に49試合に登板したが、2016年が1試合、2017年が4試合と、ここ2年は苦しいシーズンが続いた。その間、山崎康晃、石田健大、今永昇太、浜口遥大といった若手が台頭。チームも若い力で昨季は日本シリーズ進出を果たした。

 佐々木氏は今季の国吉の投球を見て、これまでと変化を感じたという。「国吉を見ていて、これだけ気持ちが入るようになったんだと見直しました」と目を細めた。「それまでは淡々と投げていたピッチャー。投げている姿を見て気持ちが入っているボールを放っている」と続けた。

※全文は上記リンク元より

続きを読む

bandicam 2018-05-16 02-04-24-169

1: 風吹けば名無し 2018/05/18(金)19:20:00 ID:SPy

 5月10日、YouTubeに一本の動画がアップされた。『HAMASTA 40th ANNIVERSARY special movie long ver.』と題されたそれは、4月の横浜スタジアム40周年記念イベントで流された映像のロング・ヴァージョン。1978年4月4日の記念すべき初試合に先発した斎藤明夫や当時の主砲・松原誠が横浜移転当初の歓迎ぶりを語り、他球団のコーチを務める田代富雄に石井琢朗、金城龍彦までコメントを残してくれた。

 特に98年の優勝を引っ張ったチームリーダーでありながら最終的に横浜を去った石井琢は「やり残したという気持ちはすごくありました」とヤクルトのユニフォーム姿で告白した。チームも琢朗も、ファンもみんなが苦しかったあの時代を知る人は、この時点で涙腺が潤んでくるのではないだろうか。


内川の心の片隅に残っていたベイスターズへの思い

 さらに驚いたのは、ソフトバンクの内川聖一が登場したこと。
FA移籍して7年半が経ち、動画がアップされた前日に通算2千安打を達成した彼はこの夏36歳を迎える。
昔はツルンとした卵型フェイスにギョロ目が印象的だったが、その目尻はやや細くなり、額や口元に年齢なりのシワが寄っているのを見ると、それからの月日の長さを否応なしに感じてしまう。。それくらい、筆者の脳裏にはいまだに横浜ベイスターズ・内川聖一の姿が焼き付いている。

 ウッチーは映像の中で、FA移籍した当時をこう語る。

「本当は何も言わずに出ていくことが一番綺麗に出て行けたのかもしれないですけど、僕はどうしてもチームの状況を変えたかったですし、どうにかしたかったという思いの中で、思っていたことを全部言わせてもらってチームを出ましたので、あいつ好き勝手言いやがってというファンの方もいたかもしれないけど、そこに愛情があったからこそ、言わなくてはいけないと思っていた。でも今、チームが生まれ変わって日本一を争うようになってくれたことは素直に嬉しく思っています」

 さらには日本シリーズで古巣と戦ったことについても「僕らのときにはそういう環境にファンの方を連れて行くことが出来なかったので、嬉しかったですね」と笑顔で話すウッチー。まさかこんな日が来るなんて思わなかった。彼の心の片隅には、ベイスターズへの思いがちゃんと残っていたのだ。

 筆者は昨年ベイが日本シリーズに進出したことの意味の大きさを改めて感じた。ハマスタ40周年という区切りがあったとはいえ、昨年の躍進がなければホークスのキャプテンを務め、主軸に座るウッチーが横浜球団の公式映像に出演してあの頃を振り返るなんてことはなかったんじゃないか、と。

※全文は下記リンクより


続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング