オススメアンテナサイト

山本武白志

101

1: 名無しさん@おーぷん 2017/08/13(日)00:07:28 ID:Oi0
15試合 .000(30-0)10三振 長打率.000 出塁率.032

育成契約やし首もありえるレベル

4: 名無しさん@おーぷん 2017/08/13(日)00:08:19 ID:Oi0
一応書いておくけど二軍成績な

続きを読む

musasi

1: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)15:49:26 ID:xU6
ファームで.143 0 5
OPS.426
長打率.198

2: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)15:50:34 ID:NWu
これじゃ支配下は厳しそう

5: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)15:56:31 ID:ciG
まあ育成契約ってことはそういうことよ

11: 名無しさん@おーぷん 2016/10/26(水)16:02:43 ID:V8O
キヨシが育ててくれるって聞いたので預けてみよう

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/04/26(火) 09:18:04.02 ID:XFwNw8b30.net
DeNA武白志「父の遺志を継ぐ」 功児氏は「厳しかった。でも、優しかった」 

DeNA育成2位の山本武白志内野手(18)=九州国際大付=が25日、神奈川県横浜市の斎場で、
父・功児氏(享年64)の通夜を前に取材に応じ、「父の遺志をしっかり継いでいく」とさらなる飛躍を誓った。

急変の一報を受けたのは20日。「帰ってくるなと言っていた」という父の意に背いた。21日に北九州市の自宅で対面。
「会話できる状態じゃなかった。意識ももうろうとしていた。でもボクが帰ってきたことは分かったと思う。手を握ってくれた」と明かした。

昨夏の甲子園。初戦の大阪偕星学園戦で2本塁打したが父の姿はなかった。「(報道陣に)父は仕事だと言っていたけど、本当は体調が悪くて来られなかった」。
3回戦の作新学院戦でも一発。「命をかけて甲子園に来てくれた。整列するときに目が合って、照れくさかった。まだまだ親孝行したかったけど、甲子園で少しできた」と当時を振り返る。

「とにかく厳しかった。でも、すごく優しかった」と生前の父を思い返した。「父がいなければ、野球をやっていなかった」。
26日の告別式では親族を代表してあいさつする。プロで活躍した父の遺志。育成から支配下、そして1軍へ。「父が喜ぶ」という本塁打を約束した。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160426-00000026-dal-base

父・功児氏の通夜を前に報道陣に応対する山本武白志
no title

続きを読む

1: 名無しさん@おーぷん 2016/04/23(土)16:07:56 ID:H5F
巨人、ロッテで活躍しロッテ監督、巨人ヘッドコーチなどを務めた山本功児氏が23日午後1時41分、肝臓がんのため福岡県北九州市内の自宅で亡くなった。64歳だった。

今年から長男の山本武白志内野手(18)がDeNAに育成選手として入団していた。
yamamoto
http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/533856/

続きを読む

1: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 15:19:41.92 ID:E1IJPng10.net
DeNA・ムサシ、失意の丸刈り 気に入らず苅るうちに…毛がなくなった

DeNA育成2位の山本武白志内野手(17)が、27日、横須賀市のベイスターズ総合練習場での合同自主トレに頭髪を短く刈り込んで登場。
その理由は、悪さをした罰でも、気合を込めた意味でもなかった。
「決意の丸刈り?」と聞かれると「失意の丸刈りです」と、ぶ然とした表情を見せた。

入寮時から、サイドを刈りあげた自慢のヘアスタイルだった。しかし、休日だった25日に美容院に行ったのが悲劇の始まりだった。
「気に入らなかったので、床屋に行ったんですけど、それでも気に入らなかったので…」
気に入らない箇所を直すうちに髪はどんどん短くなり…。しまいには丸刈りになるハプニング。この日は先輩たちにつっこまれて照れくさそうにしていた。
news
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160127-00000050-dal-base

2: 風吹けば名無し@\(^o^)/ 2016/01/27(水) 15:20:11.10 ID:hhxdQml20.net

続きを読む

1: 砂漠のマスカレード ★@\(^o^)/ 2016/01/18(月) 16:18:34.73 ID:CAP_USER*.net
DeNAの育成ドラフト2位・山本武白志(むさし)内野手(17=九州国際大付)が、オフ明けの新人合同自主トレ第3クール初日の17日、
横須賀市内のベイスターズ球場横の室内練習場でのマシン打撃で鋭い打球を飛ばした。

「オフも朝に2時間練習しました。打つのは、やっぱり楽しい」と、基礎トレーニング中心の合同自主トレで白い歯を見せた山本。
巨人、ロッテで活躍し、1999~2003年までロッテ監督を務めた功児氏(64)を父に持つサラブレッドは、
187センチ、85キロの恵まれた体で、昨夏の甲子園で3本塁打を放った。


育成とはいえ、素材は折り紙つき。
チーム関係者は「走る際の体の使い方とか、ケガをしづらい天性のものがある。
功児さんのDNAを受け継いでいるし、小さいころからプロのいい動きを近くで見てきたからだと思う」と指摘した。

山本は5歳までの記憶を振り返り「プロ初観戦はQVCマリンだと思います。父が監督の時だと思いますが、あまり覚えていないです」。
それでも、プロの走塁や打撃フォームは、物心がつく前から脳裏に焼きついている。

「毎日ご飯がおいしいです」と、今年の新人10選手の中で最も大食いの山本は、一日でも早い支配下昇格を目指す。

http://www.tokyo-sports.co.jp/sports/baseball/495901/
2016年01月18日 16時00分

no title

ノックを受ける山本

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング