オススメアンテナサイト

上茶谷大河

    このエントリーをはてなブックマークに追加
675: それでも動く名無し 2022/06/29(水) 21:18:08.74 ID:qhoKvkXc0NIKU
ファームで上茶谷復帰してるやん

no title




737: それでも動く名無し 2022/06/29(水) 21:27:25.91 ID:aIPkGQmw0NIKU
三振取れてるのはええことやな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1



672: 名無しさん@おーぷん 22/06/15(水) 17:13:53 ID:vV.vf.L13



そういえばマルセリーノの投球動画がTwitterに上がってるわ

674: 名無しさん@おーぷん 22/06/15(水) 17:16:31 ID:hg.jn.L11

マルセリーノはこんな子やで

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title


333: 名無しさん@おーぷん 22/06/08(水) 22:12:02 ID:UW.i4.L20
https://news.yahoo.co.jp/articles/d8d21c53450f76571f1cdadf46663b17e8ae76eb

DeNA先発の上茶谷大河投手は3回の守備で左足首の捻挫を負った。無死二塁で石井のゴロが一、二塁間に飛んだ際、ベースカバーのため一塁に向かった。打球がライトに抜けたのを確認後、ホームへのカバーのため方向転換をした際に転倒。左足首をひねり、担架でベンチ裏に運ばれそのまま交代した。札幌市内の宿舎でトレーナーの治療を受ける。


捻挫だそうで 
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2022-06-08 19-02-20-076


895: 日0-0横(3回裏) 22/06/08(水) 19:00:16 ID:4d.0d.L25
うわぁ…

898: 日0-0横(3回裏) 22/06/08(水) 19:00:38 ID:dY.3o.L17
おいおいおい

899: 日0-0横(3回裏) 22/06/08(水) 19:00:41 ID:1j.ko.L9
カバー走ったときに捻った?


Honeycam 2022-06-08 19-11-56
続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
4: それでも動く名無し 2022/06/03(金) 13:17:06.44 ID:uiiqLPGRa
1

0回2/3を4失点

3: それでも動く名無し 2022/06/03(金) 13:16:50.42 ID:K7907P4x0
マダックスとはなんだたったのか

2: それでも動く名無し 2022/06/03(金) 13:16:45.46 ID:Fx60tkml0
雨だから…

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1

876: 名無しさん@おーぷん 22/05/29(日) 05:12:33 ID:2c.12.L19
試合後、上茶谷の抹消を決定。土日は4月16日のヤクルト戦以来白星がなく、通算1勝14敗と苦しむ状況に、三浦大輔監督は「週末しか来られないファンの方には本当に申し訳ないです。何とか勝っていけるように」と声を振り絞った。
https://news.yahoo.co.jp/articles/8c7abdac417e565509086519668f38bb00eb8cb8

上茶谷は抹消
京山次第で土日どっちかが石田になるかな

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
792: 名無しさん@おーぷん 22/05/07(土) 21:06:21 ID:Uw.ic.L1

no title

上茶谷だいぶようやっとるな

800: 名無しさん@おーぷん 22/05/07(土) 21:22:33 ID:QV.mn.L6
セリーグトップ5となった上茶谷

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2022-04-23 15-31-12-398

1: それでも動く名無し 2022/05/02(月) 23:28:40.53 ID:tUzd+X9P0
なぜか復活してる

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2022-04-23 15-31-12-398

619: 名無しさん@おーぷん 22/04/29(金) 20:24:31 ID:5j.oy.L19
DeNA上茶谷大河投手(25)が、連敗ストップを誓った。

30日ヤクルト戦(神宮)で先発予定。前回登板広島戦(23日、マツダ)では6回途中、6失点(自責3)で降板し今季初黒星を喫した。

中6日での登板に「キャッチボールからライン出しを意識して取り組んでいました。チームは連敗しているので、明日いい流れを持って行けるように長いイニングを投げたいです」と力を込めた。

ヤクルトには今季2連勝中で、16日の対戦では91球での完封で「マダックス」を達成。「(注意するのは)全打者です。つながりがあるので。回の先頭を出さないことを意識します」と相性のいい相手にも気を引き締めた。
https://news.yahoo.co.jp/articles/c2cb5a2509f670e518897343e20785d9dca6a84e


続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2022-04-23 15-31-12-398

535: 名無しさん@おーぷん 22/04/25(月) 12:41:39 ID:EB.n0.L6
4年目で悟った「フォームは意図的に変えるものではない」

 プロ4年目の気づき――。

 ルーキーイヤーは7勝を挙げ周囲の期待に応えたが、2年目は右肘の炎症もあり2勝、3年目はフォーム固めで苦しみわずか1勝に終わってしまった。昨年の夏には東洋大時代の同僚であり、怪我で苦しんでいたソフトバンクの甲斐野央から連絡を受け意見交換をしたり、また最新機器から得られる自分の投球データを積極的に分析するなど知識は増えた。が、結果には直結しなかった。

 そこで上茶谷が昨オフから試みたのが“原点回帰”である。フォームを大学時代、入団1年目の形に戻すこと。上茶谷はこの数年、リリース時に肩から手までがほぼ一直線になる“シングルプレーン”で投げてきたが、以前は肘が曲がり肩と肘が異なる軌道を描く“ダブルプレーン”で投球をしていた。一般的に“ダブルプレーン”は肘への負担が大きく故障のリスクがあるという見方をされているが、そこは上茶谷もプロに入ってから常に言われてきたことであり十分に理解している。

「リスクがあるのはわかっているのですが、フォームというものは意図的に変えるものではなく、体が変わっていく過程で自然に変わっていくものだと思うんです」

 幼少期から自分で積み上げてきた投げやすい自然なフォーム。単に故障を回避するために迷い、自分にとって不自然なフォームで投げてしまい逆にコンディションを崩していては本末転倒だ。

「自然な投げ方を追求していくことができれば、結果的に“シングルプレーン”になっていくんじゃないかと思っているんですよ。よりシンプルに。そういう意味で去年の僕は木の根っこがないような状態でした。けど今はそれがあることを実感しています」

 力強い言葉。上茶谷から確信と自信がみなぎっていた。

“仕事ができなかった”2年間も「失敗だとは思ってはいない」
「ハマっている感覚はありますし、これまで積み重ねてきたことが繋がっているようにも感じます。上手く行かない時期もたしかにありましたが、決して失敗だとは思ってはいないんです。その経験がなかったら今のような考えには至らなかったでしょうし、だから必要な時間だったんだって」

 過去2年間を上茶谷は「まったく仕事ができなかった」と振り返るが、新たな自分を確立するためには不可欠な時間だった。だが、もう結果を出さなければいけないタイミングだ。そんな危機感があったからこそ開幕はブルペン待機でも不満はなかった。チームの勝利に貢献できれば、どんな場面でも投げることはいとわなかった。結果的に開幕投手の東克樹が指先のアクシデントで登録抹消されたことで先発のチャンスが訪れ、上茶谷は首脳陣の期待に見事応えてみせた。

「ただ本当に、これからだという気持ちのほうが強いですね。この間は結果的に抑えられましたが、ひとつ歯車が狂えば大量失点してもおかしくはなかった。だから課題は出力の維持になりますね。最後まで投げ切る強さ。後半苦しくなってフォームが前に突っ込んでしまったり、そういう弱さが出てしまうとすべてに影響してしまう。しっかりと最後まで投げ切れるようにしたいですね」

 1年を通し、いかにして長いイニングを投げ抜くことができるのか。

 マダックス後、初登板となった23日の広島戦(マツダ)では、懸念していた“弱さ”が露見してしまい、6回途中6失点(自責点3)でマウンドを降りてしまった。本人は「丁寧に投げていたのにピンチの場面では力づくでいってしまった……」と反省の弁を述べており、まだまだ改善の余地があることを示唆している。とはいえ、要所要所でしっかり凡打させるピッチングは健在であり、揺るぎのない“核”は感じ取れたので、今後どのように修正をしてくるのか期待したい。


https://news.yahoo.co.jp/articles/71510afff8728b5978a8fd15516f8573e1d08c5d?page=1

上茶谷のお話

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング