オススメアンテナサイト

ベイスターズ監督・コーチ

1: 風吹けば名無し 2017/10/15(日) 06:29:11.97 ID:3S0w5BMEH
 DeNA・高田繁GM(72)が14日、村田の獲得に否定的な見解を示した。甲子園での阪神戦前に取材に応じ、「力は落ちてないと思うけれど、うちは三塁には首位打者の宮崎がいるし、一塁にもロペスがいるから」と語った。

 村田にとってDeNAは11年まで所属していた古巣(当時は横浜)。一、三塁のバックアップ要員が見当たらないというチーム事情もあるが、「チーム編成は3年後、5年後を見据えてやるもの。彼は出場機会がほしいんでしょ? 他の球団だったら、どこかチャンスはあるんじゃないか」と話した。

1

3: 風吹けば名無し 2017/10/15(日) 06:29:45.42 ID:ZuV2qL/y0
そらそうよ

5: 風吹けば名無し 2017/10/15(日) 06:30:17.67 ID:/yKhj9HA0
否定的っていうか完全否定

4: 風吹けば名無し 2017/10/15(日) 06:29:56.31 ID:xQO3MYrjd
新井さんにはなれない

続きを読む

news

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 22:38:45.03 ID:pw1bsWCvd
 ―CSは予告先発がない。情報統制も大事になるか。
 「もちろん。予告しなくていいので、そのルールに従っていきます」

 ―先発ローテは決まっているのか。
 「頭の中では決まっているが、シークレットです」

 ―本人に通達は。
 「まだです。もし言ってしまうと、メディアに聞かれることになるし、プレッシャーに耐えなければいけない。
何も知らなければうそをつく必要もないので」


 ―相性が大事になるか。
 「基本的な数字を見ると、阪神はこの選手だなと分かるかもしれない。
ただ、相手が考えないような、突拍子もない選手の起用も視野に入れています

 ―逆に、阪神の先発予想はしやすいか。
 「3試合ある。3人に絞るのは簡単なことではありません」


 ―井納の中継ぎ起用は。
 「今の段階では50%です。去年、勝たなければいけない試合でいい投球をした経験がある。
そうしたことは頭に入れないといけない。また、直前に先発を言うと、すごく活躍するタイプなので」


http://sp.mbga.jp/_news_item?sublayout=tag&id=4182388


>ただ、相手が考えないような、突拍子もない選手の起用も視野に入れています 
 
ラミレスがなんか不穏な発言してるぞ

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 22:39:10.19 ID:pw1bsWCvd
絶対なんかやるぞ

3: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 22:39:42.67 ID:OdHyWbP60
やるやろな

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/06(金) 22:39:47.27 ID:cCCDiJoWd
なにするつもりやねん

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 02:53:04.16 ID:Uk+MbCEa0
http://www.kanaloco.jp/article/282722

横浜DeNAの2軍投手コーチに、OBで米大リーグ通算51勝を挙げた大家友和氏(41)が就任することが6日、
関係者への取材で分かった。日米で磨き上げた投球術に加えて、
大リーグに挑戦した精神的な強さなどを評価したという。近日中にも発表される。...

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 02:53:21.11 ID:3g/hEqae0
帰ってくるんか

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/10/07(土) 02:54:00.76 ID:wUsg2rHod
まじやんけ

続きを読む

takadagm

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/26(火) 06:18:36.72 ID:toMxXh/A0
DeNA・高田繁GM(72)が25日、プロ志望を表明した早実・清宮幸太郎内野手(3年)について、将来的なポスティングシステム(入札制度)でのメジャー挑戦を容認する意向を示した。

 阪神戦(甲子園)の試合前に取材に応じ、「オレはポスティングはOKだから」と話した。
DeNAは10月26日のドラフト会議で投手と打者のどちらを1位指名するかはまだ決めていないが、清宮を打者ではNO1と評価。有力候補の一人となっている。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170926-00000013-sph-base

これ半分ラブコールだろ

続きを読む

hatena

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/11(月) 12:23:16.99 ID:nUi7twNC0
中畑清?

4: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/11(月) 12:23:35.83 ID:sj6ogOTw0
谷繁

6: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/11(月) 12:24:16.20 ID:KXOwWBPH0
佐々木

9: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/09/11(月) 12:24:44.04 ID:AhfEha/v0
たむさん

続きを読む

bandicam 2017-08-13 04-08-39-240

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/17(木) 09:00:28.56 ID:SV9T79wra
 「野球の神様」。プロ野球界では、まれに耳にするワードだ。DeNAのラミレス監督が16日の中日戦(横浜)前、その「野球の神様」について語り始めた。

 レギュラーシーズンも残り40試合を切り、勝負どころを問われたラミレス監督が「今は一試合一試合目の前の試合を勝っていくだけ」と返答。そして、こう続けた。

 「(1位や2位など目標が)クリアになってきたら、勝負どころは分かってくるでしょう。ときどき野球の神様が語りかけてくれるんです。『おいDeNA、今週が重要な1週間になるぞ』と」

 独自の見解を示した。さらに、神様がささやくタイミングは勝負どころのポイントだけではないというのだ。「この場面でこの投手を使う」など、選手起用についてもささやかれることもあるそうで、「すべての監督がそういう経験をしているのでは」と述べた。

 “声”が聞こえたにもかかわらず、従わなかった場合には後悔の念にかられるという。「一番したくないのは、神様が語りかけてくれているのにそうしないで、やっておけばよかったということです」

 もちろん、すべての決断を委ねているわけではない。「判断の90%はデータです」。従来のデータ重視のスタンスに変化はない。たまにしか聞こえない“声”だからこそ、ラミレス監督は従うのかもしれない。

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 23:50:01.00 ID:73GIDuPF0

 ルーキーイヤーの昨シーズンを主戦捕手として乗り切った戸柱もまた、「ミスした時こそ平常心でいろ」という光山の一言を拠りどころとしていた。戸柱27歳、嶺井26歳、高城24歳という若いキャッチャー陣にとって光山は、まさしく父親のような存在だ。

 光山は言う。

「ぼくは、誰が柱とか、誰がレギュラーとか、いまも思ってなくて。全員、高城も西森(将司)も含めて競争させてあげたい。だから、ラミレス監督にも言ってるんですけど、“今日勝てるキャッチャー”を選んでほしいっていうのはあります。最終的に勝った人がレギュラーというだけの話なんでね。無理やりレギュラーをつくりたい、とはぼくは思ってないです」

 競争「させてあげたい」の言い回しに親心がにじむ。試合数の多寡にかかわらず、平等の愛情をそれぞれに注いでいる。

 そして、捕手を固定せず競わせる方針は、ここまでのところ功を奏していると言えるだろう。戸柱の加入は刺激となり、嶺井や高城もバッテリーエラーの多発した2015シーズンから着実な成長を見せてきている。

 打たれ、負ければ、結果論で槍玉にあがるのはキャッチャーの宿命だ。CS圏内を維持し、もはや弱小とは言われない時代を迎えて、その重圧は増している。

 リードが悪い、ミスが多いと批判にさらされ自信を失いかけた時、よき理解者が傍らにいる効果は大きい。豊富な経験からくる含蓄ある言葉をもち、眼光に優しさと厳しさを湛えた光山の存在は、肉体はもとより精神的にも厳しい職にある若者たちを温かく包んでいる。

※全文は下記リンク先より(おすすめ)

http://number.bunshun.jp/articles/-/828648?page=3

5: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/08/14(月) 23:50:45.16 ID:ew/JgDjw0
いいね

続きを読む

manei

1: 名無しさん@おーぷん 2017/06/29(木)17:36:48 ID:Chx
柴田も去年と比較して今年のセカンド守備が本当に良くなったし
ピロヤスのブランク解消にも一役買ってるし

2: 名無しさん@おーぷん 2017/06/29(木)17:39:06 ID:Chx
一軍内野コーチ万永
二軍内野コーチ永池
あの漫画の読者にはたまらんな

続きを読む


1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 1
2017/07/06(木) 10:08:17.68 ID:S3FWAnXYd
◎新潟遠征帰りのDeNA・万永内野守備走塁コーチは、高田GMに新潟土産を要求されて「土産話なら…」と返答。すかさず「話なんているか!」と鋭いツッコミが入っていました。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170706-00000073-spnannex-base

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/06(木) 10:08:54.84 ID:BnQkmCbr0
草生える

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2017/07/04(火) 23:11:15.09 ID:4PusHS6bx
 前横浜DeNA監督で、巨人の次期監督候補にも浮上している中畑清氏(63)が2日、巨人-DeNA戦のテレビ解説のため東京ドームに姿を見せた。

 試合前に巨人、DeNAの練習をチェックし、両軍の首脳陣らを圧倒する存在感を発揮。
グラウンドから引き揚げようとすると、三塁側ベンチにいたDeNA・高田GMから「元気か?」と呼び止められ、そのまま球団ブースへ。約15分に渡り“密談”した。


 3位のDeNAは借金を返済し、貯金生活に突入。逆転優勝へ対策でも練っていたのかと思いきや、「世間話だよ。難しい話はしない。
ジャイアンツの話をしていた。ベイスターズは余裕だろ」と高田GMともども、気になるのはむしろ古巣のひどすぎる惨状だ。

 かつては歯が立たなかった敵地で、巨人を3タテするほど力をつけたDeNAの礎を築いたのは、前指揮官の中畑氏といえる。
これには「(高田GMも)そう言ってくれているから、うれしいよ」とうなずいた。


 昨オフにFA移籍した元エースの山口俊は、地上波中継では巨人のユニホームを初披露するはずだったが、ロペス、筒香に一発を浴びるなど4回6失点KO。
地上波中継が始まった午後3時15分には試合は4回裏で、結局ライブでは山口俊の投球は見られずじまいというオチがついた。

 巨人監督待望論には「俺はボチボチいいんじゃないかな。若い人がやるべきだよ」と後進に道を譲る意向を口にしたが、いま巨人に欠けている“発信力”を備えた、貴重な人材であることは間違いない。
1

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170704-00000006-ykf-spo

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング