オススメアンテナサイト

中後悠平

747: 風吹けば名無し 2018/12/27(木)13:23:22 ID:x7h
index
中後悠平、二度「戦力外」を受けた男の恩返し
理解者だった義父と突然の別れ、激動の1年

持ち味のキレの良いストレートとスライダーを中心に、中後は好投を見せた。終わってみれば、打者7人に対して三振2つ、ヒット性のあたり一本に抑えていた。


そして、今年7月4日にベイスターズは中後の獲得を発表した。横浜DeNAベイスターズの投手として、中後は新たな人生のスタートラインに立ったのだ。球団は家族全員が住む神奈川県が本拠地。そして何より、義父はベイスターズの大ファンだった。

戦力外通告を受けて帰国して以降、中後は入団テストやトレーニングの合間を縫って、毎日のように義父を見舞っていた。会うたびに、義父の病状が進行していることにも気がついていた。

「ほぼ毎日病院に行ってたんですけど、会うたびに体も痩せていって、声も出ないようになって。最後はロクに声もかけられずに、何も言えず……悲しいですよね」


それでもなお中後は、ベイスターズのマウンドで投げる勇姿を、義父に見せる日が来ることを願わずにはいられなかった。メジャーでその姿を見せることはできなかったが、今度こそ結果で恩を返したい、自分が励ます番だ、そんな強い思いを胸に秘めていた。


だが無情にも、そんな中後の願いも叶うことはなかった。実の父親のように慕っていた義父が、この世を去ったのだ。癌の宣告を受けてから、わずか1カ月程度の出来事。やりきれない思いが口をついた。


「ホンマに、恩返しの『お』の字すら返せてないですよね。実の親以上に世話をしてくれて、ホンマに……何も言えないっていうか。ホンマに何もできなかったですよね……」

中後は、ごく身近な人間に言っただけで、球団に伝えることを差し控えた。義父が天に召された日は、一軍に合流しての練習日と重なっていた。


一軍に上がれるかどうかの瀬戸際にいた中後にとって、大事な時期でもあった。中後の心は揺れていた。練習に参加すれば、義父との最後の別れとなる通夜にも葬式にも参列することは叶わなくなる。その気持ちを見透かしたかのように、妻と義母がこう言って背中を押した。


『せっかくもらったチャンスなんだから行ってきて。そっちのほうがお父さんも喜ぶから……』


「だから、練習に行くことを決めたんです。それに行ったおかげで、その3日後ぐらいに一軍にあがれたんですよ」と中後が反芻した。(続きはリンク先)


ちょっとうるっとした
来年一軍で頑張ってくれや中継ぎ枠増えるしマシンガン継投は続くやろし

749: 風吹けば名無し 2018/12/27(木)13:44:29 ID:SaQ
>>747
亡くなった義父さんDeファンだったんか
来年活躍してくれたらええなあ

続きを読む

bandicam 2018-08-29 01-57-57-646

1: 風吹けば名無し 2018/08/29(水) 09:57:35.80
DeNA・三島輝史広報から「ゲリラ豪雨って知ってる?」と聞かれた中後は「英語で言ってもらわないと分かんないっス」。さすが米国帰りですね。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180829-00000073-spnannex-base

続きを読む

bandicam 2018-08-29 01-57-57-646

1: 風吹けば名無し 2018/08/28(火) 23:50:50.14
「ターニングポイントは中後」横浜DeNA・ラミレス監督、完璧救援の左腕を絶賛
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00010023-abema-base

――それからリリーフで今日戻ってきた石田投手が投げましたが、いかがでしたか?

 石田が2イニングを投げて非常に良かったんですけども、ターニングポイントは中後があそこ(5回)にしっかり相手打線を抑えてくれたところかな、と。あれで相手の勢いを止めてくれて、それを石田につないでくれました。中後の投球が非常に大きかったと思います。

続きを読む

キャプチャ_2018_07_27_21_23_03_289

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/27(金)14:50:23
 ――DeNAのチームには慣れた?

「中継ぎの選手もみんな仲が良い。三上(朋也)や武藤(祐太)は同い年なので仲良しですね。
オレが仲良くしてあげているのか、向こうがしてくれているのか分からないけど」

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180725-00000015-nkgendai-base

続きを読む

bandicam 2018-07-24 20-20-26-398

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)21:55:23
多少見れる数字になってきたんやないか?

3: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)21:56:20
さすがのwhipやな

4: 名無しさん@おーぷん 2018/07/24(火)21:56:52
今の中継ぎ陣に割って入れるほどではないな
赤間くんとかどうしてんの?

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/13(金)08:56:33
 ダイヤモンドバックス傘下2Aジャクソンを自由契約となり、DeNAにテスト入団した中後が、14日の全体練習から1軍に合流することが12日、分かった。

 9日のイースタン・リーグの巨人戦で実戦デビューし、1イニングを無安打無失点。「先頭打者に四球を与えてしまったけど、後続の打者をしっかりと打ち取れた。良い感覚で投げることができた」と手応えを口にしている。

 1軍のリリーフ陣は前半戦で登板過多になっており、貴重な変則左腕には中継ぎとして期待が大きい。首脳陣が練習で状態を確認してゴーサインが出れば、後半戦から1軍に昇格する可能性も高い。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180713-00000075-spnannex-base


2: 名無しさん@おーぷん 2018/07/13(金)08:57:13
(*^◯^*)ポジポジ

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/05(木)12:20:33 ID:y1S
1

DeNAにテストを経て入団した中後悠平投手(28)=ダイヤモンドバックス傘下2A=が5日、横浜市内の球団事務所で会見を行った。年俸500万円。背番号91に決まった。

 15年オフにロッテを戦力外となり、BC・武蔵から16年Dバックスとマイナー契約。渡米3年目の今季は2Aで24試合に救援登板し、1勝1敗、防御率5.29だった。6月に自由契約となり、DeNAのテストに合格。3年ぶりのNPB復帰となるサイド左腕は新しいユニホームに身を包み、「また日本の球界に戻れたのは感謝しかない。双子の兄が横浜(ベイスターズ)ファン。嫁が神奈川出身で、米国からオフに帰ってくるときは神奈川で生活していた。入団できたのは縁を感じます」と笑みを浮かべた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180705-00000051-sph-base

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/05(木)00:26:10 ID:cm8
 DeNAは4日、米大リーグ、ダイヤモンドバックス傘下の2Aジャクソンに所属していた元ロッテの中後悠平投手(28)を獲得したと発表した。年俸は500万円。5日に入団会見を行う。


 近大出身の中後は、2012年にドラフト2位でロッテに入団し、16年から米マイナーリーグでプレー。今季は2Aで24試合に登板して1勝1敗、防御率5.29の成績で、6月18日付で解雇された。日本での通算成績は37試合で2勝2敗、防御率5.68。(金額は推定)。 

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180704-00000063-jij-spo


お得やな

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング