オススメアンテナサイト

ネフタリ・ソト

Honeycam 2019-02-17 13-51-28

1: 名無しさん@おーぷん 2019/02/17(日)16:09:53 ID:ElY
昨年同様打ちまくるぞ、他球団は震えて眠れ

続きを読む

905: 名無しさん@おーぷん 2019/02/15(金)17:43:55 ID:IgE
20190215-00000147-sph-000-1-view
 DeNA・ラミレス監督(44)は15日、今季初の対外試合(13日のロッテ戦は雨天中止)となる16日のヤクルト戦(浦添)にソト、ロペスの両外国人助っ人をスタメン起用する方針を明かした。この日の練習後、指揮官は「スタメンはまだ決めかねているけど、ソト、ロペスはスタメンでいく」と説明した。両助っ人とも今季初実戦となる。

 先発は2年目右腕の阪口で開幕投手候補の浜口、石田も登板予定。筒香、宮崎は不出場の方針となっている。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190215-00000147-sph-base

906: 名無しさん@おーぷん 2019/02/15(金)17:49:29 ID:aiW
>>905
濱口と石田登板予定かこれは必見わね

続きを読む

soto

1: 風吹けば名無し 2019/02/14(木) 20:44:49.66 ID:AiIzJAgu0St.V
9、10月に打ったタイムリーが1本だけ

3: 風吹けば名無し 2019/02/14(木) 20:45:17.38 ID:AiIzJAgu0St.V
9月1日 ライトへのタイムリー

以上

6: 風吹けば名無し 2019/02/14(木) 20:47:15.17 ID:GdRlNp8D0St.V
初日だけやんwww

続きを読む

no title

1: 風吹けば名無し 2019/02/13(水) 15:31:55.82 ID:481Oj3Nda

8: 風吹けば名無し 2019/02/13(水) 15:33:41.40 ID:M98zRyAca
よかおめ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:06:30.70 ID:3YI+n7tf0
20190210-00000161-sph-000-2-view

 DeNAのネフタリ・ソト内野手(29)が10日、沖縄・宜野湾キャンプで一部別メニューで調整した。

 ラミレス監督によると、9日のベースランニング中に右足首をひねったため大事を取ったという。午前中、投内連係など守備練習には参加せずダイヤモンドの外で待機。午後の打撃練習には加わった。

 今後はトレーナーの判断によるが重症ではない見込みで、ソトは「ダイジョウブ」と笑顔で宿舎に歩いて戻った。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190210-00000161-sph-base

2: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:06:48.53 ID:+N3iZb140
おいおい大丈夫か

4: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:07:17.00 ID:SKlUo1F/0
去年も開幕で遅れてたか

7: 風吹けば名無し 2019/02/10(日) 17:07:40.77 ID:nHJAHN4oa
なーにやってだ

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/02/03(日) 09:43:21.86 ID:DhKB7MipM
1

DeNA・大和内野手(31)と
ネフタリ・ソト内野手(29)の新二遊間コンビが2日、投内連係で軽快な動きを見せた。コミュニケーションを深めていき、息の合ったコンビを目指す。

 大和は「二遊間なんて助け合いなんで、もちろん、ソトが僕をカバーしてくれることもあるでしょうし」との考え。相棒を信頼し、互いに支え合っていく。昨季は主に右翼を守ったソトも、オフには「二塁の守備練習をやってきた」と不慣れなポジションにも前向きに取り組んでいる。


 ラミレス監督は「大和とソトに打とうかな」と、自らノックを打ち、2人の動きを確認することを予告した。球界一の守備職人と昨季の本塁打王が、強固なセンターラインを作り上げる。

続きを読む

1


954: 風吹けば名無し 2019/01/27(日)18:03:05 ID:HoM

 DeNAのネフタリ・ソト外野手(29)が27日、プエルトリコから米国を経由し羽田空港に来日した。

 1年目の昨季は107試合で3割1分、41本塁打、95打点で本塁打王を獲得。今月、プエルトリコ出身のマリアム夫人(26)と結婚したことも報告したソトは「家族ができて責任感が増した。3割30本を目標に、41本も超えていければ。今年もホームランキングを取れるように頑張りたい」と意気込んだ。

 昨年10月に帰国後は主に母国でRソックスのクリスチャン・バスケス捕手(28)らとトレーニングを積んできた。ラミレス監督からは「3番二塁」として期待されており「何とかセカンドに順応してチームに貢献したい」と話した。

 マリアム夫人は昨季も来日し、球場で応援するなど支えてきた。チームメートや関係者が美人とうらやむ美貌の持ち主でもある。夫人は今後、開幕に合わせ来日予定で「新婚生活2週間で一人で置いてきてしまってさみしい」と苦笑い。それでも「彼女も野球が好きだし、横浜という街が好きでサポートしてくれる。彼女のためにも頑張りたい」と気合を入れていた。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190127-00000193-sph-base


続きを読む

201801250000491-w500_0

1: 風吹けば名無し 2019/01/14(月)17:25:49 ID:fDO
 DeNAのネフタリ・ソト内野手が、自身の結婚式の様子をインスタグラムで公開している。白いジャケットを着込んだソトが、ウェディングドレス姿の美しいマリアム夫人とともに笑顔でフレームに収まった写真を投稿。ヤクルトのウラディミール・バレンティン外野手も「いいね!」を押している。

 昨季DeNAに加入したソトは、負傷などもあって1軍定着は5月となったが、そこから驚異的なペースでホームランを量産。107試合出場で41本塁打を放ち、ホームラン王に輝いた。打率.310、95打点という優秀な成績をマーク。今季も主軸での活躍が期待されている。

 さらなる飛躍へ向けて、オフも最高の時間を過ごしている。自身のインスタグラムで、マリアム夫人との結婚式の様子を報告。美しい3枚の写真を公開し、「君と過ごす残りの人生の最初の一日。愛している」と愛情たっぷりのメッセージを送った。

 さらに、結婚式で2人がキスをする写真も別に投稿しており、これにはヤクルトのバレンティンも「いいね!」を押している。DeNA不沈のカギを握る助っ人は、最高の状態で新シーズンを迎えることになりそうだ。

View this post on Instagram

1/12/2019

Neftali Sotoさん(@nsoto50)がシェアした投稿 -


続きを読む

201801250000491-w500_0


1: 風吹けば名無し 2018/12/30(日) 15:19:36.33 ID:/+cP05Sz0
DeNA新外国人、3Aで24ホーマーの大砲を調査
https://hawk.5ch.net/test/read.cgi/livejupiter/1509428859/

1 :風吹けば名無し:2017/10/31(火) 14:47:39.21 ID:NxU/zMh+0
2018年新外国人候補39
ネフタリ・ソト(28)

元CINのプロスペクト。11年AAでは32HRを放つなど才能を発揮したがその後は低迷。今年は2A/3Aで打率.311 24HR OPS.892と完全復調した。守備は主に1B/LFでこの手のタイプだとオリマレーロを連想させるが? https://t.co/00jLju8CGp

今この選手を長浦でテストしてる模様 ??

2 :風吹けば名無し:2017/10/31(火) 14:48:02.40 ID:NxU/zMh+0
ちなみに今年の成績
17年3A
68試合 打率.293 14本 38打点 出塁率.343 長打率.517 OPS.860 👀
Rock54: Caution(BBR-MD5:b73a9cd27f0065c395082e3925dacf01)

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2018/12/20(木) 11:35:57.24 ID:ga/fUbSz0
201812200000108-w500_0
<データで見る18年:DeNA編>

来日1年目のDeNAソトが41本で本塁打王に輝いた。来日1年目に本塁打王は17年ゲレーロ(中日)以来14人目、40本塁打以上は04年ラロッカ(広島)以来8人目になる。


ソトの初出場はチーム29試合目の5月6日巨人戦。来日2打席目で野上から初本塁打を放った。シーズン途中に来日した14年メヒア(西武)がチーム39試合目、5月15日日本ハム戦で1号を放って本塁打王を獲得したが、4月終了時に0本の選手が40本以上打ったのは72年長池(阪急)以来、46年ぶり2人目。ソトのチーム29試合目で1号は、40本塁打以上の選手では最も遅かった。

12本差を逆転した。7月4日時点ではトップの筒香(DeNA)が19本、ソトは7本しか打っていなかったが、8月に11本、9月に10本と量産してタイトルを奪取。2カ月連続の月間2桁本塁打は03年8、9月中村(西武)以来で、セ・リーグでは02年7、8月松井(巨人)以来7人、8度目のタイ記録となった。逆転本塁打王は72年長池の15本差が最大で、12本以上は5人目。セ・リーグでは04年ウッズ(横浜)07年村田(横浜)に並ぶ最大の逆転劇で、残りの試合数とカードが一緒の同僚との12本差をひっくり返したのは初めてだった。

本拠地の横浜で20本、ビジターで21本打った。敵地21本の内訳は甲子園6本、ナゴヤドーム6本、マツダ5本、神宮3本、東京ドーム1本。今季、甲子園は1試合平均の本塁打が1・10本で12球団の本拠地では最も少なく、ナゴヤドームは2番目に少ない1・21本。ナゴヤドームで6本以上は63試合で7本のビシエド(中日)とソトの2人で、甲子園で6本はソトだけ。本拠地にしている阪神選手より打った。タイトルを争った丸(広島=39本)は両球場で合計6本、筒香(38本)は3本、バレンティン(ヤクルト=38本)も3本だったが、ソトは1発の出にくい2球場で12本打って本塁打王を獲得した。

https://www.nikkansports.com/baseball/news/201812200000108.html

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング