オススメアンテナサイト

エディソン・バリオス

1: 風吹けば名無し 2019/10/10(木) 14:16:17.85 ID:kq4U2sfw0
1

DeNAでの2季目を1勝2敗、防御率4・30で終えたエディソン・バリオス投手(30)が10日、来季について「まだ決まっていない」と説明した。


帰国前に羽田空港で取材に応じ、来季のプランについて聞かれると「今年で引退するよ。野球に疲れた」とまずジョークを飛ばし、その上で
「まだ決まっていることは何もない。でもまだ投げられるし、やめるつもりはない。どこでもプレーするつもりがある。米国でやったことがないから、米国でどれくらいできるのか試したい気持ちもある」と話した。
ただ11年から日本でプレーしており「もし日本の球団から話があれば、そちらに行く可能性が高い」とも話した。現在は冬季リーグに参加するかどうかも含めて未定で、空港での取材の最後は記者1人1人と握手し「ありがとうございました。またね」と言って搭乗ゲートへ向かった。
 

続きを読む

bandicam 2019-09-22 18-15-32-369

1: 風吹けば名無し 2019/09/22(日) 23:32:16.87 ID:sdWa7Im60
 それでもアレックス・ラミレス監督(44)は15日の中日戦で今季1勝を挙げたエディソン・バリオス投手(30)を称賛。

 5回2/3で3失点降板も4回まで1安打無失点の内容に「ベリーグッド!5回に点を取られたが、ポストシーズンにメドが立った。CSでも使えそう」と前向きだ。

残り3試合で2勝すれば2位以内は確定する。指揮官は「今日の結果は変えられない。次の試合に準備するだけ」と24日の中日戦に照準を合わせた。

※全文は下記リンク元より

続きを読む

1

423: 名無しさん@おーぷん 2019/03/18(月)18:09:28 ID:rhA.ei.uh
 DeNAのオープン戦は残り5試合となり、アレックス・ラミレス監督は18日、開幕ローテーションの顔ぶれについて「ある程度、決めつつある」と語った。

 ここまで開幕投手が有力な今永や井納、浜口、飯塚、D1位・上茶谷(東洋大)が入るのは、ほぼ確実。残り1枠についてはオープン戦で結果を残せていないバリオス、D3位・大貫(新日鉄住金鹿島)が有力だ。バリオスは19日の阪神戦、大貫は20日の広島戦での登板が有力視されており、好投してアピールしておきたいところ。

 ラミレス監督は5試合が残っていることから「そこを見て、決定しようかと思う」と話している。


バリオスまだ試すんだって
大貫は広島戦とは試練やな

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/03/12(火) 18:52:31.78 ID:KpNRarwJ0
DeNAエディソン・バリオス投手が、開幕ローテ争いから脱落した。楽天とのオープン戦(静岡)に先発し、4回81球で8安打7失点(自責6)。三浦1軍投手コーチは「予定よりも早く降板となった。前回もそうだし、良くはない。(外国人)枠の問題もある」と厳しい表情だった。

ラミレス監督も「もうちょっとやってくれると思っていたけど」と言葉を詰まらせた。

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/10/17(水)00:49:23 ID:gFl
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181016-00000043-spnannex-base

DeNAバリオス帰国「力通用する」 球団は契約延長オファー出す方針
DeNAのバリオスが羽田空港発の航空機で帰国した。加入1年目の今季は2勝5敗、防御率3.33。

 先発と中継ぎの両方をこなし「NPB球団に復帰して1年目だったが、自分の力が通用すると感じた」と振り返った。
来季については球団が契約延長のオファーを出す方針で、バリオスも「まずはベイスターズが必要としてくれるか。来年も戻ってきたい」と語った。

2: 名無しさん@おーぷん 2018/10/17(水)01:05:55 ID:evs
いいよ!また来いよ!

続きを読む

bandicam 2018-07-16 22-57-03-308

1: 風吹けば名無し 2018/07/16(月) 22:42:41.44
「バリオスは抹消します」横浜DeNAラミレス監督、2回に打球を受け降板したバリオスの登録抹消を明言
16日に行われた横浜DeNA対ヤクルト12回戦、その2回表、横浜DeNA先発のバリオスにヤクルト雄平が放った打球が直撃するアクシデントが発生した。

 試合後に報道陣の取材に応じたラミレス監督は「バリオスは今日で抹消します」と今後の対応に言及すると「ふくらはぎと骨の間に当たり、あれ以上は投げることができなかった。完治までどのくらいの日数を要するかわからないので」と説明をした。

 前半戦終盤のチームは初回に失点するケースが多く、いまいち波に乗れない試合が多かった。心機一転の再スタートとなる後半戦の初戦となった今日、先発バリオスが移籍後即・初マスクを被った伊藤との良いコンビネーションを見せ、スムーズな滑り出しをしただけに、じつに悔やまれる一球となってしまった。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180716-00010030-abema-base

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング