オススメアンテナサイト

佐野恵太

dsfEVuDLrN

676: 名無しさん@おーぷん 2018/06/13(水)22:27:28 ID:mK4
DeNA佐野、打球あてた先輩大和へみそぎのソロ弾
DeNA佐野恵太内野手が、みそぎの1発を放った。

 6番一塁で先発すると、1点を追う2回の第1打席。低めの直球をしっかりととらえ、一時同点となる3号ソロ本塁打を打った。前日の試合前練習。フリー打撃で打った打球が、守備練習でフライを追う大和の頭頸部(けいぶ)に直撃した。「一番かわいがってくれる先輩。何で当ててしまったんだ…」と自分を責めていた。検査の結果、後遺症もなく大事には至らずベンチ入りした先輩の前で、1発を披露。スタンドインを見守った大和は「めっちゃうれしかったです。これでまた戻ってくれれば」と、後輩の1発に痛がることなく笑顔で喜んでいた。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180613-00237810-nksports-base

ソト説はなんだったのか

続きを読む

2


1: 名無しさん@おーぷん 2018/06/08(金)23:54:36 ID:S6t
何か言うことあるよな?




続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/04/24(火)13:41:32 ID:7X4
bandicam 2018-04-25 00-10-04-867

DeNA・中川大志内野手「佐野の“うんちく”」/口グセ


DeNA・中川大志内野手
 口グセというわけではないんですけれど、チームメートの佐野はしょっちゅう“うんちく”を言っていますね。
 例えば「セミが人間の大きさになって東京タワーにつかまって鳴いたら鹿児島まで聞こえるみたいですよ」とか「アリジゴクは一度アリが落ちたら抜け出せないほど繊細な生き物だけれど、月に1回くらいしかはまらないらしい」とか。インターネットで探しているんですかね。

 朝にチームが集まってコーチ陣が話した後に「何か話したいことあるヤツいるか?」という流れになるので、いつも佐野が「僕いかせてもらいます」と言って披露する。本当しょうもない話なんですけれど、それが面白くてみんなを楽しませてくれています。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180424-00000014-baseballo-base


5: 名無しさん@おーぷん 2018/04/24(火)13:45:25 ID:Wa2
佐野ってそんなキャラなのかw



続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2017/12/20(水)07:21:55 ID:tV6
1

 大会では打率・391、ともにリーグトップの5本塁打、18打点で最優秀選手に選ばれるなど大活躍した。「秋季キャンプから取り組んでいることが思い描いた形になってきました。
ボールへの入り方、打ち方も変えました。それが良い方向にでた」と手応えを語った。

 理想は「筒香さんのフォーム」だという。「あのように打ちたいけど、体も違うし、筋力も技術も違ってくる」と差の大きさを痛感している。
それでも「逆方向への強い打球が増えたのが大きい。(安打を)打つ方向が広がりました。今までなかった逆方向へのホームランもありました」と成長を実感している。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171220-00000500-sanspo-base

ツッツのフォームだったのかあれ


続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2017/12/19(火) 10:49:32.39 ID:tTDGABYfa
DeNA・佐野が凱旋帰国 アジア・ウインターリーグで2冠&MVP 
イースタン・リーグ選抜の一員として、台湾で開催されたアジア・ウインターリーグに参加していたDeNA・佐野が18日、帰国した。19試合で5本塁打、18打点の大会2冠で最優秀選手に選ばれての凱旋(がいせん)。「日本の投手以外の対戦が多く、独特の球種を経験することができました。この経験を必ず来季につなげたい」。来季は左の代打として期待される。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171219-00000519-sanspo-base

DeNA乙坂「勉強になった」 メキシコWLで打率.410、ファン総立ちで別れ 

 球団の公式ツイッターにはファンからのコメントが集まり「ありがとう! 来シーズンも戻ってきてくれることを願っているよ!」「ありがとう、オトサカ! 来年も戻ってきて」「もうケサディーヤをあげることはできないね」「なんて素晴らしい選手なんだ!」といったものから、「#ありがとう #さようなら」という日本語での別れの言葉や、「さようなら、カウボーイ」「何故去ってしまうの?」といった別れを惜しむものまであった。

 乙坂自身もインタビューで来年について聞かれ「もし必要としていただけるなら来たいですし、1年経って状況も変わるので分からないですけど、またプレーすることは本当に幸せなことだと思うし、光栄なことだと思います」と話した。大きな財産を持ち帰り、DeNAでのレギュラー争いに挑む。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171216-00098314-fullcount-base

すごくないですか?

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング