オススメアンテナサイト

濵口遥大

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/27(金)14:58:27
1

DeNA・浜口が“正妻”の高城トレードで誓った思い

「実感がなかったです。あまりに驚きすぎて…」

 こう語ったのは浜口だ。DeNAは前半戦終了直前の7月9日、白崎と高城、オリックス・伊藤と赤間の2対2のトレード成立を電撃的に発表した。

 浜口は1年目の昨季、主に高城とバッテリーを組み、球団新人左腕としては59年ぶりとなる2桁勝利(10勝)を挙げた。ソフトバンクとの日本シリーズ第4戦では八回一死まで無安打無得点投球も披露し、今季も前半戦全8試合でバッテリーを組んだ名コンビ。浜口にとって“正妻”を失ってしまった格好だ。

 「ベイスターズ球場に来て、涙をこらえながらみんなとあいさつしているジョー(高城)さんに会いました。僕にも明るく振る舞って『頑張れよ』と。涙を見せたくなかったんだと思います。僕はジョーさんがいなくなる実感がなくて、何も言葉が出ませんでした」

 高城と最後にコンビを組んだ7月1日の広島戦(横浜)。三回に突然、制球を乱した。ピンチを招き申告敬遠による満塁策をとったが、そこからプロ野球記録に並ぶ4者連続押し出し四球を与えた。この回だけで7四死球。1イニング6四球もセ・リーグのタイ記録。不名誉な数字を残し、敗戦投手となった。

 「ジョーさんとの最後が、ああいう形で悔いが残っています」

 笑顔で終われなかったことが悔しかった。高城からはいつも「思い切り腕を振って投げろ。ワンバンは俺が止めてやる」と言われていた。体を張ってブロックしてくれる高城だからこそ、ブレーキが利いて落差のあるチェンジアップを思い切り投げることができた。

※全文は下記リンクより

https://www.sanspo.com/baseball/news/20180727/npb18072713000004-n1.html


泣けるわ

続きを読む

372: 名無しさん@おーぷん 2018/07/16(月)13:01:55 

bandicam 2018-07-17 01-47-35-038

ファームで己の心に向き合う日々を過ごしていたころ、突然の別れがやってくる。

 7月9日、長浦で練習に勤しんでいた濵口は、昼の休憩時間になり、そこで初めて髙城俊人と白崎浩之のトレードという事実を知った。

 ルーキーだった昨シーズンから、ほとんどの試合で濵口の球を受けてきたのが髙城だった。後がなくなった日本シリーズ第4戦で反撃の1勝をもぎ取った時のキャッチャーも髙城だった。今シーズンの8試合も、すべて髙城とコンビを組んだ。いつも「ハマちゃん」と、やさしく、明るく、時に厳しく語りかけてくれた1学年上の相棒は、突如として球団を去ることになった。

 神妙な面持ちで濵口は語る。
「そんな話があるなんて全然知らなかったので、とにかくびっくりしました。次の日にグラウンドで会いましたけど、深い話をすることもできなくて……」

 かつての仲間は遠き新天地へと去ったが、白球で交わした幾千もの対話が消えることはない。濵口は言った。
「耳に残っているのは、やっぱり『腕を振れ』という言葉ですね。『おれが全部止めるから、腕を振ってこい。絶対に止めるから、ワンバンになってもいいから、思いっきり腕を振ってこい』。ブルペンでも、試合の時も、ランナーが出た時も、常にそう声をかけてくれました。すごく頼りになりましたし、ぼくのいちばんの持ち味をジョーさんが引き出してくれた。いまこうしてやれているのも、ぼくとジョーさんで築き上げてきたものなのかなって思います」

 0勝1敗、防御率3.83。
 2ケタ勝利の味を知る左腕は、ここから再び歩みださねばならない。

「4月、5月は、東(克樹)や京山(将弥)、飯塚(悟史)たちがローテーションでがんばって投げていましたけど、ぼく自身はまだそういう貢献ができていない。ぼくの勝ち星に関しては、ぼくの力だけで操作できるものではありませんが、ぼくが投げる試合は全部、チームに勝ちがつくように。それぐらいの覚悟を持って取り組んでいきたいと思っています

http://sp.baystars.co.jp/column/forreal/180716_01.html



アカン高城とのところ泣いた

続きを読む

1

1: 名無しさん@おーぷん 2018/07/02(月)10:05:12 ID:y57
https://www.nikkansports.com/baseball/news/201807020000082.html

 DeNAが先発浜口の独り相撲から完敗を喫した。同点の3回に勝ち越しを許し、なお2死二、三塁で迎えたバティスタにベンチは申告敬遠を指示。満塁とし、続く西川との勝負を選んだが、ここからプロ野球ワーストタイの4者連続押し出し四球を献上した。

 この回だけで7四死球。1イニング5連続四球もプロ野球最多タイと、不名誉な記録のオンパレードで試合を壊した。直球、変化球ともに制球を欠いての自滅で2軍降格が決定。今季は8戦に登板も白星なく「力不足です。自分と戦っているようでは勝てない。ピッチングを見つめ直してレベルアップして戻ってきます」と猛省した。

※全文は上記リンクより


続きを読む

キャプチャ_2018_07_01_14_16_38_294

633: 名無しさん@おーぷん 2018/07/01(日)18:36:27 ID:oPf
 DeNAの浜口が制球難で自滅した。直球が抜け、チェンジアップは本塁手前でワンバウンドするなどストライクを取るのに四苦八苦。二回に1点を失うと、三回は4連続押し出しを含む7四死球で試合を壊し、「自分の投球ができず、チームに申し訳ない」とうなだれた。

 1年目の昨季は10勝をマークしたが、今季は左肩痛による出遅れもありここまで未勝利。ラミレス監督はまだ先発機会を与えるとしながらも、「きょうの反省を次回に生かしてほしい」と奮起を促した。
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180701-00000047-jij-spo

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング