オススメアンテナサイト

熊原健人

7AABAB30-56C1-42DF-9DC3-2A3A851EC902

1: 名無しさん@おーぷん 19/06/13(木)10:28:05 ID:4sV
 ◎楽天・平石監督はDeNAから移籍して1軍初登板の熊原から「お久しぶりです」とあいさつされたことを明かし「真面目な顔で言うんだよ。何ていうか、天然だよね」。

 https://www.sponichi.co.jp/baseball/news/2019/06/13/kiji/20190613s00001173109000c.html

続きを読む

1: 風吹けば名無し 2019/06/10(月) 18:39:36.15 ID:bdtFlkXD0
no title

 今年3月にDeNAから移籍した楽天・熊原が12日の交流戦・ヤクルト戦(楽天生命パーク)で先発デビューする。

 本拠で塩見、美馬ら1軍先発陣と合流して調整した4年目右腕は「ストライクを取って打者と勝負したい」と目を輝かせた。宮城県生まれで、実家は由緒ある神社。高校、大学を過ごした地元での凱旋登板となる。仙台での登板はDeNA時代の17年6月7日以来。そのときは5回6失点ながら勝利投手になっている。

 2軍でのデビュー戦となった4月3日の古巣・DeNA戦は初回1死も取れず6四球7失点と散々だったが、「あれは酷すぎた。精度は少しよくなったのでバランスよく投げたい」と、意気込んだ。

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190610-00000194-spnannex-base


3: 風吹けば名無し 2019/06/10(月) 18:40:07.06 ID:gtZ88Qld0
楽しみや

続きを読む

1

1: 風吹けば名無し 2019/05/26(日) 21:22:13.30 ID:MibvHqst0
2

1
https://www.nikkansports.com/baseball/professional/farm/score/2019/el2019052609.html

熊原
7回 99球 6奪三振 被安打1 四球5 無失点 防御率3.71


だそうです


3: 風吹けば名無し 2019/05/26(日) 21:23:12.39 ID:MibvHqst0
前回は6回無失点

続きを読む

bandicam 2019-03-27 13-57-18-730

1: 風吹けば名無し 2019/03/28(木) 19:06:58.26 ID:9gg0DNVaM

良かったなあ

3: 風吹けば名無し 2019/03/28(木) 19:07:31.34 ID:jFSZkbcsa
雰囲気良さそうでええな

続きを読む

bandicam 2019-03-27 13-57-18-730

328: 名無しさん@おーぷん 2019/03/27(水)11:20:35 ID:cwQ.gr.gh
楽天へトレード移籍の熊原が入団会見 背番号は「59」地元・宮城で再スタート

DeNAから楽天に移籍した熊原健人投手の入団会見が27日、楽天生命パーク内で行われた。背番号は「59」に決定。まずは2軍に合流し、1軍入りを目指していく。

「小学校の時に球団が創設され、大学の時は日本シリーズの優勝をテレビで見ていました。すごく感動したのを覚えています。その感動を与えられるような選手になりたいです。縁も感じています」と故郷の大声援を受け、チームを再び日本一に導く活躍をすることを誓った。

※全文は下記リンク元より
https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190327-00328689-fullcount-base

続きを読む

1

2: 風吹けば名無し 2019/03/26(火) 15:04:30.70 ID:LakWbeiO0




3: 風吹けば名無し 2019/03/26(火) 15:04:35.56 ID:zSdqKsc60
熊原は地元に帰った感じか

5: 風吹けば名無し 2019/03/26(火) 15:05:05.91 ID:+u5zvHuN0
えっマジやんけ

続きを読む

1

416: 名無しさん@おーぷん 2019/02/18(月)18:32:54 ID:NDU
DeNA・熊原“養成ギプス”で投球「今の時期にいろいろ試したい」

DeNA2軍春季キャンプ(18日、沖縄・嘉手納)2軍キャンプに参加している熊原が珍練習を披露した。ブルペンに入ると、両太ももからすね辺りまでを、ユニホームの上から包帯状のものでぐるぐる巻きにして固定。膝が曲がらない状態のまま15球を投じ、特製の“ギプス”を外してまた15球を投げた。

 膝が折れてつま先に体重が乗る悪癖を修正するのが目的で、大家投手コーチの発案だという。昨季は1軍での登板がなく、4年目の飛躍を狙っている。「プロ選手みんなができている動きが、僕はできていない。今の時期にいろいろ試したい」と課題である制球の向上に取り組んでいる。




もうわけわからん事になっとる

続きを読む

news

1: 風吹けば名無し 2019/01/14(月) 23:16:24.94 ID:2Poy25RE0
危機感抱く4年目・熊原 原点回帰で逆襲「自分がやってきたことを信じる」 

一本の“軸”を作る考えだ。DeNA・熊原健人投手(25)は4年目となる今季に向けて、投球フォームを1年間固定することを決めた。覚悟を決めて、自らが信じる形で勝負していく。

 昨季は自身初めて1軍登板なしに終わった。ドラフト1位・上茶谷(東洋大)ら「すごいピッチャーも入ってきて、もらえるチャンスは少なくなる」と危機感を口にする。
プロ野球選手として正念場と位置付ける今季は「いい時も悪い時も、自分がやってきたことを信じる」と投球フォームの変更はしない。

 昨季は2軍で最善のフォームを模索。それが結果的には「あっちいったり、こっちいったりして。バッターと言うより、自分との戦いになってしまっていた」と、自分を見失うことにつながった。
その反省を生かす。当然、長いシーズンを戦う中で浮き沈みはあるが、一度決めた形を最後まで貫き通す。

 その形とは、ルーキーイヤーだった1年目のフォームをイメージしている。左足を開く独特の構えから、跳ねるように軸足に体重を乗せ投げ込む躍動感あふれる姿―。
そこに「少しずつ近づいている」と手応えを示した。

続きを読む
オススメ記事一覧
アクセスランキング