オススメアンテナサイト

ブログの仕様でコメントの編集が出来なくなっており、コメント削除の場合はレス丸ごと消えるようになっています。

東克樹

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1700058


808: 名無しさん@おーぷん 22/12/18(日) 09:02:48 ID:bn.yl.L34
 DeNA東克樹投手が運命に導かれるように“チェンジアップ二刀流”を極める。

 17日、神奈川・横須賀市の球団施設「DOCK」で大田、小深田とイベントに参加。9日の現役ドラフトで自主トレを一緒に行う中日笠原の加入が決定し「縁ですよね。びっくりしたし、僕もあの日はドキドキして待っていた。(同じ左腕で)ライバルが1人増える形にはなりますが、僕的にはうれしい」と歓迎した。

 同僚となることで楽しみなことがある。「(記事の)タイトルにしておいてください。『“カサチェ”精度上がる』と」。昨オフに自身が投げるチェンジアップ=アズチェより球速の遅い、笠原のチェンジアップ=カサチェを教わった。ただ、今季は精度が低くて「あまり投げなかった」。今後はいつでも教わることが可能となるだけに「早く完璧にしたい」。来季は心強い新たな仲間の力も借りて、投球の軸となるアズチェとカサチェを自由自在に投げ分け、打者を幻惑する。
https://news.yahoo.co.jp/articles/cae30f8f8e8f9f5ce19028f54420931d410f043e
東はまず直球の球速戻して欲しい

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1

6: 名無しさん@おーぷん 22/11/29(火) 12:50:27 ID:qD.eb.L24

7: 名無しさん@おーぷん 22/11/29(火) 12:55:07 ID:jD.ba.L39
おめでとう

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1700058

173: 名無しさん@おーぷん 22/11/27(日) 18:28:07 ID:vu.tr.L24

よく似てる

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1700058


506: 名無しさん@おーぷん 22/11/24(木) 11:38:59 ID:Px.ei.L23

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1700058


971: 名無しさん@おーぷん 22/10/27(木) 05:01:56 ID:yq.z8.L30
来季期待してるで

 DeNA東克樹投手(26)が、来季の雪辱に向け、速球の向上をテーマに挙げた。

 今季は初の開幕投手を任されながら、わずか1勝(6敗)。阪神とのCSファーストステージ敗戦後のロッカールームでは「走馬灯のように今シーズンがフラッシュバックして、何も力になれなかったなと」と悔し涙を流した。3勤1休のペースで練習する現在は、各クールの1日目と3日目にブルペン投球。「空振りを取れるような真っすぐ」を追い求める。オフには「自分の体をうまく使えるように」とピラティスなども取り入れ、肉体改造にも取り組む。
https://news.yahoo.co.jp/articles/a968bfe9a474fc23311c4c9ebf4590bd80826cf6

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1700058


164: それでも動く名無し 22/09/30(金) 16:01:05 ID:4h.yj.L27

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
no title

909: 名無しさん@おーぷん 22/07/14(木) 16:02:08 ID:V2.gu.L24

特例で入れ替え

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
1700058


771: 名無しさん@おーぷん 22/07/14(木) 10:03:35 ID:uG.gu.L17

はい

773: 名無しさん@おーぷん 22/07/14(木) 10:03:48 ID:7K.ng.L16

続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加

1700058

605: 名無しさん@おーぷん 22/07/13(水) 21:32:36 ID:bo.as.L17



続きを読む

    このエントリーをはてなブックマークに追加
bandicam 2022-07-07 19-57-51-892


627: 名無しさん@おーぷん 22/07/08(金) 12:12:59 ID:KJ.sy.L7

わずか2センチの修正に復活の兆しを見いだした。DeNA・東克樹投手(26)は今季、開幕投手を任されたがその後、安定した投球が続かなかった。5月16日に出場選手登録を抹消後、自身の中に残っていた違和感の原因を探った。

「感覚の中ですね。意識的に上げたら球威、回転数ともに上がった。自分の直球を生かすためにもやってよかったですね」

意識的に上げたのはリリースポイントの高さだ。2020年の2月に左肘内側側副靭帯再建術(通称トミー・ジョン手術)を受け、1年以上要すリハビリをクリアし1軍のマウンドに戻ってきた。だが、リリースポイントは気づかないうちに下がってきていたという。

「手術前は高い位置から投げるフォームだった。体が覚えていたので、難しさはあまりなかったです」と回想。体の記憶を呼び起し、「上から叩ける」イメージで直球を投げられるようになった。

2センチ。球団のアナリストから伝えられた地平からリリースポイントまでの高さの違いだ。決して小さい変化ではないと東は言う。「アナリストの方には2センチだけでも十分、(ボールの質は)変わっていると言われました。全然、違います。それが実際ボールにも表れているので」と感覚の違いは誤差ではないことを強調した。

東の持ち球であるチェンジアップとカーブも縦に沈む変化球。リリースポイントの修正は直球だけでなく変化球にも少なからず好影響を与えている可能性もある。

2センチの手応えを語った翌日、七夕の夜に結果を残した。中日戦(横浜)で8回3安打無失点。「「試合の序盤は球数を要してしまいましたが、中盤以降は自分の修正ポイントを意識してうまく修正することができました。守備にも助けられ、野手の皆さんには感謝したい」と汗をぬぐった東。白星とはいかなかったが、横浜の星空の下で再起の快投を示した。(横山尚杜)


https://www.sanspo.com/article/20220708-SND4NOIVPNIKDDFVQ7H6QMJB6A/

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング